同じく気持ちは北ですが: 報知競馬ブログ「現場発!POGブログ」

ブログ報知

スポーツ報知 | スポーツ報知競馬 |  ブログ一覧

« 気持ちは北ですが | メイン| 北の大地から1 »

2015年7月25日 (土)

同じく気持ちは北ですが 

こんにちは、山本です。今日も梅田の会社にてのパッチパチ。すっかりと左手の薬指の違和感もなくなったところで(結局、何やったんやろ)、軽快に打っていきましょうか。

さて、実は来週から1週間、待ちに待った北海道出張です。仕事で行くとなりますと、もう3、4年ぶりになるでしょうか。しかも、開催のない函館で調教(通称、裏ハコ)を見てから、週末は札幌に乗り込むという素敵な1週間です。偶然にも東京の牧野先輩もいるようで、札幌では相手をしてもらおうかと思っていますが、まずは函館。年を取ったせいか、函館のようなノンビリとした雰囲気は大好きなんです。個人的には「食」を満喫しようかと考えつつ、色々とプランを練っております。数年前行った頃に比べると、チョイとイカ好きになっておりますので、活イカはとても楽しみなのです(数年前にここでも書いた旅行の時は食べれず…)。

ただね、この時期に行くとなると、もう北の大地だからといって、「涼しさ」っていうのは期待しない方がいいんです。特に札幌。普通に最寄り駅から競馬場まで歩いていきますと、汗がダラッと垂れてくる。止まらん、ってな感じ。まぁ、札幌に近い千歳から本州に帰るのでちょうどいいのかもしれないけど。ちなみに、札幌競馬場内で行われる「食」のイベントについても内容を確認。個人的に行きたかったお店も出てくるようでして、まぁ何とか太らずに帰ってこようと思っております。

ということで、本州での最後の更新に入りましょか。そろそろ本題へ。

今日の競馬の振り返りからいきますか。大注目の中京1Rは終わってみれば、圧倒的1番人気だったシルバーステート(牡、父ディープインパクト)の強さだけが光った一戦。楽な手応えのまま、軽く仕掛けた程度のノーステッキで5馬身差の圧勝とはねぇ。道中が結構、流れていたとはいえ、そんな余裕のレースで2歳レコードを1秒以上更新するとは、純粋に力が一枚も二枚も上でした。これは楽しみな馬が出てきましたね。

そして、2着のクライシス(牡、父ネオユニヴァース)と3着のトウショウジャイロ(牡、父ダイワメジャー)は相手が悪かったに尽きます。特にトウショウは初戦と同じ3着とはいえ、常識にかかったレースはできてましたしね。その角田馬小屋にはシャイニングレイの半弟になるドラゴンシュバリエ(牡、父ダイワメジャー、母シェルズレイ)が札幌に入っています。すでに、ゲート試験にも合格。とはいえ、ジックリと作っていくようで、8月22日か23日の札幌の1500㍍か1800㍍のいずれかになるようです。「ユーイチ(福永J)が追い切りに乗って、どちらがいいか決めてもらうことになると思う」とのこと。ダイワメジャー産駒ですが、筋肉質って感じでもなさそうですが、こちらは速い追い切りを進めていってからの取材になりそうですね。

そうそう、このレースでオーバーカム(牡、父ネオユニヴァース)がスタート直後に躓き、競走中止になったんです。JRAからも「右寛ハ行」という馬の症状のレポートもあったんですが、読者の方からボクのツイッターに「予後不良っていう話がある」ときたのです。その後にネットを見ると、その話題がすごく広がっている。で、気になったので、JRAの親しくさせていただいている広報の方に聞いてみたのです。すると、わざわざ確認してくれた結果、やはり報告通りの「ハ行」だと。。。今って、ネットを通じて誰でも色々と書ける時代ではあるんですけど、馬であれ、人であれ、生死に関する悪質なデマっていうのはねぇ…。こんなの、関係者の方がもし見たら、不快以外の何物でもないですからね。ホントに、こういうことはやめて欲しいモノです。

さて、話を戻して5Rの新馬はワントゥワン(牝、父ディープインパクト)の完勝。追ってからもしっかりしてましたし、センスの高さが光りました。弾むようなフットワークで、いかにもディープ産駒って感じでしたよね。416㌔と馬体が小柄なので、まだまだ成長が必要でしょうが、まずは1勝したことが大きいと思いますよ。

続いてはスポーツ報知杯中京2歳Sですが、いや~、シュウジ(牡、父キンシャサノキセキ)は強かった。マイルって距離を少しだけ心配していたんですが、1Rのシルバーステート同様、小牧Jは軽く仕掛けた程度でノーステッキ。力が違った印象です。レースが終わって、ひと息ついてから、橋口センセイと電話で少しだけ会話。「強かったろ。ホントにいいパワーを持っているし、安心して見ていられたよ」。そんな言葉の後に「これで目標は朝日杯だな」ときっぱり。センセイにとって、GⅠ出走の機会は決して多く残されているワケじゃないんですが、一つの大きな目標がはっきりと見えてきた感じですね。この後は夏場を休養に充てるそうで、センセイの今までのパターンでいけば、デイリー杯2歳Sになるんじゃないかな、と勝手にローテを思い描いています。

ということで、振り返りが長くなってしまいましたが、明日の競馬から。

函館5Rの新馬には話題の大物、角居厩舎のヴァンキッシュラン(牡、父ディープインパクト、母リリーオブザヴァレー)が登場します。しっかりと乗り込んでの初陣ですし、スケールの大きな走りを見せてほしいと思います。そして、函館2歳Sは「1度使ったことでホントに動きが変わってきた」と中竹調教師が驚いたような表情をみせるブランボヌール(牝、父ディープインパクト)に注目してますが、矢作厩舎のドナルチア(牝、父Maribu Moon)も連闘で評価を下げる方がいるなら、このローテは新馬を走る前から決まっていたこと。GOサインが出たってことは状態に不安なし、だからこそと言えるでしょう。

では、続いて中京へ。5Rの新馬は結構なメンバーがそろいました。大久保厩舎のアオイプリンセス(牝、父キングカメハメハ、母シルバートレイン)は母が先日死んだブラックホークの妹で、ピンクカメオの姉という血統。動きもいいようで、「走ることに対してマジメで、新馬向きですね。本数はこなしているし、マイルが合うと思います」と高野助手は素質を感じています。そうそう、大久保厩舎には8月9日、小倉の牝馬限定、芝1200にペイザージュ(牝、父ダイワメジャー、母ネガノ)が浜中Jでスタンバイ。この馬はダッシャーゴーゴーの妹ですね。「こちらは短距離が合っているようです」とのことでした。

中京5Rに戻りますと、「大型馬らしく見せないし、順調に調整できた」と吉村調教師が口にするワンソックワンダー(牝、父ゼンノロブロイ、母マチカネタマカズラ)に、馬券妙味で言いますと「新馬にしてはいい動き。今の中京も合いそう」と伊藤助手が口にするロケットバイオ(牡、父クロフネ、母ブライトネスバイオ)も気になるところ。

あとは、もう2頭。まずは「うちの秘密兵器や」と須貝調教師が笑顔を浮かべるショウナンアヴィド(牡、父ゼンノロブロイ、母ショウナンサリーレ)です。とはいえ、先週まで坂路で2週続けての52秒台。今週はしまい重点でラスト1ハロン11秒台をマークしたとなれば、全く秘密兵器って感じはなくて、すっかり注目を集めてますけどね。「栗東に入ってから、グングン良くなってきた。ロブロイ産駒は切れ味がどうかと思っていたけど、この馬はらしからぬ切れ味がある」と絶賛。かなりの素質を感じ取っているようです。

そして、友道厩舎のココファンタジア(牝、父ステイゴールド、母ココシュニック)。ステファノスの下という血統面が大きく取り上げられ、その評判が先走った感もあったんですが、今週は動きましたね、この馬。「追い切るたびに良くなっているし、可能性を感じさせてくれる馬です。カイバ食いも落ちないし、良くなっていますね」と大江助手が言えば、「徐々にしっかりしてきた感じ。素質はありそう」と友道調教師も手応えを感じています。そして、友道厩舎から2歳馬情報を少しだけ。予定通りにいきますと、今週末、ていうかすでに入っているかもしれませんが、札幌にプラネットブルー(牡、父ゴールドアリュール、母トロピカルブラッサム)マカヒキ(牡、父ディープインパクト、母ウィキウィキ)が入ってくるようです。こちらは現時点ではゲート試験のみの予定。特にウリウリの全弟となるマカヒキは注目ですね。

ということで、馬券王への道 延長戦に行ってみよう♪

中京2R→6モーントバーン(デビュー戦はいい伸び脚を見せていた。太宰Jも調教で悪くない手応え)

中京8R→8ショウリュウバイオ(気性面は去勢手術で少し緩和。鞍上も魅力で、時計のかかる芝なら)

中京10R→6オメガスパーキング(同じ舞台で、同じ鞍上が乗った3走前が好内容。見直す)

福島11R→10バッドボーイ(立て直した効果あり。ベストの距離で巻き返す)

今日はここまで。次回は北の大地からです。ではでは

コメント

M茸さん、こんにちは。お返事が大変遅れてしまい、申し訳ありません。
オーパ、ダノンメジャーの下でしたよね。また、話が入ってくれば、お知らせしたいと思います。ではでは

サムソンさん、こんにちは。お返事が大変遅れてしまい、申し訳ありません。
そうなんですか。また、こちらも取材して、何か話が分かればお伝えしたいと思います。ではでは

めぐぴいさん、こんにちは。お返事が大変遅れて、申し訳ございません。
最近は栗東取材が少なく、ワタクシも情報は聞いてないのです。ただ、競走馬登録は抹消されているようですね。また、話を聞けばお伝えしますが、残念ですね。ではでは

コモさん、こんにちは。お返事が大変遅れてしまい、申し訳ございません。
アゼリの13、松永幹厩舎でしたよね。また、話を聞く機会があれば、お伝えしますよ。ではでは

ガッチャンさん、こんにちは。お返事が大変遅れて、申し訳ございません。
最近は栗東取材が少なく、ワタクシも情報は聞いてないのです。ただ、競走馬登録は抹消されているようですね。また、話を聞けばお伝えしますが、残念ですね。ではでは

ヤマタケさん、こんにちは。

石坂厩舎にオーパ入厩舎したみたいです。
また情報あれば取り上げていただきたいです。

厩舎関係の方から、蹄葉炎と聞きました。

山武さん、いつも楽しく読ませて頂いてます。
私もレガッタ死亡の件、原因は何だったのか教えて頂きたいです。
ずっとレガッタを応援していたので、心の整理がつきません。
お忙しいとは思いますが、よろしくお願いします。

いつも楽しく読ませて頂いてます。
さて、ヤマタケさんも函館入りされたとか。
是非情報の少ないアゼリの2013の情報をお願いします。

ヤマタケさん、こんにちは。
レガッタが死亡したって聞いたのですが、何があったのか分からないでしょうか?
情報があれば教えてください。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

報知Facebookページ

おすすめブログ

関西ボートレース記者・藤原邦充のブログ舟券

地方競馬 南関東ブログ「プラス1」

記者プロフィール

ユーザーのつぶやき

サイト内検索

2022年5月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.