栗東から 6月14日: 報知競馬ブログ「現場発!POGブログ」

ブログ報知

スポーツ報知 | スポーツ報知競馬 |  ブログ一覧

« 入ります | メイン| 栗東から 6月15日 »

2012年6月14日 (木)

栗東から 6月14日 

 みなさん、こんにちは。内尾です。きょうも2歳馬情報をお送りしたいと思います。

0614  宮調教師に聞いてきました。抜群に感触が良さそうなのが、緑ゼッケン542番をつけた馬、ラーストチカ(牝、父スウェプトオーヴァーボード、母イソノスワロー)です。兄は昨年新潟2歳Sを制覇したモンストール。中京の1週目、7月1日の新馬(芝1400メートル、牝馬限定)に藤岡康騎手で向かうことが決定しました。13日には3歳馬のハッピーヤングマン(未勝利)と併せ2馬身の先着。「スピードがあるし、追ってからの反応がいい。欠点がないね。それなりのレベルにありそうだね」と話す宮調教師。感触をストレートに伝えてくれるトレーナーだけに、期待できる雰囲気があります。あと2週、調教の動きに注目したいと思います。

0614_2  今週は緑ゼッケン482番の馬、コパノフウタ(牡、父コパノフウジン、母コパノフロスティ)が土曜阪神の新馬(ダート1200メートル)でデビューします。13日にはEコースで12秒7、11秒5、12秒2、14秒9。2ハロン目に11秒台が出たように鋭いダッシュを見せていました。「走ってきそうな感じがある。馬の形は父に似ているかな」と話す宮調教師。コパノフウジンはかつて宮調教師が管理し、08年のシルクロードSなどスプリント重賞で2着が3回。その父親と姿を重ね合わせていました。渋いスプリンターの初年度産駒は3頭だけ。同じく3頭と少ないながらも先日、タガノハピネスが新馬勝ちをした種牡馬タガノゲルニカのように、こちらも頑張ってほしいと思います。

0614_3  あとは写真の緑ゼッケン497番の馬、ワイドワンダー(牡、父グラスワンダー、母ビビアンアロー)は中京開催でのデビューを視野。06年のオークス5着馬、ニシノフジムスメの子、ブライトグローリイ(牡、父グラスワンダー、母ニシノフジムスメ)はゲート試験の合格を目指し特訓中となっています。グラスワンダー産駒コンビにも、寄せられる期待は大きいようで、こちらも要注目です。

 次は宮本厩舎の2歳情報です。まず、在厩馬ではニシノモンクス(牝、父タニノギムレット、母パープルストック)がいますが「ゲートをやっている段階。もう少し乗り込みが必要かな」とトレーナーは話します。夏のデビューを目指し、これから調整を続けていきます。そのあと「いよいよベストメンバーの下が入ってくるよ」とトレーナーは期待大の表情。09年には京都新聞杯を制覇しました。皐月賞でも5着になり宮本厩舎の歴史を語る上では欠かせない牡馬です。その弟、マイネルマインツ(牡、父ステイゴールド、グレートキャティ)が木曜に入厩してきました。そして、金曜にはサンセットスカイ(牡、父ネオユニヴァース、母ヴァーチュ)もやって来ます。こちらも期待が大きいようで、調教の過程に注目したいと思います。

 では、また次回。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/235990/29235393

このページへのトラックバック一覧 栗東から 6月14日:

コメント

 Pさん、こんにちは。
 宮本調教師に聞いた感じではマイネルマインツとサンセットスカイ、特に期待が大きそうな感じでした。ブランドオンについても何か情報が入れば、書いていきたいと思います。

内尾さん、いつも貴重な情報ありがとうございます。
サンセットスカイ(牡、父ネオユニヴァース、母ヴァーチュ)の入厩、うれしく思います。ヴァーチュ2009も期待していたのですが、情報なくデビュ-もなかったので、思いがけず、その下の仔が、デビュ-に向けて順調そうでうれしいです。近親のロスマリヌスの仔も応援してますが、なかなかクラッシックにのりませんね。今年のブランドオンも、松永師のとこなので、また期待して応援します。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

報知Facebookページ

おすすめブログ

関西ボートレース記者・藤原邦充のブログ舟券

地方競馬 南関東ブログ「プラス1」

記者プロフィール

ユーザーのつぶやき

サイト内検索

2019年1月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.