帰ってきた栗東ブラリ探索記: 報知競馬ブログ「現場発!POGブログ」

ブログ報知

スポーツ報知 | スポーツ報知競馬 |  ブログ一覧

« 宮厩舎2歳情報 6月6日 | メイン| 2歳情報 6月7日 »

2012年6月 6日 (水)

帰ってきた栗東ブラリ探索記 

はいはい、こんにちは。山本です。AKBの総選挙で盛り上がっている本日(今年も投票しなかった、ていいうかしたことのないワタクシ的には冷静に見ておるんですが)。いつも通りに中2日あきましたが、栗東トレセンの記者席よりパチパチといきましょう♪

さてさて、先週の金曜日にノドがやられたと書いてから5日間。あまりブログで痛々しく書くのはアレなんで書きませんでしたが、ホントに厳しかったですわ。土曜日あたりから声が出なくなり、日、月曜日はほとんど無声状態。何か話そうとするとノドが詰まったような状態になり、咳き込みまくっておりました。ホントに取材日の水、木曜日じゃなかったと思いましたね。ノドに直接吹きかけるスプレー状の薬を始め、のど飴を何種類、何個なめていたことか。今日も音無調教師に「声が枯れとるな。風邪なら近寄るなよ」と強烈なパンチを食らいましたが、話し始めに多少、声がかすれる程度。随分と回復してきました。当たり前のことなんですが、声が普通に出るってコトはホントにありがたいこと。さすがに、これからは少しだけ健康に気をつけます。

さて、本題です。今日は復活しました時系列で並べる栗東ナマ情報。現3歳世代の後半から取り上げるべき馬も少なくなり、開店休業状態でしたが、2歳馬も徐々に増え出した今、いつもの感じでボチボチとやっていきたいと思います。

本日の一発目は調教スタンド前。仕事を探そうと突っ立ってるワタクシの前に「強いなぁ」と満面の笑みで現れたのは西園調教師。報知新聞の本紙をご覧の方はご存知かと思いますが、大のG党で知られるトレーナーであります。「やっぱり、杉内はいいよね。打たれる気がしないもん。もう首位も見えたね」と巨人の話題が次から次へ飛び出した後、「じゃあ」という感じで引き揚げようとするじゃないですか。ちょっと待ってくださいよ、ってな感じでついていっての2歳馬取材。「惜しかったですねぇ」と先週の新馬戦について振り返ってもらおうかと思ったのですが、「今日の動き見た。すごかったでしょ」と興奮気味に切り返してきたんです。今日の動き?違う馬だなと思って話を聞いていると、どうもエーシントップ(牡、父Tale of the Cat、母Ecology)の話らしいのです。本日のCWコースで浜中Jが騎乗。併せ馬で豪快な動きを見せ、先着したようです。「浜中も動きますねと言っていたよ。このお父さんだけど芝のスピードタイプ。初戦から当然楽しみにしているよ」と来週の芝1400での初陣を本当に楽しみにしているようでした。

で、最初に聞こうとしたのは先週のマイルの新馬戦、2着に入ったマイネヴァイザー(牡、父ステイゴールド)。次戦は宝塚記念当日の芝1600、未勝利戦に決まりました。「引き揚げてきた和田が3角で物見しなければ勝ててたんじゃないか、と言ってたよ」と悔しそうな表情。とはいえ、最後までバッタリと止まらずに抗戦した素質は今後も注目でしょう。

で、話の流れから「現時点で期待している馬はどれですか?」という話になりまして、真っ先に出てきたのがエーシンマックス(牡、父Dalakhani 、母Midnight Angel)。この馬、お母さんがムーンレディ、つまりはエイシンフラッシュの母の半妹にあたるわけで、エイシンフラッシュとは従兄弟になるんですね。お父さんは凱旋門賞馬でもあり、半兄にデイラミがいるなど血統的な下地も十分に兼ね備えています。「身のこなしがゆったりとしていて、柔らかい。距離があった方がよさそうだし、秋あたりから始動したいね」と言葉が弾む1頭。最後に念を押すように「牧場の評価もこの世代で一番って声もあるぐらい」と話していました。他にスペースの都合上、っまた後日に紹介しますがポンポンと名前が出たのはマイネルマエストロ(牡、父ブライアンズタイム、母ウエスタンシャープ)に、マイネルエテルネル(牡、父Tamayuz、母For Evva Silca)あたり。それに忘れちゃいけないカレンチャンの半妹、プランタンビジュー(牝、父ダイワメジャー、母スプリングチケット)。夏過ぎから秋にかけての入厩を予定しているようですよ。

さ~てと、話題は変わりまして、角居厩舎の情報から。見事に新馬の一番星に輝いたトーセンパワフル(牡、父ネオユニヴァース)ですが、明日7日に放牧へ。予定通り、札幌2歳Sへ向かうようです。で、この日の坂路ではウオッカの全弟になるタニノタキシード(牡、父タニノギムレット、母タニノシスター)が併せ馬。今日は実質的な初時計みたいなモノだったこともあり、3歳馬相手に突き放されたようですね。この日の坂路は全体的にしまいの時計を要す馬場だったことも事実です。「以前から荒削りと話していましたが、まだ走りのフォームが安定しないんですよね。素質は持ってると思うんですが」と山田助手。一応、今後の調教の動き、気配次第となるんですが、24日の芝1800メートルの新馬を、全姉の最初の主戦であった四位Jが騎乗する予定になっているようです。そして、ゲート試験に合格したグローブ(牝、父ダイワメジャー、母ホワイトトルネード)フルーキー(牡、父Ridoute`s Choice、母サンデースマイルⅡ)は放牧に出る予定。そして、先週入ってきたリジェネレーション(牡、父アグネスタキオン、母エアトゥーレ)バリローチェ(牝、父ディープインパクト、母ポトリザリス)はどちらもゲート練習中なのですが、山田助手は特にリジェネの方に「走りそう。スケールの大きさはかなりのモノかも」と取材している感じからでも、オッと思うような感触でしたね。素質はかなり高そうな感じでしたよ。ただ、バリローチェの方も「牝馬としては上位のモノがありそう」と話してましたよ。

最後に音無厩舎のお話を今日は速報のみ。明日、カゼニタツライオン(牡、父ネオユニヴァース、母アナタゴノミ)の追い切りも行われるようなので、詳しく書きたいと思っております。一応、本日のゲート試験でクリソライト(牡、父ゴールドアリュール、母クリソプレーズ)バルトロメオ(牡、父ディープインパクト、母フォルテピアノ)が合格しましたよ♪まっ、この2頭の話題も含めて、また明日なのです。

ということで、今日はここまで。ではでは

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/235990/29201433

このページへのトラックバック一覧 帰ってきた栗東ブラリ探索記:

コメント

アントンさん、こんにちは。
うれしいですね、この情報に乗ってくれるとは(笑)。バッドボーイ情報、少しはあるので週末にでも触れたいと思ってます。お楽しみに。ではでは

大逃げさん、こんにちは。
先ほども書いたんですが、さっきのヤツの返事が遅かったんですね。失礼しました。今後もよろしくです。ではでは

MIKIZTさん、こんにちは。
オムニバスですか。この馬、確かにいい馬体ですね♪取材したい気になってきました。聞いておきますよ。ではでは

夏芽さん、こんにちは。そうですね、新たなシーズンのスタートですね!
リジェネレーション、まずはゲート合格を目指すようですが、かなりの感触はありそうですね。キンカクは今日の更新分にて触れております。まぁ、本記にも書きましたが、果報は寝て待てで、今は「我慢」の時期ですね。また入る時期などになったらお伝えしますよ。ではでは

レーヴドスカーさん、こんにちは。
へぇ~、キンカメの牡馬ですか。覚えておきますよ。また、機会があれば聞いておきたいと思います。ではでは

(うωま)さん、こんにちは。
クリソライト、牡馬ですね。失礼しました。また、続報は伝えていきますね♪ではでは

やまたけさん、こんにちは♪(^^)

ドラ1!!
行っときましたよ、バッドボーイ
今年も惜しかった、橋口先生と鞍上は武豊騎手といきたいですね!!

ダービーまで楽しみです(^^)
とりあえずは無事に怪我しないように!!ですね

山本さん、こんばんは。
シェリーザ2010のアエテウレシイは小田切オーナーの馬ですか??
タキオン産駒なので体質が心配ですが、競走馬として大成してほしいと思います。

前にも書いたことですみませんm(__)m

山本さんこんにちわ~

野中厩舎の
オムニバスの情報お願いします~
馬体が凄く美しくて
惚れちゃいました~\(//∇//)\

山本さんこんにちはー♪
すこしご無沙汰でしたー

前期のPog は三期連続惨敗…マウントシャスタくんで少し盛り返しましたが…
そして懲りずに、我がサークルも第四期目…先日ドラフトも無事終了しました!
ナツメイ厩舎の1位はこれまた懲りずに、リジェネレーションくん♪これからの一年間ダービーまで、プレッシャーと共に戦いましょー♪

山本さんおれた心はリセットです!また一年間よろしくです!
キンカクくんゲート今週は受かるといいです!!
このお馬さんが二位指命です!

5月8日にレーヴドスカーがキングカメハメハの牡馬を産んだと聞いたんですか、本当なんですかね??
出来れば、確認をして欲しいと思っています‼
お願いします‼

クリソライト合格良かったです♪


ちなみに♂ですよ

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

報知Facebookページ

おすすめブログ

関西ボートレース記者・藤原邦充のブログ舟券

地方競馬 南関東ブログ「プラス1」

記者プロフィール

ユーザーのつぶやき

サイト内検索

2022年1月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.