色々と詰め込みましょ: 報知競馬ブログ「現場発!POGブログ」

ブログ報知

スポーツ報知 | スポーツ報知競馬 |  ブログ一覧

« 秋の声 | メイン| 雨の中で個の力 »

2015年8月30日 (日)

色々と詰め込みましょ 

こんにちは、山本です。今日は当初は予定になかった更新です。なぜかと言うと、多分、来週は火曜日からの更新が可能だから。週末は楽をしようと思っていたんですけどね。

さて、今日は普通の小学校なら夏休み最後の日曜日。毎年のように書いておりますが、小学生の頃は間違いなく、宿題の追い込みをかけておる時期でしょう。まぁ、このくだりは見飽きたと思いますので、夏休みと聞いて、他に何か思い出すかなと言えば、案外、ラジオ体操だったりします。

子供の頃の出来事って、ひがみ根性なのか、どうしても田舎だった大分県だけかなと思いがちです。だがしかし、さすがに小学生の夏休み、ラジオ体操ってのは全国区ですよね?ワタクシは小学生時代、学校まで片道1時間近くかかったので、毎日午前6時ぐらいの起床。ということで、学校のない夏休みはよーやくノンビリ眠れると期待したいのに、朝もはよから「あの体操」があるんです。終わった後には皆で並んで、出たことを証明するハンコを押してもらうってな流れ。

うちの体操をやっていた公園は結構な人数の子供がいるというのに、ハンコを押す人間はたった二人。ハンコを押されるのを待つ時間が、体操と同じぐらい長くてですね。まぁ、面倒臭いこと、この上ない。その二人が佐藤さんとかよくある名字の方が多かったので、2年生あたりの頃からデパートなどに連れていってもらった時には、自分で押すための「佐藤」のハンコを本気で探しましたもん。よくよく考えると、あれが手を抜きがちというワタクシの悪癖が生まれたきっかけかも。

ということで、今や仕事上、すっかり早起きキャラになったことに驚きつつ、そろそろ本題へ。今日はこぼれ話を中心に。

まずは池江厩舎。徐々に栗東での2歳馬の出入りが激しくなってきました。まずは週末のゲート試験でセレクトセールで2億3000万の値段がついたサトノダイヤモンド(牡、父ディープインパクト、母マルペンサ)と祖母に米GⅠ馬を持つダノングランツ(牡、父ディープインパクト、母マーキーアトラクション)が合格しました。そして、2頭とも1度、放牧へ出されたようですね。サトノダイヤモンドについては、兼武助手が「結構な馬体のあるディープで、まだ緩さはありましが、いいモノは持っている感じがします」と口にしていましたよ。さらに、グランパルファン(牝、父ゴールドアリュール、母ボストンタイム)もゲート試験合格後、放牧へ出たようです。

逆に栗東へ入ってきたのは、すでにゲート試験に合格しているレヴィンインパクト(牡、父ディープインパクト、母ニキーヤ)。こちらはゴールドアリュールやゴールスキーなどの下にあたります。秋の阪神デビューを目指すんでしょうね。さらに、こちらは初めての栗東になりますか、サトノマルス(牡、父ディープインパクト、母ゴッドフェニックス)が入ってきました。母系はワタクシ大好きなロンドンブリッジの一族ですね。そうそう、栗東にはバーディバーディの下になるサトノシンゲキ(牡、父エンパイアメーカー、母ホームスイートホーム)も入っています。「力強さのある感じですかね」と兼武助手が口にしていましたし、血統のイメージ通り、ダート向きでしょうか。そうそう、今日の小倉5Rではストロングタイタン(牡、父Regal Ransom)が新馬勝ち。軽く反応を確かめる程度の楽勝でしたし、今後も良化が見込めそうです。

さて、続いては角田調教師との会話から。先週の新馬で圧倒的1番人気を集めながらも2着だったドラゴンシュバリエ(牡、父ダイワメジャー)について。「実戦で悪いところがすべて出てしまった感じだね」と非常に残念そうな表情。確かにゲートから流れに乗れなかったことを始め、いかにも初戦といった感じの走りでした。「走るのは間違いないし、次はしっかりと決めたいね」とシャイニングレイの弟となる良血へ寄せる信頼は揺らぎなし。今後は放牧でひと息入れ、秋の復帰を目指すようですが、早く復帰戦を見たいところです。

さて、角田厩舎には楽しみな2歳馬がいます。ヒルトンヘッド(牡、父ダイワメジャー)です。とにかく、調教での動きが目を引きます。「時計が出ているし、いい走りをしているね。短距離が合うんだろうね」と口にします。来週の新潟芝1400を、MデムーロJで予定しています。そうそう、良血といえば、トウショウジャイロ(牡、父ダイワメジャー)は「もう少し成長を促したい」と帰厩はもう少し後になりそう。復帰戦にはダートも視野に入っているようです。

さて、最後に昨夜の飲み会仲間、フェニックス宮崎クンからの提供情報を。角居厩舎はこの2週、新馬の攻勢をかけてきます。まずは来週の新潟、芝1800にエアワイバーン(牡、父ハービンジャー、母ネオイリュージョン)。戸崎Jが騎乗します。叔父にダービー馬のキングカメハメハなどがいますね。「大型馬で時間をかけてやってきた。追うごとに良くなっている」と吉岡助手。

さらに、阪神開幕日の芝マイルには外国産馬のハリケーンバローズ(牡、父Uncle Mo、母Naughty Mambo)がMデムーロJ。さらに、同日の芝1400にはエルビッシュ(牝、父キングカメハメハ、母シーズオールエルティッシュ)が川田J。この血統、POGでは人気を背負う血統ですが、なかなか大物が出てこないんです。「キビキビした動きで、瞬発力がありそう」と吉岡助手の感触は悪くないようです。ただ、この血統は気性なんですよね。最後に翌日の芝2000が岩田J騎乗のシャケトラ(牡、父マンハッタンカフェ、母サマーハ)がスタンバイしています。

ということで、今日はここまで。オッと新潟2歳Sはロードクエスト(牡、父マツリダゴッホ)が強っ!チョイと驚きました。また、来週です。ではでは

コメント

サカイさん、こんにちは。
お待たせしましたが、その件は本日の更新分にて触れてますので、また読んで頂ければと思います。ではでは

鮭虎さん、こんにちは。
そのお話に関しては、今日の更新分を読んでいただけるとありがたいです。大事じゃなくてよかったですね。ではでは

矢作厩舎の期待の1歳馬は、いつ発表ですか?

シャケトラ週末坂路入っていませんがアクシデントでしょうか?

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

報知Facebookページ

おすすめブログ

関西ボートレース記者・藤原邦充のブログ舟券

地方競馬 南関東ブログ「プラス1」

記者プロフィール

ユーザーのつぶやき

サイト内検索

2022年8月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.