お待たせです。: 報知競馬ブログ「現場発!POGブログ」

ブログ報知

スポーツ報知 | スポーツ報知競馬 |  ブログ一覧

« 牧場便り~第4回~ | メイン| 2歳と3歳、ハーフハーフでどうぞ »

2015年4月26日 (日)

お待たせです。 

放牧中につき、少し更新をさぼっていた牧野です。ヤマタケブログとタイトルがかぶりましたが。

金曜日から仕事に復帰したので、さっそくブログも更新しよう思っていたんですが、某馬主から「集合~!」の電話がきてしまったもんで。しかも、都内ではなく、仙台!? 急いで仕事を終わらせて、新幹線に飛び乗ったんですが、「はやて」に乗ると意外と近いもんですね。

考えてみれば、サッカーの取材で足を踏み入れて以来、13年ぶりの仙台。少しワクワク感もあったんですが、人の多さにビックリでした。金曜日ということもあって、国分町もだいぶ賑わってましたね~。メシを食べたあとは、麻雀人員もいないので、キャバクラへ。こっちがしゃべるばかりで、ホステスのトーク力が何とも乏しことか。2時間ほど飲んでホテルに戻ってきたんですが、一緒にいた馬主関係者が「飲み足りねぇ~」なんて言うもんですから、また国分町に繰り出して、違うキャバクラへ。終わったのは3時ですよ! さすがに帰りの新幹線は爆睡でした。

ということで更新が遅れてしまいましたが、2歳のラインアップが例年以上にそろっている手塚厩舎の情報を紹介しましょう。今年もヤングマンパワーがアーリントンCを制覇するなど、POG的には無視できない厩舎です。手塚調教師も「今年の2歳はいままで以上じゃないかな。こんなにディープの子供が集まることもない」と期待は大きいようです。ちなみにディープ産駒は4頭入るそうです。

一番の注目はアフェクテューズ(牡、父ディープインパクト、母オールウェイズウィリング)ではないしょうか。全姉は昨年の阪神JFを勝ったショウナンアデラ。故障で残念ながらクラシック出走ができませんでしたが、弟は姉以上の評判だと耳にしています。「だれが見てもいい馬だと思う」と手塚師。「姉より順調にきているようだね。夏には使えそう。馬格があって、雰囲気のある馬だよ」と言葉の端々から期待が伝わってくる1頭でした。

スカイムーヴァー(牡、父ディープインパクト、母ランフォーイット)もアフェクテューズに見劣らない馬だそうです。「当歳の時からいい雰囲気を持っていた。均整の取れた馬体で、距離も持ちそうな感じ。こっちも夏ぐらいからかな」と話していました。半兄デスティーノトップ(父Corinthian)は未勝利ですが、父がディープに替わって、牧場も期待している1頭です。

タイキマドレーヌの13(牝、父ディープインパクト、タイキマドレーヌ)は6月1日の超遅生まれ。半兄サトノフラム(父マンハッタンカフェ)のデビュー戦はすごい勝ちっぷりでしたが、さすがにこちらのデビューは遅くなるでしょう。手塚師も「遅生まれだったのでゆっくりになるんじゃないか。小さいけど、体はしっかりしている」ということです。

ハートレー(牡、父ディープインパクト、母ウィキッドリーパーフェクト)も評判のいい馬ですね。馬主がサンデーR。「いつ見ても格好がいい馬で、ワールドエースに似ている体つき。馬体重は470キロぐらい。いまのところデビューは秋ぐらいになるのかな」と手塚師の感触はかなり良さそうでしたね。

いままで紹介したディープ産駒のうち最初の3頭は下河辺牧場の生産馬。大学の先輩でもある手塚調教師を疑っているわけではないんですが、牧場の感触も聞いてみようと隆行専務に電話を入れてみました。ちなみに、隆行さんと酒を飲むとスーツが破けたり、記憶が飛んだり、ろくなことがないんですが(笑)、昨年の阪神JFでショウナンアデラから的中することができたのは、この人の助言?もあってのことで。

「いい繁殖牝馬を買って、いい種馬をつけたんで当然期待しています」と専務の力が入っているのが、母オールウェイズウィリング(09年キーンランド繁殖セール)と、母ランフォーイット(10年のキーンランド繁殖セール)の子供。「アフェクテューズはショウナンアデラより馬体もあってパワーがある感じ。順調に来ているし、上よりもディープっぽくて、しっかりしている。スカイムーヴァーもいいもの持っている。こっちのディープの方が大きくてパワーがある感じ。アフェクテューズ派が多いんですが、スカイムーヴァーもいい馬だし、僕はこっち押しです」とのこと。それなら後者をPOGで指名しようと考えているんでいるんですが、ダメだったら専務にゴチになるか、このブログにもっと協力してもらおうと考えております。

手塚厩舎の馬に再び戻りまして。忘れてはならないのが、13年朝日杯FSを勝ったアジアエクスプレスの半弟にあたるRunning Bobcatsの13(父Montbrock、母Running Bobcatsですね。「兄とは雰囲気が違って、よりパワーがある感じ。東京のダートが合いそう」とのことでした。正直、モントブルック産駒は短距離志向の馬が多いですし、産駒で思いつくのは2010年のBCスプリントを勝ったビッグドラマぐらい。POG向きではないかもしれませんね。

来週からはまた美浦に行きますので、どんどん2歳情報を取材して更新できればと思っています。では、また。

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

報知Facebookページ

おすすめブログ

関西ボートレース記者・藤原邦充のブログ舟券

地方競馬 南関東ブログ「プラス1」

記者プロフィール

ユーザーのつぶやき

サイト内検索

2022年8月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.