雨の中で個の力: 報知競馬ブログ「現場発!POGブログ」

ブログ報知

スポーツ報知 | スポーツ報知競馬 |  ブログ一覧

« 色々と詰め込みましょ | メイン| お待たせしました&攻勢は続く »

2015年8月30日 (日)

雨の中で個の力 

こんにちは。雨の新潟から、牧野です。

競馬場に着くと、なぜかACミランのレプリカユニフォームを羽織る人がいたんです。すぐにピンッと来ました。昼休みのイベントのゲストは、お笑い芸人のじゅんいちダビッドソン。やっぱりです(笑)。雨が降るウイナーズサークルで、新潟2歳Sの予想を披露したんですが、新潟に来られなかった人のためにも、少しだけ中身について触れましょう。

競馬のことは全く知らないらしいんですが、本命は10番のトウショウドラフタ。理由は、「10番を選ばないわけがないでしょ。自分の中のリトル本田と相談して決めました。選ぶチャンスがあるなら」とACミランの本田選手が背番号を選んだ際のコメントを引き合いに出して説明。新馬戦が好位2番手から抜け出して勝ったことにも触れ、「2列目から抜け出して、最後はヘディングで決めたんでしょうね」と蹴球ネタのこだわり(笑)。対抗は4番のプリンシパルスターで、「本田選手の代表の背番号だから」とのこと。▲タニセンビクトリーは「ビクトリー」の勝利にひっかけたらしいですが、△のノーフォロワーは、「フォロワーがいない、ということは個の力が試される」と本田発言を引用しながら予想?を展開。結果はご存知の通り。掲示板に1頭も来ませんでした(笑)。残念。

サッカーファンには笑いを誘うイベントだったと思いますが、興味のない人にはサッパリなんでしょうね。野球と女性の方に興味があるJRA職員のT氏は、イベントで笑いが起きている間も終始無表情。前の晩にワタクシと一緒に酒を酌み交わした時は、「キスはウクライナ人から教わったんです。ガハハハァ」と満面の笑みだったのに、イベント中はクスリとも笑わない。ウクライナ人からサッカーは教わらなかったらしいです(笑)

さて、2歳馬情報ですが、本日は新馬戦の振り返りが中心ということで、ご勘弁を。

先日のブログ「賢い娘がいるんです」の時でも触れた馬が登場したのは、日曜の新潟・芝1200M。圧倒的1番人気に支持されたアンナトルテ(牝、父エンパイアメーカー)が見事に初陣を飾りました。トレセンでは従順だった賢い娘も、パドックでは何かに反応して立ち上がり、転ぶ寸前になるなど、母に似た危うい面も。4角では手応えが怪しくなり、直線は馬場がかなり荒れてきた内を選んだので、馬券圏内もないと思っていたんですが、終わってみれば首差勝ちでした。

どこかで聞いた「個の力」でしょうか(笑)。こちらが思っていた以上に能力があるのかも。北村Jも「手応えがなかったし、外に出す余裕もなかったので内側に入ったけど、力強く伸びてきた」と驚いていた様子。奥村武調教師も「レース前には、やっぱり母の血なのか、いままで見せなかった面が出た。危なくひっくり返るところだった。1200Mだと忙しいのは分かっていたけど、たいしたもの。能力だけで勝てた。距離はもっとあった方がいい」と感心しきり。次はアルテミスSが有力とのことですが、楽しみになってきました。麻雀で裏ドラ率の高い担当者Tの鼻息もますます荒くなりそうです(笑)

土曜の新潟・芝1600Mも振り返っておきましょう。勝ったのは13番人気の伏兵ダンディーアロー(牡、父マーベラスサンデー)でした。丸山Jは「緩い馬場が良かったのかも。もう少し気性が大人になってくれれば」と課題を挙げましたが、こんなに走るとは…。ノーマークの激走に馬券をガッツリやられてトホホです。

ワタシクが本命に推したエディクト(牡、父キングカメハメハ)は、最後の最後で勝ち馬に競り負けての2着。二ノ宮調教師は「行けると思ったんだが…。もう少し距離が短い方がいいのかな」と敗因を探っていましたが、田辺Jは「まだ前向きさに欠けるけど、使って良くなりそう」と次に手応えを得た様子でした。1番人気のレッドディヴェル(牝、父ハービンジャー)は、ゴール寸前で3着に浮上。直線半ばでは沈んだと思ったんですが、盛り返してきましたね。津村Jは「もたもたしていたけど、最後の最後で伸びてきた。使えば良くなりそう」とのこと。4着のワンダフルラッシュ(牡、父バゴ)は11番人気での大健闘。松岡Jは「ハナに行くのは嫌だったけど、仕方なかった。夏負け気味で良くなる途中だったので、次はもっとやれそう」と上積みを強調。いずれも上位馬は次も注目でしょう。

それにしても、新潟2歳Sを4馬身差で圧勝したロードクエスト(牡、父マツリダゴッホ)は強かった。想像以上に。検量室に戻ってきた2着馬ウインファビラスの松岡が「強すぎ! お手上げだよ」と叫んでいましたが、ほぼ馬なりで先頭に立って、最後は流していましたからね。田辺Jは「(直線に向いて)あまりにも手応えがいいので、ビックリした。距離はもっと持ちそう」と今後の可能性を楽しみにしていた様子。来春のクラシックに乗ってくるのは間違いないかも。すごい「個の力」だったのでは!?

来週は放牧に出るので、ヤマタケ氏にお任せになると思われますが、ご了承を。

コメント

ミキグロさん、こんにちは。遅くなりましたが、ミッキーグローリーについては10日のブログで載せておきました。よろしくお願いします。

ミッキーグローリーは何かあったのでしょうか?

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

報知Facebookページ

おすすめブログ

関西ボートレース記者・藤原邦充のブログ舟券

地方競馬 南関東ブログ「プラス1」

記者プロフィール

ユーザーのつぶやき

サイト内検索

2022年8月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.