またまた同じ: 報知競馬ブログ「現場発!POGブログ」

ブログ報知

スポーツ報知 | スポーツ報知競馬 |  ブログ一覧

« 府中から目が離せない | メイン| 少頭数でも面白い »

2015年9月24日 (木)

またまた同じ 

こんにちは、山本です。昨夜は見ましたよ、ラグビーW杯。なかなか、2戦連続ではうまくはいかないモノですが、次のサモア戦まで間隔があくはず。リフレッシュしてほしいモノですね♪

さて、昨日の23日。栗東入りしていて、見ることはできなかったのですが、ミュージックステーションの10時間SPにて、ZARDが最後にテレビ出演した映像は流されたんでしょうかね。ワタクシがボーカルの坂井泉水さんのファンだったと何度も書いてきましたが、坂井さんが亡くなって、もう8年ほど(早いもんです)。このバンド、極端にテレビ出演を中心としたメディアへの露出がなかったことでも有名だったんですよね。ということで、この最後といわれる映像、実に貴重なのです。

ところが、ですよ。ワタクシ、このテレビ出演した映像、持っているのです。もう20数年前になりますか、この出演は貴重だろうと珍しく、わざわざ音楽番組を録画しましてですね。これを絶対消さないように、ちゃ~んとツメも折っていたワケです。ツメを折る、知ってますか?こうすることにより、重ね録りを防ぐ機能があるんですよね。で、実は何度も何度も見るってタイプでもないのに、そのビデオを大分の実家から引っ越す時も、わざわざ荷物の中に入れていたのです。

しかし、ラックの奥に眠ること十数年。そのビデオを再び取り出した時、すでに我が家にはVHSテープを再生する機械がなかった。う~ん、相変わらず大ざっぱというか、ワタクシがアホなのです。ということで、今も家に映像はありますが、再生する術がない。ということで、Mステスペシャルの映像、すごく気になっていたんですが、結局は見れないままでした、ハイ。

ということで、そろそろ本題へ。今日はゲート試験合格の馬が多くいてですね。まずは、その馬たちからご紹介。

安田厩舎からはまず、フェイス(牡、父アドマイヤムーン、母チリエージェ)ですか。こちらはご存じ、ハクサンムーンの全弟にあたります。入厩してから10日ほどでゲート試験に合格したことになります。「まだまだ太いので、調教の様子を見ながらデビュー戦を決めたいと思いますが、まずは1400㍍あたりを使いたいですね」と見通しを語っていました。やはり、兄同様にスピードを生かすようなタイプとの見立て、ですね。

さらに、本日はレイリオン(牝、父ダイワメジャー、母リリサイド)とワールドインパクトの下になるプリンセスノワール(牝、父ネオユニヴァース、母ペンカナプリンセス)も合格していましたよ。来週の阪神芝1400では北村友Jの騎乗でトウカイメジャー(牝、父ダイワメジャー、母トウカイミステリー)がデビュー。「もっと動いてほしいですね。今週の追い切りと、来週のひと追いでどれだけ良くなってくるか」と口にしていました。

続きましては名牝たちの一族を。友道厩舎ではヴィルシーナの全妹にあたるヴィブロス(牝、父ディープインパクト、母ハルーワスウィート)が、松田博厩舎ではハープスターの半妹になるリュラ(牝、父ステイゴールド、母ヒストリックスター)が合格しました。この2頭、覚えている方もいるでしょうかね。8月末、北海道のノーザンファームから一緒に栗東へ入ったんですよね。ヴィブロスは到着直後にカイバ食いの落ちた時期もあり、リュラは先週の試験で一度落ちるなど色々とありましたが、結果的にゲート試験合格は同じ日になったんですね。何と奇遇なこと。。

さて、その友道厩舎からPOG情報を。先週、栗東に入ってきたウリウリの全弟、マカヒキ(牡、父ディープインパクト、母ウィキウィキ)は来月18日、京都の芝1800㍍を視野に調整されていくようです。鞍上はMデムーロJの予定。「やっぱり、乗った感じなどはいいですね。真面目すぎる面はありますが、まずはこの距離から使ってみたいと思っています」と大江助手は口にしていました。さらに、来週の芝1800で予定通り、アドマイヤビスタ(牡、父ネオユニヴァース、母レインボークォーツ)がデビュー予定。「まだまだ緩いんですが、時計が出るんですよ。いい馬ですし、こちらも楽しみ」と大江助手は楽しみにしていました。

と、ヴィブロスとリュラの思わぬ符号で思い出しました。話は飛んで、音無厩舎から。新馬で1番人気ながら9着と敗れたアメリカンイナズマ(牡、父Smart Strike)なんですが、「次はダートに使ってみるよ」と音無調教師。これが中1週でダート1800に使うという。ここ、あの松永幹厩舎のラニ(牡、父Tapit)も使う一戦。当ブログで結構、取り上げてきた2頭ですが、芝デビューから2戦目でダートへ、という同じ流れ。しかも、同じレースとは。。仕上がりなど、またしっかりと取材しておきます。

音無厩舎では野路菊Sで2着だったブラックスピネル(牡、父タニノギムレット)がアイビーSを本線に調整していくとのこと。「好位からの正攻法で、内容は悪くなかったと思います。レースセンスもありますね」と生野助手は悲観していませんでした。小倉2歳Sで3着だったレッドラウダ(牡、父ダイワメジャー)は次開催のなでしこ賞でダート投入。兄は短距離ダートで活躍したズンダモチ。音無調教師は当初からダート参戦へ意欲を見せていたんですよね。あと、先週の新馬を回避したブラボーウォーム(牝、父クロフネ、母ブラボーサンライズ)は放牧へ出されず、来週あたりでのデビューを予定しています。

ということで、今日はここまで。また、明日です。ではでは

コメント

オーバーパパグラスさん、こんにちは・
全く競馬と関係ない話題。全然OKですよ。そうですか、映像がきれいになっていたんですね。それは一度、見ておきたかった。誰かがYou tubeにあげてくれることでも期待して待っておきます。ありがとうございました。
そうそう、この更新の後、坂井泉水さんの画像を久しぶりに見たんですけど、やっぱりいいっすわ♪ではでは

エイジDスカーレットさん、こんにちは。
すいません、フェイスの話をしただけで、レイリオンは聞いてなかったですね。また、取材しておきます。ではでは

山本さんこんにちは。
ZARD放送されましたよ。それもHDリマスター版で!
驚きの画像、坂井泉水さん超御綺麗でした。
思わずそこだけ録画してしまいましたが、後で圧縮かけ過ぎたことに気付き結局残念な画像に。。
全く競馬と関係ない話になりましたね。。すいませんm(__)m

山本さんこんばんは。
安田調教師のレイリオンがゲート試験合格したみたいですね。
今後どのような路線を歩むのか気になります。
また情報あればよろしくお願いします(*^^*)

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

報知Facebookページ

おすすめブログ

関西ボートレース記者・藤原邦充のブログ舟券

地方競馬 南関東ブログ「プラス1」

記者プロフィール

ユーザーのつぶやき

サイト内検索

2022年1月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.