藤原英厩舎2歳情報、12月22日: 報知競馬ブログ「現場発!POGブログ」

ブログ報知

スポーツ報知 | スポーツ報知競馬 |  ブログ一覧

« ナイスタイミング | メイン| 胸躍る言葉 »

2011年12月22日 (木)

藤原英厩舎2歳情報、12月22日 

1214  みなさん、こんにちは写真の黒ゼッケン1982番をつけた馬はシャイニングピサ(牝、父Smart Strike、母Er Nova)です。母のエルノヴァは04年のクイーンS、05年のステイヤーズSで2着になりました。9日に入厩して、現在はゲート試験の合格を目指して調整中。藤原英厩舎では今年の夏に函館で初勝利を挙げたヴァーチュスターが姉にいます。具体的な情報を伝えられるのはもう少し先になりますが、来年のデビューが楽しみな牡馬です。そして、質問が多かったオーファメイ(牝、父ディープインパクト、母タイトルド)も17日に入厩してきました。姉には5勝を挙げたキャッチータイトル。POGで人気を集めたタイトルパートもいます。こちらは水曜には坂路を65秒3―15秒3の時計で走っていました。今はゲート試験の合格を目指して奮闘中。こちらも来年のデビューを心待ちにされている方は多いと思います。

 さて、今週はラジオNIKKEI杯2歳Sにエタンダール(牡、父ディープインパクト)が出走します。21日には川田騎手(レースでも騎乗)が乗ってCWコースを6ハロン87秒1―11秒4。鋭く伸びて新馬のブランクヴァースに2馬身の先着して、態勢は整いました。「リフレッシュして、ここを目標に進めてきた。成長のあとが見えるし、しまいも切れが出てきた。引っ掛かる馬でもないから内回りの2000メートルでも問題はない。。相手は強いがセンスがいい馬なので、どこまでやれるか」と田代助手は期待していました。先週はエイシンフラッシュと併せて、先行する形でスタートしたとはいえ先着。使うにつれて調教の動きがどんどん良くなっています。この日、藤原英調教師に聞いたところ「遜色はないんちゃうかな」。グランデッツァ、トリップなどが人気になりますが、一発の可能性を秘めています。

1219  土曜阪神の未勝利(5R、芝1800メートル)にはファントムライト(牡、父オペラハウス)が福永騎手で出走します。写真は火曜の朝に撮ったもの。21日には坂路で54秒4―12秒6。新馬のカナロアと併せて同時入線です。「初戦も脚は使っていた。坂路でビシッとやったし変わってくるだろう」と話す田代助手。デビュー戦3着から前進して、狙うは初勝利です。そして土曜阪神1Rの未勝利(ダート1800メートル)にはメイショウコンカー(牡、父アグネスタキオン)については「チークをつけて集中力が増せばと思うが、まだ慣れが必要かな」と田代助手は慎重でした。気になる初ダートですが上のダノンマイスターがダートで3勝をしているように通用する下地はあるはず。2戦目での変わり身を期待したいと思います。

 今週デビュー予定なのがブランクヴァース(牡、父ネオユニヴァース、母クイーンソネット)。日曜阪神の新馬(5R、芝2000メートル)に向かいます。21日にはCWコースで6ハロン87秒9―11秒8。前記のエタンダールに2馬身の遅れとなりましたが、そのあたりはキャリアの差でしょう。「腰などに甘い面はあるが乗り込んではいる。でも、芝に行っていいかも。体はもうちょっと絞れてもいいかな」と田代助手は慎重でした。09年にフローラSで4着のワイドサファイアの弟がどんなレースをするのか楽しみです。

 年明けデビューとなりそうなのがカナロア(牡、父ディープインパクト、母クイーンカアフマヌ)です。1月5日に京都で行われる新馬(芝2000メートル)に向かう見込みです。21日には坂路で54秒9―12秒6。デビュー戦3着のファントムライトに手応えで勝って同時入線です。「夏にゲート試験に受かって予定通りに放牧。成長して戻ってきて、だいぶ力強さが出てきた」と田代助手は話します。母の父にはエイシンフラッシュの父のKing's Best。父ディープインパクトとの組み合わせはとても楽しみ。藤原英厩舎では初めての金子真人オーナーの馬。2歳世代では他にフィエロがいますが、カナロアが先陣を切ってデビューを迎えます。

 先週、勝ったニシノコハク(牝、父ゴールドアリュール)は続戦の模様。1月5日の2歳500万(ダート1400メートル)、1月8日の2歳500万(ダート1800メートル)あたりを視野に入れているようですね。エリカ賞で3着のダノンムーン(牡、父ディープインパクト)は20日から坂路入りを開始。状態を見ながら、次走を検討しているところ。決まったら、お伝えしたいと思います。質問があったエリモフラッシュ(牡、父ブライアンズタイム、母セレブレイト)は17日に帰厩しました。「まだかかる」と田代助手は話していて、じっくりと乗り込まれると思います。

 では、また次回。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/235990/27636189

このページへのトラックバック一覧 藤原英厩舎2歳情報、12月22日:

コメント

 カープさん、こんにちは。
 フィエロについては年明け以降に取材していきたいと思います。これからも報知新聞、当ブログをよろしくお願いします。

 himさん、こんにちは。
 メイショウコンカーですがダートはやってみないと分からないのですが、調教ではダートコースで問題なく走っていたから、それなりに対応できると思っています。
 初戦が力ではないはず。巻き返しに期待です。

内尾さん、こんにちは。
フィエロが入廐したみたいですが、情報はありませんでしたか?
是非情報をお願いします。

内尾さん、こんばんは^^

メイショウコンカー、なかなか出てこないと
思ったらダートへ方向転換ですかf(^_^;
これが吉と出ればいいんですがp(^-^)q

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

報知Facebookページ

おすすめブログ

関西ボートレース記者・藤原邦充のブログ舟券

地方競馬 南関東ブログ「プラス1」

記者プロフィール

ユーザーのつぶやき

サイト内検索

2021年9月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.