2011年9月: 競馬ブログ「現場発!POGブログ」

ブログ報知

スポーツ報知 | スポーツ報知競馬 |  ブログ一覧

« 2011年8月 | メイン | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月30日 (金)

芝1800が熱い

こんにちは、山本です。今日はワケあって、早朝から自宅にてパチパチしておったのですが、すごくジメジメした、とても爽やかとは思えない寝起き。涼しかったり、蒸し暑かったり、ホントに今の天気はよう分からん。

さて、本日は珍しく紙面の紹介を。本日から大阪だけですが、土曜日付けの紙面でGⅠウイークのみ2歳馬の情報を掲載するコーナーができます。これがなかなかの量でして、当週デビューの馬についての情報ももちろんあるんですが、このブログのようにさらに先の話題の方が多いかな。POGファンの方を意識した作りになっているので、見ていただけるとありがたいです。ちなみに、このコーナーの一発目ぐらいは当ブログでまだ触れていないことにしようかと「噂のアイツ」については触れてなかったんですが、京都開幕週のことをツラツラと書いていくうちに入らず。ということで、本日の本編にて触れます。

そして、このブログにも影響のある紙面の変更点が。今週から全記者のWIN5の買い目が紙面に載ることになりました。ということで、紙面で載る前に当ブログで買い目を書くことはできませんからね。「2億円への道」は2億に至らぬままに終了です(WIN4だらけでしたね、悔しい!)。ただ、関東の方用に、日曜早朝にツイッターにて買い目だけは更新したいと思っとります。ということで金、土ともに「馬券王への道」をお楽しみくださいませ。

続きを読む »

荒川厩舎2歳情報など

09272  みなさん、おはようございます。荒川厩舎に取材に行ってきました。写真の馬はバーニングジール(牡、父ハーツクライ)です。札幌でのデビュー戦を終えて栗東にやってきました。デビュー戦で勝ったのはゲンテン。勝ち馬の強さが目立ったレースでしたが、この馬もしっかりと先行して次につながるレースをしました。「普段の仕草なんかを見ていると、まだ子供だね。でも現状、こんな状態で、あんだけ走るんだもん。しっかりしてきたら楽しみだよ」と佐藤助手は話します。29日の追い切りでは54秒0―12秒9といい時計で動いていました。あとで触れるオースミイチバン(新馬)を4馬身ほど追走する形から、スタートして3馬身の先着だから上々のもの。2戦目での初勝利が十分に期待できると思います。

続きを読む »

2011年9月29日 (木)

沖厩舎2歳馬情報

09272    みなさん、おはようございます。内尾です。写真の馬はカルミナ(牝、父ディクタット、母オオシマルチア)です。スプリンターズSの週ということで、この馬を取り上げてみました。兄は04年のV馬、カルストンライトオです。洗い場に行って写真を撮らせてもらったのですが、なかなか凛々しい顔をしています。28日には坂路で55秒2―12秒3。昨年、ききょうSを勝ったオースミイージー(3歳1600万)を相手に同時入線。なかなか、いい動きだったようです。来週、京都の新馬(芝1600メートル、牝馬限定)に渡辺騎手でデビュー予定。「いい感じ。この血統で最後の子だから、何とかモノにしたい。馬格があって体つきなんかはいい。欲を言えば、トモにもう少し力強さが出てきてほしい」と沖調教師は話していました。オオシマルチアは沖調教師が管理して、4勝を挙げました。それだけに思いはひとしお。来週のデビュー戦を楽しみにしたいと思います。

続きを読む »

2011年9月28日 (水)

青く染めろ

ハイハイ、こんにちは。山本です。今日は遅れましたが、栗東を引き揚げた自宅からの更新です。しかし、情報は栗東のナマものをお届けしますのでお楽しみに。

さて、先日のスーパーにて久々に対面いたしました。「ギザ十」って呼ばれる10円硬貨です。昭和33年より前に作られたモノだったかな。以前は結構、頻繁にあったと思うのですが、今や随分と珍しくなってきました。ボクが手にしたのは昭和二十七年と書かれたモノ。何と今や59歳、来年には「還暦」となる代物です。まぁ、ワタクシと出会ったのも何かの縁。「還暦」まで一緒に保管しようかと思っております。酔っぱらって、無造作に出さない限りね♪

続きを読む »

西園厩舎2歳馬情報

0927_2  みなさん、おはようございます。写真の緑ゼッケン1316番をつけた馬はサダムアンビション(牝、父ホワイトマズル、母レストレスハート)です。カメラ目線で、こっちを向いていますね。伯母には松元省一厩舎で4勝を挙げたルックミーナウがいます。父ホワイトマズル×母父サンデーサイレンスの組み合わせは西園厩舎の重賞ウイナー、シルポートと同じ。すでにゲート試験に合格済みです。「デビューの予定はまだ。これからやっていって慎重に決めたい」と西園調教師は話します。西園厩舎のサダムと言えば皐月賞2着のサダムパテック。先輩に続くような活躍ができるか注目です。

続きを読む »

2011年9月27日 (火)

久々に火曜ナマ情報

こんにちは、山本です。本日は超久々に火曜朝から栗東に来ております。ということで、本日はナマ情報を中心に。

さて、手前味噌というワケではございませんが、我が母親、なかなかやりおります。先日、実家に帰った時、久々に大分県内のデパートへの買い物に付き合ったワケですが、地下の食品売り場を通りかかった際、「これ、美味しいという話」と指さしたのが「料亭が作った鯛ミソ」なる商品。温かいご飯に乗せるだけ、という売り文句にも惹かれまして、購入したんです。で、家で久々の食事をした先日、この封を開けたワケですが、コイツがなかなかの逸品でして。メシが進む、進む。満足いたしました。

実は我が母親、お魚系の食べ物が苦手なんですが、どこぞで評判を聞いていたんでしょうな。GOODな商品を推奨していただいたモノです。ありがたい♪

続きを読む »

佐々木厩舎2歳馬

09273  みなさん、おはようございます。内尾です。写真の緑ゼッケン324番をつけた馬はアロマティコ(牝、父キングカメハメハ、母ナスカ)です。伯父にはインティライミ、サンバレンティン、伯母にオーバーザウォールと佐々木厩舎の重賞ウイナーがズラリ。ただいま、ゲート試験突破を目指して奮闘中。「いい馬だよ。460キロちょっと。おとなしくて扱いやすい。かなり楽しみにしている」と佐々木調教師は話します。厩舎ゆかりの血統馬だけに思いはひとしお。順調なら京都開催の後半ぐらいのデビューになりそう。キンカメ×母父サンデーサイレンスで、いかにも走ってきそうな組み合わせ。今からデビューの日が楽しみです。

続きを読む »

2011年9月26日 (月)

月曜 栗東取材

0926  みなさん、おはようございます。内尾です。月曜に栗東トレセンで取材してきました。写真の馬はオメガホームラン(牡、父ダイワメジャー)です。安田厩舎に行って馬房で撮らせてもらいました。デビュー2走目のクローバー賞はかわいそうなレースでした。内を回って直線を迎えましたが、前が詰まってしまいました。スピードがついたときは時すでに遅し。ゴール前では伸びていましたが結果は3着。10頭の少頭数でも進路がふさがる不運が全てといっていいレースでした。「それでもスローで折り合えたことは収穫と考えて、今週は頑張ってほしいです」と安田調教師は気合いが入ります。北海道から移動してきた疲れは全くありません。芙蓉Sではスッキリとした形で勝って、前走のリベンジをしてほしいです。

続きを読む »

2011年9月25日 (日)

1番馬はどれだ?

はい、こんにちは。山本です。今日もパチパチとやりまっせ。よろしく、です。

さて、生野菜を食べる時って、今は大多数の方がドレッシングをつけてはりますよね。ボクももちろん、ドレッシング中心で、濃いめのヤツよりは和風や青じそ、ゆずなどサッパリ系を好んでおります。ちなみにこれは昔からで、年を取ったからではございません。

ところが、何ででしょうね。気分でしょうか。キャベツの千切りってヤツだけはトンカツソースしかないんです、ボクの選択肢として。当然、トンカツの付け合わせとして食すことが多いってこともあるんですけど、色々とドレッシングがあっても迷わずソースを選びます。単品で出されていても。特に出来るだけ細く、シャキシャキっとした歯ごたえのキャベツにたっぷりとソースをかけた時のハーモニーたるや、健康には多分よくないだろうけど、たまらんものなのです

続きを読む »

日曜の競馬など

0914  みなさん、おはようございます。写真の緑ゼッケン980番をつけた馬はウィンドミルシチー(牡、父ダンスインザダーク)です。日曜阪神の2歳未勝利(芝1600メートル)に出走。一発があると思って、私は◎を打ちました。前走が出遅れはしましたが、最後にいい脚で伸びてきているんですよ。レースのVTRではギリギリのところを走っていて、画面には映っていないのもポイントが高いです。「グッと気持ちが乗ってきて良くなっているんだよ」と佐々木調教師も期待大。朝から好配当を読んでくれることを期待したいです。

続きを読む »

報知Facebookページ

おすすめブログ

関西ボートレース記者・藤原邦充のブログ舟券

地方競馬 南関東ブログ「プラス1」

記者プロフィール

ユーザーのつぶやき

サイト内検索

2022年8月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.