関東2歳馬情報: 報知競馬ブログ「現場発!POGブログ」

ブログ報知

スポーツ報知 | スポーツ報知競馬 |  ブログ一覧

« 【セレクトセール速報まとめ】1歳馬セリがスタート | メイン| セレクトS取材記 »

2015年7月15日 (水)

関東2歳馬情報 

 暑い、暑すぎる美浦から西山です。

 

  月曜日からトレセン入りしているのですが、連日、取材開始の午前5時にも関わらず、すでにトレセン内にある気温計は27度前後を示し、2~3時間後には30度オーバーと、今週になって急に夏がやってきた感じ。早くもバテバテの状態ですが、セレクトセール取材で北海道へ出張されている牧野さんに代わり、今週も僕の方から若駒情報をお届けしたいと思います。

 まずは先週、出走した注目馬から。11日の福島・芝1200メートルを新馬勝ちしたキャプテンペリー(牡、父クロフネ、母メイグレイス)。岩戸調教師は「距離はマイルでも大丈夫と大野ジョッキーも言っていた」との事で、新潟2歳S(8月30日)制覇を目指すようです。

 翌12日の福島・芝1800メートルを制したルノートル(牡、父ダノンシャンティ、母ロイヤルマリー)は、放牧に出され、秋に備える方針でした。「休養です。あまり暑さに強くなさそうですし」と和田郎調教師。デムーロが騎乗して、最後は流しながら2馬身半差の快勝と、なかなかのパフォーマンスを披露した新種牡馬産駒。今後も注目していきたいです。このレースには良血馬が複数、出走していましたが、母がGⅠ2着2回のエフティスパークル(牡、父ハービンジャー、母エフティマイア)は3着。上がり最速(34秒9)の末脚はなかなか見どころがありました。次走は札幌開催で勝ち上がりを目指すようです。一方、ショウナンパンドラの半弟、スピアザゴールド(牡、父ネオユニヴァース、母キューティゴールド)は9着。今後は一度、放牧に出て立て直しが図られるようでした。

 次に、今週デビュー予定の注目馬を紹介しておきましょう。尾形和厩舎のレベルフラッグ(牡、父ワークフォース、母ラバンディエーラ)は、今週の競馬専門誌にも取り上げられていました。厩舎を訪れると、馬房で寝っ転がってピクリとも動かず。人が近づいても動じない、なかなかの大物感を漂わせていました(笑い)。「馬場に行くと力むのに、終わるとダラーッとする。無駄な体力を使わないという意味では、いいのかもしれませんね」と担当する伊与田調教厩務員も、苦笑いしながら話してくれました。追い切りを重ねる度、動きは良くなっているようで、新馬戦(日曜、福島・芝1800メートル)から注目の存在です。

 同じ新馬戦に出走する斎藤誠厩舎のポッドヒストリー(牡、父ジャングルポケット、母メイクヒストリー)は、「まだ緩さは残っているんですけど、乗り込んではいますし、長くいい脚を使えそうです」とコンビを組む石川騎手は楽しみにしていました。  

 最後に、今後が注目の2歳馬情報を。今年、国枝厩舎は間違いなく関東NO1の注目馬、良血馬の宝庫ですが、15日にマツリダバッハ(牡、父ディープインパクト、母ムーンレディ)、ミッキーグローリー(牡、父ディープインパクト、母メリッサ)がWコースで併せ馬の調教を行いました。マツリダは、ダービー馬エイシンフラッシュの半弟で5月に行われた千葉サラブレッドセールで同セール史上最高額となる1億9000万円で落札された馬。ミッキーは母が10年の北九州記念勝ち馬で、セレクトセールにおいて7140万円で取引された馬です。前者は新潟デビューを予定。後者はまだ未定でしたが、このまま順調なら近いうちに競馬場で走りを見ることができそうです。

 あとはサトノキングダム(牡、父ディープインパクト、母ダリシア)も美浦に入っていました。こちらも新潟デビューの可能性がありそうでした。いずれもPOGで指名している方が結構いらっしゃる馬でしょうし、今後も追いかけていこうと思います。

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

報知Facebookページ

おすすめブログ

関西ボートレース記者・藤原邦充のブログ舟券

地方競馬 南関東ブログ「プラス1」

記者プロフィール

ユーザーのつぶやき

サイト内検索

2021年10月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.