嵐のち晴れ: 報知競馬ブログ「現場発!POGブログ」

ブログ報知

スポーツ報知 | スポーツ報知競馬 |  ブログ一覧

« 細かな話&振り返ろう | メイン| この紋所が… »

2015年8月26日 (水)

嵐のち晴れ 

こんにちは、山本です。今日は久々に栗東からのナマ情報。いつものようにパッチパチといきましょう♪

さて、久々に猛威を感じました、台風15号。昨日は夜に栗東へ入る日程になってまして、いつもより早めの7時過ぎには着いたんです。とはいえ、もう高速道路が途中から前が見えなくなるような豪雨&横風。さすがに安全運転で何とかたどり着いたんですが、宿舎の窓が割れんばかりの風が強まるばかりです。調教できるんかいなと思い、天気予報を見てみると、早朝には曇りのマーク、そして午前中には晴れのマーク。強い疑いの気持ちを抱きながら床に就いたのですが、今日は天気予報が的中。帰る時は実に暑い太陽の光を感じておりました。アッという間の台風でした。

運転中の横風。久しぶりにハンドルをとられるという感覚を体験しました。ふと思い出したのが、本州と淡路島を結ぶ明石海峡大橋。あそこはなかなか強烈です。ふと気がつけば、車が知らぬ間に横のレーンへ水平移動しそうになったこともあるし、しっかりとハンドルを握っていないと、エラいことです。一度だけ、神戸市内から結構な風が吹いている日に渡ったことがあるんですが、ホントにすごい恐怖が襲ってきて、目の前に見えている淡路島が実に遠くに感じたモノです。そういえば、以前も書いたけど、大分県の高速道路は雨の日に大体、霧が発生。車のライトと側道のライトを頼りにする運転も実に怖いんですよ。まぁ、とにかく高速道路は安全運転で走りましょ、ということです。ちなみに大分道、もうワタクシが学生時代から有名な夜景のきれいな場所でして、今も多くの人が訪れるスポットだとか。大分をドライブの際は是非、お立ち寄りくださいませ。

ということで、最近は地元の宣伝が多いなと思いつつ、そろそろ本題へ。

久々の栗東トレセン取材だったんですが、本日は北海道でサマーセール。調教師のセンセイ方は少なめだったんですね。ということで、いつものように坂路小屋へ向かいました。まずは音無調教師への取材から。先週触れた2頭について、改めてデビュー予定を聞きました。正式にはノガロ(牡、父キングカメハメハ、母ムードインディゴ)が阪神開幕週の芝マイルか2週目の芝1800を松若Jで、アメリカンイナズマ(牡、父Smart Strike、母Rivers Prayer)は2週目の芝1400をルメールJで予定しているとのことです。

現時点でトーンが高いのはアメリカンの方かな。「まだ体は大きいけど、いい馬だよ。走ってほしいね。芝でもと思っているので、まずは使ってみる」と音無調教師は口にします。ノガロに関しては、「もうちょっと動いてほしい。動きを見ながら1週目か2週目かを決めていきたい」と説明してくれました。あと今日、栗東に帰ってくるミッキーアイルの半弟、ダノンスパーク(牡、父ヴィクトワールピサ、母スターアイル)についても少しだけ話題に。「今は基礎体力をつけている段階。10月始め当たりまでに戻せればいいかな」と見通しを話していましたよ。そうそう、今日は来週の小倉2歳Sを使うレッドラウダ(牡、父ダイワメジャー)の1週前追い切りに「よく動いているね」と満足そうな表情を浮かべていました。

その、音無調教師が「センセイ、走るねぇ」と驚いたような表情を浮かべていたのが橋口厩舎のキリシマオジョウ(牝、父スクワートルスクワート)。かなり時間の経った坂路の馬場で52秒5と上々の時計をマークしました。中間にアクシデントがあったのは事実ですが、今日の動きを見る限り、問題なさそうですね。また、週末に詳しく書きますが、シュウジ(牡、父キンシャサノキセキ)も絶好調の様子。あと、惜敗の続くタンギモウジア(牡、父ハーツクライ)は来週の小倉芝1200で初勝利を狙います。

さて、この坂路の取材の前、安田調教師としばしの2歳馬談議。デビュー戦で惜敗の2着だったサトノサンシャイン(牝、父ステイゴールド)は今週の土曜1R、牝馬限定の未勝利に出走します。「思ったより発馬も出てくれたし、内容は悪くない。何とかしたいですね」と2戦目で必勝態勢です。あと、新馬で4着だったダノンエール(牡、父ハービンジャー)は来週の芝1800の未勝利への出走を予定しています。

最後に取材へ訪れたのは松永幹厩舎。帰ってきました、注目の良血馬、ラニ(牡、父Tapit、母ヘヴンリーロマンス)です。今日は坂路で55秒0をマーク。「血統的に自分から走ります、っていう感じではないからね。動かされて動く、という感じかな。ヤンチャはヤンチャ。ただ、大物感は感じるし、走っている分に悪いこともしないよ」とトレーナーは説明してくれました。デビュー戦は13日の阪神芝2000㍍、武豊Jが手綱を執ります。

あと、新馬勝ち以降、放牧に出されていたエスティタート(牝、父ドリームジャーニー)はききょうSでの復帰を予定しています。さらに、皆さんに聞かれることが多かったアゼリの13こと、ロイカバード(牡、父ディープインパクト、母アゼリ)なんですが、今週中にもノーザンファームしがらきへ移動するようです。「体も成長してますよ」とのことで、今日の取材の感じではしがらきで長きにわたって、滞在することなく、意外にスムーズに栗東へ入るんじゃないかな、という感じでした。

最後にフェニックス宮崎クンからの情報提供をご紹介。角居厩舎の新馬情報です。まずは来週の新潟芝1800にエアワイバーン(牡、父ハービンジャー、母ネオイリュージョン)が戸崎Jでスタンバイしています。続く阪神開幕週には初日に芝マイルにハリケーンバローズ(牡、父Uncle Mo、母Naughty Mombo)がMデムーロJで、同日の芝1400にエルビッシュ(牝、父キングカメハメハ、母シーズオールエルティッシュ)が川田J、さらに翌日の芝2000にはシャケトラ(牡、父マンハッタンカフェ、母サマーハ)が岩田Jでスタンバイしています。これね、ワタクシが宮崎クン、通称宮ちゃんに「角居厩舎、何かあった?」と聞いたのがついさっきのこと。ということで、今日はとりあえず速報までになりました。詳しい話は週末にまた。

ということで、今日はここまで。また、明日です。ではでは

コメント

ついんたあ坊さん、こんにちは。
そうなんですよね、濃霧の中は距離感もつかみづらいので、なかなか難しいのです。まぁ、とにかく安全運転ですよね。ではでは

濃霧で前が見えない故にテールランプが見えるくらい車間詰めないと走れなかったのを思い出しました。ホント怖かったです。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

報知Facebookページ

おすすめブログ

関西ボートレース記者・藤原邦充のブログ舟券

地方競馬 南関東ブログ「プラス1」

記者プロフィール

ユーザーのつぶやき

サイト内検索

2022年8月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.