牧場便り~第4回~: 報知競馬ブログ「現場発!POGブログ」

ブログ報知

スポーツ報知 | スポーツ報知競馬 |  ブログ一覧

« お待たせしました | メイン| お待たせです。 »

2015年4月26日 (日)

牧場便り~第4回~ 

こんちには。西山です。皐月賞のドゥラメンテは強かったですね~。

 昨年4月、まだ牧場にいる段階で取材させていただいた時から評判の良かった馬でしたが、育成中に評価の高い馬が故障もなく、デビューしてからも強いパフォーマンスを発揮する。これって、なかなか大変な事なんです。携わる方々の努力には、改めて頭が下がります。
 そのドゥラメンテについて、「間違いなく走ってきますよ」と自信を持ってお勧めしてくれたのは、ノーザンファームの林厩舎長でした。今回は、その「持ってる牧場関係者」が期待する2歳馬を紹介したいと思います。
 

 フォイヤーヴェルク(牡、父ディープインパクト、母ナイトマジック)
 

 「本当に良い馬ですよ。各パーツがしっかりしていいて、跳びも大きく、気持ちいいキャンターをする」と林厩舎長の声のトーンは高く、取材をしていて印象に残った1頭です。実際に見た印象としては、まだ小柄で、4月の段階で馬体重は426キロ。成長を促す意味でも秋頃のデビューを目標に調整が進められるようでしたが、非常に楽しみな馬です。馬主はサンデーレーシング、所属は栗東の池江厩舎に決まっています。

 シルバーステート(牡、父ディープインパクト、母シルヴァースカヤ)
  

 半姉にヴィルジニア(チューリップ賞4着)、全兄がオリハルコンという血統です。「トモが立派で、いかにも切れ味がありそう。順調ですし、5月に移動できれば」と林厩舎長。4月の段階で馬体重は480キロ。馬主はGⅠレーシングで、所属は栗東の藤原英厩舎が予定されています。

 アレイオブサン(牡、父ステイゴールド、母ディアジーナ)

 芦毛のステイゴールド産駒で、栗東の須貝厩舎所属となれば、自然とゴールドシップが思い出されますが、この子はシルクホースクラブの勝負服でデビュー予定です。「すごくいい走り方をする。今は成長を促している段階なので、秋の京都辺りでデビュー出来れば」と林厩舎長。気性はなかなか激しそうな印象でしたが、オルフェーヴルしかり、父の産駒は少しくらいヤンチャな方が期待できるのではないでしょうか。

 林さんが育成を担当された馬には、前回紹介したプロディガルサン(牡、父ディープインパクト、母ラヴズオンリーミー)もいます。勝負事には流れも重要ですから、今後も注目していきたい馬たちです。

コメント

 毎回、お返事が遅くなり申し訳ありません。ワンカラットは今年の社台ファームのPOG撮影会に登場しませんでしたので、まだ取材していません。近々、栗東トレセンに出張予定ですので、その時に聞けたらご報告したいと思います。

西山さんは佐賀県ご出身なのですね。競輪の佐々木兄弟や荒井選手、競馬の鮫島親子や山口騎手、芸能界は私と同い年の中越典子さんや優木まおみさんが有名ですね。栃木県で対抗するなら競輪の神山雄一郎&競馬は戸崎&芸人U字工事&大島優子ですかね。
本題ですがワンカラットの2013取材されたら情報お願い致します。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

報知Facebookページ

おすすめブログ

関西ボートレース記者・藤原邦充のブログ舟券

地方競馬 南関東ブログ「プラス1」

記者プロフィール

ユーザーのつぶやき

サイト内検索

2021年10月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.