傾向が難しい…: 報知競馬ブログ「現場発!POGブログ」

ブログ報知

スポーツ報知 | スポーツ報知競馬 |  ブログ一覧

« 今年こそは | メイン| お待たせしました »

2015年4月24日 (金)

傾向が難しい… 

ども、こんにちは。山本です。今日は2週ぶりに梅田の会社から。ではでは、行ってみましょうか♪

さて、今日は珍しく前もって仕事後に飲み会の約束がありまして、2か月ぶりぐらいになる電車での出勤。普段は通勤ラッシュより少し早めの時間に自宅を出るのですが、何やかんやと準備に手間取りまして、西宮北口という最寄り駅で電車に乗ったのは午前8時前。通勤特急という電車を待っている人が長蛇の列をなしていて、乗る前からゲンナリしてしまったのです。

ここからは関西圏の方しかイメージはわきづらいかもしれませんが、阪急という電車で西宮北口から梅田(JRでは大阪駅のある場所です)へ向かうまで通勤特急で塚口、十三(じゅうそうと読みます)という二つの駅があるんですよね。で、その西宮北口の駅を出発した時、車内はかなりギュウギュウだったのですが、塚口という駅でまた大量に乗車してきてですね。とんでもなく、すし詰め状態になったのです。ワタクシの体もずーっと斜めに曲がったまま…。

ここでですよ、ちょうど左にいた、ワタクシより10歳ほど年上に見えるサラリーマンの方が猛烈に酒臭いのです。スーツを着て、ビシッとした格好をしているのですが、何せ至近距離では強烈すぎる匂い。正直、頭がフラッとしてしまいましてね。ところが、今度は右の方でも仕事道具入りのバッグを持っている右手の裏側が、ひしめき合っていた隣の女性のお尻のあたりに当たっている。まぁ、手の甲ではあるんですが、「触ってます」なんて言われたらどうすんねん、と。何か痴漢の冤罪なんて映画かドラマ、見たことあるし…。手を動かしたいんですが、そんなスペースはどこにもないとオロオロしてしまいましてね。結局は何とか左手の位置を強引に移動させたのですが、酒臭さで気分が悪くなるわ、妙な気遣いはするわで、通勤ラッシュの洗礼を味わいました。。

ということで、サラリーマンの皆さん、ホントにご苦労さまです。皆さんと気持ちを少しは気持ちをき共有できたところで、そそろろ本題へ。

まずは3歳戦線。今日は京都10Rで橘Sが行われます。これで、ほぼNHKマイルCのボーダーは固まるワケですが、一応、現在の賞金順を並べておきましょう。

優先①ヤマカツエース(牡、父キングカメハメハ)=ニュージーランドT1着
優先②グランシルク(牡、父ステイゴールド)=ニュージーランドT2着
優先③アルマワイオリ(牡、父マツリダゴッホ)=ニュージーランドT3着
タガノアザガル(牡、父バゴ)=2750万
アルビアーノ(牝、父Harland`s Holiday)=2600万
ヤングマンパワー(牡、父スニッツェル)=2250万
セカンドテーブル(牡、父トワイニング)=2200万
クラリティスカイ(牡、父クロフネ)=2000万
ペイシャオブロー(牡、父ルールオブロー)=2000万
ミュゼスルタン(牡、父キングカメハメハ)=1900万
ニシノラッシュ(牡、父サクラバクシンオー)=1900万
フミノムーン(牡、父アドマイヤムーン)=1900万
ダノンメジャー(牡、父ダイワメジャー)=1850万
クールホタルビ(牝、マツリダゴッホ)=1800万
レンイングランド(牡、父クロフネ)=1700万
コスモナインボール(牡、父ハイア-ゲーム)=1700万
アヴニールマルシェ(牡、父ディープインパクト)=1650万
ナイトフォックス(牡、父サクラバクシンオー)=1400万
ケツァルテナンゴ(牡、父チチカステナンゴ)=1200万
ワキノヒビキ(牡、父オンファイア)=1200万
ジャストドゥイング(牡、父ゼンノロブロイ)=1200万
ロードフェリーチェ(牡、父ハービンジャー)=1150万
ネオルミエール(牡、父ネオユニヴァース)=1050万

と、まぁこんな感じではないかな、と。エイシンライダーやアクティブミノルなどが戦線を離脱し、皐月賞や桜花賞からの転戦組は2頭と実は思ったより少なめ。というのに、やはりボーダーは高いと言えそうです。今日の橘Sでセカンドテーブルかナイトフォックス以外が勝つと、さらに1頭が賞金上位組に加わるワケで、1200万組が抽選にもかからない可能性がある。やはり、マイル路線の壁は高いと言えるような気がします。しっかし、先日も記者仲間と話していたんですけど、どの馬が1番人気になるんでしょうねぇ。ヤマカツエースって1番人気になるイメージがないし(あくまで人気の話ですよ)、グランシルクかアルビアーノ、クラリティスカイなんかも候補に挙がるのかな。いずれにしても混戦模様と言えそうです。

その中で行われる橘S。特に勝負駆けとなりそうなのが須貝厩舎のブラヴィッシモ(牡、父Fastnetrock)でしょう。デビュー時から詰めの甘い競馬が続いていた時は「来年の北海道じゃないか」と須貝調教師も「泣き」を口にするほどでしたけど、「ホントに良くなった」と今では成長ぶりに目を丸くします。今週はゴールドシップとの併せ馬で、しっかりと負荷をかけた調教を消化。「NHKマイルCに登録するから、何とか勝っておかないとね」と笑顔の須貝調教師からは自信が感じられました。

ではでは、2歳馬情報といきますか。まずは昨日ですね、モチイ記者から情報提供があったんですが、すっかり書くのを忘れておりました話から。中竹調教師から2歳馬の話題を聞いてきてくれましてですね、それがブランボヌール(牝、父ディープインパクト、母ルシュクル)なんですよ。お母さんはファルコンS3着などがあり、ダコールのお姉ちゃんにあたります。「思い入れのある馬の初子。牝馬の割に仕上がりもいいと思う」とのことで、来週か再来週にも栗東へ入ってくるとのこと。楽しみにしたい存在ですね。

さて、あとは西園厩舎のPART2を。まずは厩舎ゆかりの血統になるベルフラワー(牝、父ステイゴールド、母コスモベル)からいきますか。西園厩舎でオーシャンS2着などがあったお母さんですが、いきなり初子のラッフォルツァートもセンスのある走りを見せていましたね。「ラッフォルツァートは母そっくりだったけど、種馬が変わって、全然違う感じ。現時点で姉より動きがキビキビしているし、ビュンビュン動いている」とかなり期待している感じでした。続いてはマイネルブランブル(牡、父マンハッタンカフェ、母スターオブサファイア)。こちらは音無厩舎のカラーラビアンコの半弟にあたり、マンハッタン産駒ですが芦毛です。「ダートの短い距離でやれそうな感じがある」とイメージを口にしていました。

ウインクレド(牡、父バトルプラン、母キリエ)は祖母にオークス2着、チャペルコンサートを持ちます。こちらは育成も順調に進んでいるとのことで「早いんじゃないかな。コスモビューの坂路でよく動いている」と満足そうな表情を浮かべていました。あとはオークヒルズの13(牝、父ディープインパクト)ですか。「芝が合いそうな感じの馬。キビキビとした動きをしている」とのことで、成長を促しながらも期待値は高いようです。アテプタスメジャー(牡、父ダイワメジャー、母ダイワオンディーヌ)は兄にケツァルテナンゴを持つ血統馬です。「前進気勢が旺盛でいい動き。気性面で難しい所もない」と口にしていました。それにしても、西園厩舎は例年、POGでの選択が難しい。色々なタイプが走りますからね、今年はどの馬が当たりとなるのやら。

ということで、馬券王への道 延長戦をどうぞ。

京都4R→5マーシフルハート(京都の芝はやっぱりディープなのかな。内で脚をためつつ、積極的な競馬で)

京都8R→11サンライズバード(前走の行きっぷりに復調気配。攻め馬動くタイプで砂も魅力)

東京11R→4ヴィクトリースター(前走は道悪響いた。スムーズに先行、52キロなら)

福島10R→6ヨッテウタッテ(「今週がやけに動いたんです」と生野助手。スンナリと好位につければ)

今日はここまで。また、明日です。ではでは

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

報知Facebookページ

おすすめブログ

関西ボートレース記者・藤原邦充のブログ舟券

地方競馬 南関東ブログ「プラス1」

記者プロフィール

ユーザーのつぶやき

サイト内検索

2022年8月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.