夢の続き: 報知競馬ブログ「現場発!POGブログ」

ブログ報知

スポーツ報知 | スポーツ報知競馬 |  ブログ一覧

« 旬な厩舎から | メイン| 第2弾 »

2015年4月21日 (火)

夢の続き 

こんにちは。放牧中の牧野です

放牧中での~んびりしていたんですが、夢の中でなぜか?あの張本勲氏から「喝っ」を頂きまして…。「もう本紙担当はお辞めなさい」なんて言われて、カチーンと怒りが沸いたところで目が覚めました。いろいろ内部事情もあるのですが、皐月賞の予想で「リアルスティール1強」と展開したことを批判されているような気持ちにもなりまして。いや~、とにかく嫌な夢でした。

それにしても、なにかとお騒がせな張本氏の「カズ、もうお辞めなさい」発言に対して、「光栄です。…」と語ったカズさんの対応は称賛の声であふれてます。先週の美浦でも、蛯名Jが「カズさんはすごいよ。あんなこと言われたら、普通はあんな対応ができない。俺も勉強になった」と感心しきりでした。ワタクシもサッカー担当時代にカズさんの取材をする機会があったんですが、当時若造の自分にも丁寧に対応してくれたことを今でも覚えています。いろいろ賛否両論はあるでしょうが、ワタクシは48歳でも現役で頑張る姿からエネルギーをもらっているひとりです。

さて、1日空いてしまいましたが、戸田厩舎の第2弾です。ディープインパクト産駒を中心に紹介していきましょう。

ドラゴンテリー(牡、父ディープインパクト、母コージーロージー)はセレクトセール1億円超の値がついた素質馬です。「均整の取れたディープらしい馬体で、体重は440から450キロぐらいかな。手先が軽い馬で、バネがある走り」と戸田師の感触はかなり良さそうです。

フォルテミニョ(牝、父ディープインパクト、母ディラローシェ)はフェノーメノの半妹です。5月10日の遅生まれですが、父がディープに替わってどういうタイプが出てくるか注目ですね。「馬自体は悪くないけど、遅生まれの影響もあってゆっくりめになるかも」とのことです。それにしても兄フェノーメノはどうしてしまったんでしょうか。3連覇がかかる天皇賞で復活はあるのか。来週はしっかり戸田師に取材してこようと思ってます。

ミゼリコルテの13(牡、父ディープインパクト、母ミゼリコルデ)は「ディープでも重量感のあるタイプ。コンロした体形だったのが、ここにきて伸びが出てきた。早くから行けそう感じもある」と戸田師のコメントでした。

ディープ産駒以外で注目されるのは、重賞4勝を挙げたサンカルロの全弟ターゲリート(牡、父シンボリクリスエス、母ディーバ)でしょう。ディーバの子供はみんな見映えのする馬ばかりで、こちらも「兄のサンカルロとは似た感じではないけど、非常に黒光りして馬格のある馬で、パッと見でも馬っぷりげ目立つ」と印象は良さそうです。

ノンシュガー(牡、父ダイワメジャー、母クリームオンリー)には是非クラシック出走を期待しています。半兄ソールインパクト(父ディープインパクト)は賞金を加算できず皐月賞出走を断念したんですが、まさか皐月賞がフルゲート割れの15頭になるとは…。「メジャー産駒で重量感のある体つき。500キロオーバーの体だけど、走りは素軽い。兄と同じぐらい(夏)にデビューできそう」とのことでした。

ここからGI馬が出てきそうなラインアップですが、夢で終わらないように期待しているところです。

いまは放牧中ですが、取材に当たっている後輩から情報が届きましたら、随時更新していこうと思っています。では、今日はここまで。

コメント

>皐月賞の予想で「リアルスティール1強」

例年なら文句なしの皐月賞馬です!
レーポスレーティングでもイスラ119より高い、120付けられているし、なんら恥じる事はないと思いますよ!

ドゥラメンテが次元が違ったんですよね……
競馬関係者の大半は最後の脚を見て「まさかあそこまで強いとは」と思っているんですから、次回以降修正すれば良い話!

しかし、ドゥラのレーポス123は凄いすよね^^;

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

報知Facebookページ

おすすめブログ

関西ボートレース記者・藤原邦充のブログ舟券

地方競馬 南関東ブログ「プラス1」

記者プロフィール

ユーザーのつぶやき

サイト内検索

2022年8月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.