2011年7月: 競馬ブログ「現場発!POGブログ」

ブログ報知

スポーツ報知 | スポーツ報知競馬 |  ブログ一覧

« 2011年6月 | メイン | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月31日 (日)

焦らず秋へ

こんにちは、山本です。本日もどうぞよろしく。

さて、本日で小倉滞在も最終日。今回の4泊、最初の3泊はぶっちゃけ睡眠時間を足していっても1ケタだったワケですが、一線を超えると書くと大げさながら、もう最後は妙にテンションが高くなったりするんですね。実は次の小倉遠征は小倉2歳Sまでお預け。まぁ、最初と最後を締めくくるっちゅうのもなかなかいいモンです、ハイ。

しかし、小倉競馬は何がいいって記者席や検量室が他の競馬場に比べると、すごく近い所にあるんです。だから、臨場感がダイレクトに伝わってくるんですよね。これって、ボクは好きです。そうそう、小倉記念の取材と言えば2回目。前回はドリームジャーニーが飛ぶように勝った時で、やっぱり2歳王者の復活とだけあって、当時の歓声はすごかったなぁ。懐かしい

続きを読む »

2011年7月30日 (土)

外国産馬に1番馬

こんにちは、山本です。今日もアツい、アツい小倉からお届けします。

さて、実は本日の競馬場勤務、昨日書いた競馬場取材などハンパなく忙しいのであります。ということで、超久々の前振り省略デーに。一応、昨夜も宿に帰ったのは日をまたぎつつ、今日もラストナイトを楽しもうという気持ちだけは持っとります。ちなみに明日も更新しますし、月曜か火曜のどちらかにもアップはする予定です。

続きを読む »

2011年7月29日 (金)

再びS名がやって来た&安田厩舎を軽~く

はい、こんにちは。山本です。本日は開幕前、静けさの中でキーボードの音がパチパチと響く記者席からお伝えします。

さて、小倉競馬取材の名物の一つに到着取材なるモノがあります。これはレース前日、関西から多くの馬が現地へやって来ますよね。その中でメーンに出走する馬は直前気配を取材しないといけないワケで、到着直後に担当の方への取材をするんです。で、我々は厩舎地区に向かうんですが、小倉で言えば向こう正面の奥にある厩舎地区ってヤツ、日光が地面から跳ね返り、蒸し暑さがハンパじゃないんです。

多分、というか、間違いなく体感温度は40度を軽く超えてます。ということで、厩舎地区にたどり着いた瞬間から滝のような汗。その中で歩き回るワケで、Tシャツは絞れば噴き出るほどの汗で染まります。ということで、着替えを持ってくることが必須なワケです。これだけ体内から余分な水分が出れば、ちょっとは痩せるだろと思いつつ、むしろ体重は増えて帰っている小倉。なぜだろう、と考えたのもつかの間、この2日で足しても数時間しか寝てない生活が明らかな答えなワケで…。体を壊さんように頑張ります

続きを読む »

2011年7月28日 (木)

豪華な再録会

こんにちは、山本です。ハイ、到着しました。小倉です。ただ、驚くほどに小倉滞在馬が少なかった。開幕週でこれから馬自体は増えるとは思うんですが、2歳の緑ゼッケンなんて数える程度。おい、どうするよ、このブログってな感じ。しかし、ご心配はいりません。昨日1日だけで週末まで毎日更新してもいいぐらいのネタのストックはしたつもりです。だから、昨日のブログのタイトルも「POGな1日」ってなワケで。

さて、小倉に到着した初日から地元のお連れさんとグイグイとやるなど、とりあえず今は元気なワタクシ(睡眠は片手で十分に足りるほどです)。しかし、今年は愛しの北海道がない夏。函館のイカが食えないっちゅうことは個人的には何とも切ないコトです。とりあえず、その分も2回出張する予定の小倉で海の幸を食べないとアカンわけです。

続きを読む »

2011年7月27日 (水)

POGな水曜日

こんにちは、4連闘の疲れを1日のお休みで癒した山本です。久々、と言っても約1週間ぶりですが、となる栗東取材。しかし、ワタクシ、本日限りなのです、この場所は。詳しくは本記の最後にて。

さて、人知れぬ名店と言うモノはたくさんあるモノです。ワタクシ、三宮に度々訪れていると書いておりますが、行くお店はそれほど種類が多くない。もう行きつけの場所が決まっていて、この数年は4、5軒をブラブラしているばかりです。しかし、つい最近、よく行くお店の常連さんからいいお店があるって聞いて、その場所に行ったんです。そこは老夫妻がやっているカウンターだけのお店。しかし、料理がメチャうまい。特に煮物系が最高なんですわ。素材もいいし、何よりダシがしっかりしているんでしょう。実は普段、電話もかけずに行くと、ほとんど満員らしく、ボクも今週の月曜日に久々に席にたどり着いた感じ。それまでに3、4回、満員で入れないことがあったんで…。

ということで、今週の月曜日で数品頂いた中で絶品だったのが穴子の肝の煮物。「なかなかいいのが取れたんだ」と出されたのが実に濃厚で、味がしみたもの。ボクとしては初の経験とも言える味に、酒が進む、進む。ちなみに、そこの大将は報知新聞さんを取ってくれているらしく、競馬にも興味があった方。アッサリとボクの正体もバレたわけで、後半は競馬談義に花が咲いたわけです。あんまり覚えてないけど…

続きを読む »

2011年7月25日 (月)

秘密〇〇

ども、何と久々の4連闘になりました山本です。どーぞ、よろしく。

さて昨日、ついに「締め切り」に追われまして、地デジ対応の液晶テレビの封を切ったワケです。これにて大学入学時から16年も超える長いお付き合いだった「テレビデオ」クンとお別れ。最後の5年近くはテープを食わえこんだまま、ビデオ機能はストップしてましたが、その点は2台のデッキがフォロー。よくぞ、アナログ終了まで頑張ってくれました。

で、液晶テレビの設置も完了。店員さんの「誰でも20~30分あれば、すぐに設置できますよ」ってな言葉はいかがなモノかと思いましたが(ボクが不器用なだけ?)、とにかく地デジ生活のスタートです。しかし、ウチに32インチは大きいかな、と今になって思い始める気持ちもありつつ…。まっ、いいか

続きを読む »

中尾厩舎2歳馬情報

0721  みなさん、おはようございます。内尾です。写真の馬はオースミツバキ(牝、父ファルブラヴ、母オースミコスモ)です。15日に入厩してきました。母のオースミコスモは03年の関屋記念、04年の中山牝馬S、福島牝馬Sの重賞3勝と活躍して、覚えておられる方は多いでしょう。初子のキングカメハメハ産駒はデビューできませんでしたが、2番子のツバキは無事に入厩して順調に調整が進んでいます。母のあとを追いかけられるような立派な牝馬になってほしいです。先週、木曜に取材したところ、もう環境には慣れたとのこと。坂路を毎日、上がっています。まずはスタートラインに立つことができました。これからが、とても楽しみです。

続きを読む »

2011年7月24日 (日)

以心伝心?

こんにちは、山本です。本日は日曜日ですが、更新しちゃいます。注目の新馬戦が新潟で行われましたからね。しかし、朝起きてPCを見ると、エイミーワインハウスが亡くなったとか。昨日、iPodでたまたまジャニスジョップリンを聞きながら帰ってたんですけど、同じ27歳か。若いよなぁ。。

さて、何度か触れてますが、先週は実家に帰っていたワタクシ。日曜の早朝に新幹線へ飛び乗ったワケですが、実は道中が大変。仕事終わりとなる土曜日の深夜12時前あたりから会社の連れと一杯やっておりまして、2時過ぎにさらに内勤の仲間たちが合流。で、色々としているうちに午前4時を回りまして、こりゃ、もう直接帰ろうか、と。こんなこともあろうかと、キャリーバッグは持っていた準備万端なワタクシ。で、電車の中でゆったり眠ろうかとなったワケです。小倉で特急に乗り換えて、大分へ帰らねばならないワケですが、どうせ乗り過ごしても終点の博多まではしれている、と思っていたのです。

ところが、です。この読みが甘かった。午前6時の朝一便はいつの間にやら、九州新幹線の鹿児島行きになっていたんです。鹿児島まで寝過ごすとなると、これはシャレになりません。何とか振動をMAXのアラームにセットした携帯を胸ポケットに入れたんですが、道中はビビってしまって、浅い眠りのまま小倉へ。で、大分駅行きの特急の中で眠ろうと思っていたのですが、いつもは「大分」行きの特急が、なぜかこの日は「宮崎空港」行きに。再びガックリと肩を落とす関西発の酔っぱらい1名。ということで、極度の疲労と酔いの中で大分へ帰省したのであります。もう若くないんだからさ、と自分に言い聞かせながら…

続きを読む »

土曜の京都競馬場

0723  みなさん、おはようございます。土曜は京都競馬場で取材をしてきました。2歳戦について書きたいと思います。写真は1Rの2歳未勝利(芝1600メートル)のあとの表彰式。浜中騎手の隣にいるのはエピセアローム(牝、父ダイワメジャー)です。強い内容でしたよ。浜中騎手によると先頭には立ちたくなかったようですが、「元気が良すぎてハナに行ってしまった」とのこと。楽な手応えのまま、4コーナーを迎えて直線では突き放す一方で6馬身差の圧勝でした。力が違いすぎた、という印象です。

続きを読む »

2011年7月23日 (土)

新装開店~S名記者の㊙情報に河内厩舎を添えて~

こんにちは、山本です。本日も会社からパチパチです。

さて、木曜日に武豊Jと福永Jの市長表敬訪問の取材で北九州市役所へ。実は実家の大分に帰っていたというタイミングだけで任命された今回のお仕事。当然、オフモードで市役所、しかも市長の前へ行くというのに、超ラフな服装しかなかったワケです。とはいえ、もうどーしようもない。開き直って、最低限の格好をして、市役所の一室へ向かったワケです。関西からの競馬記者は一人もいない、久々の完全アウェー状態で、皆さん、カッターにスラックスは来てはるわけで、やっぱ恥ずかしいモノはありました、ハイ。

表敬訪問の後、囲み取材を経て仕事は終了。帰る最中、両ジョッキーにバッタリと出会い、豊さんから「わざわざ来たの?」と。理想的な答えは「もちろんですよ」なんですよね、普通。このために来たっていう感じで。しかし、うっかりと「いや、休みで九州の実家に帰っていたら、急にお呼び出しがかかったんですよ」とバカ正直に答えたワタクシ。すると豊さんは笑顔で「大変だねぇ」とにっこり。いや、やはり第一人者はデカい人です。助かった。。

続きを読む »

報知Facebookページ

おすすめブログ

関西ボートレース記者・藤原邦充のブログ舟券

地方競馬 南関東ブログ「プラス1」

記者プロフィール

ユーザーのつぶやき

サイト内検索

2022年8月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.