2011年10月: 競馬ブログ「現場発!POGブログ」

ブログ報知

スポーツ報知 | スポーツ報知競馬 |  ブログ一覧

« 2011年9月 | メイン | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月31日 (月)

惹かれる言葉

ども、こんにちは。山本です。本日もパチパチとよろしくです♪

さて、最近は毎週のように月、火とお休みを頂いておりますので、本日は月曜日に更新。というのは、これから書く厩舎がメモリアル勝利を挙げるかな、と日曜の最終まで待っていたワケですが、結局は今週も未勝利。なかなか生みの苦しみ、というモノですかね。

ところで、1分56秒1という驚異的なレコードで決着した昨日の天皇賞・秋。我がローズの撃沈にライブでは失望の中、見ておりましたが、後で改めてVTRで確認。上位人気馬の中で次が楽しみになったのはエイシンフラッシュなんですが、それとは別にみょ~に気になる存在が。この馬など含めて、ジャパンCの予想も頭を悩ませそうです。

続きを読む »

マシュマロもうすぐデビュー

1026  みなさん、おはようございます。写真の馬はマシュマロ(牝、父クロフネ、母シラユキヒメ)です。話題の白毛馬。吉田厩舎の高島助手にお願いして、馬房の中の様子を撮らせていただきました。吉田厩舎のみなさん、ありがとうございます。目の周りにあるホクロがチャームポイントです。今月1日に入厩して、12日にゲート試験に合格。何のトラブルもなく順調にきています。ダート、芝、色々な選択肢を考えているようですが、6回京都の2週目あたりのデビューが有力です。それでは、この真っ白な牝馬について書きたいと思います。

続きを読む »

2011年10月30日 (日)

日曜も京都競馬場

1030  みなさん、おはようございます。日曜も京都競馬場から内尾がお伝えしたいと思います。京都1Rの未勝利(ダート1400メートル)で勝ったのはインテンシティ(牝、父ダイワメジャー)です。スタートで遅れましたが、最後に外からスゴい脚で伸びて初勝利。新種牡馬ダイワメジャーは好調です。これで16勝目。ダートでは2勝目です。「スタートでは、どうなることかと思ったけど、最後はいい脚を使ってくれたね」と宮調教師も笑顔でした。それでは、京都の2歳戦について現場からお送りします。

続きを読む »

2011年10月29日 (土)

構想

はい、こんにちは。山本です。本日も36レース、会社で見ながらのパチパチです。え~っと、本日は前半に注目レースが多いことから、久々の2回アップ。この後は5時あたりに更新すると思います。

さて、本日の通勤途中のこと。午前8時過ぎの阪急電車の中です。土曜日ということで、座席もゆったりと空いていて、iPodを聞きつつ、座っていたのです。すると、2駅目で4人かけシートの対面側にカップルが。座席は空いているのに非常に密着して座ってるなぁ、なんて思っていると、二人からすごくお酒の匂いがします。まぁ、今日は土曜日。金曜夜にはじけていたんでしょう。ここまでは大丈夫だったんです。ところが、ですわ。真ん前でキスを始めてしまったのです。しかも、何度も見つめ合って、続ける続ける。全く前にいるワタクシの姿など見えておりません。最初は携帯でiモードを見ていたのですが、この動作が止まりそうにない…。結局はこっちがギブアップしてしまって、座席を移動したんです。

しかし、朝からエラいモノに当たってしまいましたわ。馬券が当たる感じがしない。。

続きを読む »

土曜は京都競馬場

Dscf8283_5  みなさん、おはようございます。内尾です。土曜は京都競馬場からお送りしたいと思います。スワンSが行われるということで、生け垣にはレース名の看板が出ています。私はクレバートウショウから勝負するつもりです。きょうも2歳馬情報をお伝えします。早速、京都1Rの2歳未勝利(ダート1200メートル)について。こちらはエーシンブラスター(牡、父Scat Daddy、母Madagascat)が強かった。初出走ながら既走馬相手のレースでスタートは出遅れ。どうなることかと思ったのですが、直線ではものすごい脚で伸びて差し切りました。記者席でも「おおおおっ!」と驚きの声が上がっていました。脚力はかなりのものでしょう。アメリカ血統ということでダート主戦場になると思うのですが、今日のような競馬ができたら、ある程度の延長にも対応できそう。今後に注目したいと思います。

続きを読む »

2011年10月28日 (金)

騎手の視線を色々と

はいはい、こんにちは。山本です。金曜日は会社でパチパチ。しかし、余計なことは書くもんじゃないですね。まさかの日ハム、菅野クンですか。ワタクシも巨人指名を疑っておりませんでした。まぁ、ドラフトだから仕方ないんだけど。

さて、このブログでも書いたことはあるのですが、来月の1日。ボクの「師匠」とも言うべき先輩記者が病気で突然、この世を去ってから2年になります。時に厳しく、時に優しくという感じで可愛がってもらったことが今のボクの基本になっているのは間違いない事実。

で、今週、ある調べものをしている時に、その先輩の書いたサッカーの原稿を目にしまして。新人だった当時に比べて、10年近く経てば、少しだけ大人になったはずの今のボクが見ても、やっぱりすごいと思っちゃう原稿なんですよね。

もう、困るんですわ。すごいと思わせたまま、「勝ち逃げ」されちゃうと。。自分が最近書いた原稿なんかを読み返してみても、やっぱり、ボクはまだまだ甘チャンなんです。今からどう頑張っても、ボクが「超えた」って思うことはないんでしょうけど、やっぱり少しでも追いつこうって気持ちは持ち続けたいと思い直した次第です。

続きを読む »

週中の取材から

1026_4  みなさん、おはようございます。写真の黒ゼッケン177番をつけた馬はエーシンブラスター(牡、父Scat Daddy、母Madagascat)です。乗っているのは岩田騎手。坂路で調教を終えたあとの様子です。54秒9―12秒8の時計でミラクルセッション(5歳1000万)に首差の遅れ。古馬相手に遅れはしましたが、追走してのものだから、しっかりと食らいついていたようですね。種牡馬のScat DaddyはアメリカでダートのGⅠシャンペンS、フロリダダービーを勝っています。バリバリのダート血統で、今週土曜に京都で行われる2歳未勝利(1R、ダート1200メートル)でデビューとなります。新馬を除外になったことで、既走馬相手のレースに突っ込んできました。あえて、今週、投入してきたということは、陣営に自信がかなりあるのではないでしょうか。期待したいと思います。

続きを読む »

2011年10月27日 (木)

目が離せん

こんにちは、山本です。2日連続、栗東からのパチパチ。本日もよろしくです。

さて、昨夜のこと。皆様のコメントへの返信がたまりにたまっておりまして、お返事しなければとブログの起動画面を開けようとしたワケです。ところが、この画面が開かずに、画面に無機質な「ブログがありません」の文字。いやいや、ないワケないじゃんかよと突っ込みつつ、何度もアクセスしたんですが、状況は好転しないワケです。

で、困った時には久々、「中の人」(メディア部に勤務する当ブログの生みの親)に電話だ、と思いつつ、携帯にかけたのですが、これが2度ともつながらん!(一応、後輩なもので…)。ということで八方ふさがりの中、気付けばスヤスヤと眠りに落ちていたのであります。結局は朝、ツイッターにてSOS。すると、お昼過ぎには復旧いたしておりました。ということで、このブログは表面上、何事もなかったかのように運営いたしております。

続きを読む »

藤原英厩舎2歳情報

1026  みなさん、おはようございます。写真の黒ゼッケン707番をつけた馬はダノンムーン(牡、父ディープインパクト)です。来週、6日に京都で行われる2歳未勝利(芝2000メートル)に出走します。デビュー戦は3着でしたが、次こそは初勝利。日曜には兄のエイシンフラッシュが天皇賞・秋に出走します。いい競馬をして弟にパワーを送ってほしい。2戦目に向けて順調に調整を続けていますので、期待したいと思います。

続きを読む »

水曜も栗東トレセン

1026  みなさん、おはようございます。水曜も栗東トレセンで取材に回ってきました。写真の馬はワラオウヨ(牝、父メイショウボーラー、母シツレン)です。ブレ気味で、すいません。日曜に京都で行われる新馬(芝1600メートル)に石橋脩騎手で出走します。坂路で56秒2―14秒3ですが、時計だけで判断してはいけません。「先週のアロマティコと同じくらい走る。坂路では動かないが、軽い芝の方がいいタイプだから時計は関係ない。十分に乗り込んで、いいレースができると思う」と佐々木調教師が自信を見せます。調教タイムで嫌われるのなら、もうけもの。先週のアロマティコは当週は55秒4の時計でしたが、レースでは見事に一変。牡馬に混じって、しっかり末脚を伸ばして中身のある3着です。同じように陣営の期待は高く、私は勝負してみたいと思っています。

続きを読む »

報知Facebookページ

おすすめブログ

関西ボートレース記者・藤原邦充のブログ舟券

地方競馬 南関東ブログ「プラス1」

記者プロフィール

ユーザーのつぶやき

サイト内検索

2022年8月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.