不運にも: 報知競馬ブログ「現場発!POGブログ」

ブログ報知

スポーツ報知 | スポーツ報知競馬 |  ブログ一覧

« 牝馬でも東へ向かう | メイン| まとめてみよう »

2015年10月10日 (土)

不運にも 

こんにちは。牧野です。開幕を迎えた秋の東京競馬場からパッチパチと行きましょう。

アクシデントはいつどこで起きるか分からないもんですね。競馬場に着いてみると、何かいつもと違うような雰囲気が漂っている。よく見ると東京競馬の1R発走時刻が1時間も繰り下げ。不謹慎にも、また薬物でも?なんて思ったりもしたんですが、どうやら馬運車が常磐道で事故渋滞に巻き込まれたようでして。

東京開催時に美浦トレセンを出発する馬は、通常4時半頃に出発。ところが、今週は3連休の影響を見越して、通常より30分も早い朝4時に出発したことが裏目に出たようでして。真っ先に府中へ向かったのは、高柳厩舎の馬を4頭積んだ馬運車。常磐道に乗って間もなく事故が発生したらしいんです。その後に続いた馬運車は、事故の連絡を受けたことで、なんとか迂回して競馬場へ向かうことができたんですが、高柳厩舎の4頭は道路上で立ち往生。しかも、1Rのブランシェクールと2Rのイザは、前売りオッズで1番人気になっていた馬。出走取り消しになるんですから、厩舎サイドとしては不運としかいいようがない。ワタクシもこの日は偶然にも、高柳厩舎の馬に本命を打ったのが3頭。それを象徴するかのように馬券がいまひとつでした。こういう時に限って3日間開催。もう給料日が待ち遠しくてたまらない……(汗)

本日はレースの振り返り中心で失礼します。

まずは新馬戦から。東京5Rの芝1600Mは、ワンブレスアウェイ(牝、父ステイゴールド)が前評判通りの走りで勝利を収めました。「追ってからしぶとく伸びている。ムキにならず折り合いも付いていた」と柴山Jの感触も上々でした。

2着には逃げ粘ったレイアンドキス(牝、父キングカメハメハ)。的場Jによると、「いい仕上がりだった。センスがある。今後はテンションがあがらなければ」とのこと。ヒダカBUの担当者Tがもっとプッシュしてくれれば、馬券も取れたのに……。悔やまれるレースでした。1番人気に推されたナックビーナス(牝、父ダイワメジャー)は3着まで。「結果を求めていたので……。まだ体に余裕があったのかな。次ですね」と勝浦Jはかなり悔しそうな表情でした。

続きましては、東京3Rの未勝利戦(芝2000M)。オッズ的にはだいぶ混戦でしたが、4番人気のドンチャブ(牡、父ハーツクライ)が勝利。「まだ子供っぽいけど、長い脚を使える」と戸崎J。

首差の2着に入ったのはキタサンミサイル(牡、父ヴィクトワールピサ)で、浜中Jは「遅いペースで他馬がかかるところでも落ち着いていた。乗りやすい馬。まだ良くなってきそう」と手応えをつかんでる感じでした。初戦(9着)から変わり身を見せたテオドール(牡、父ハービンジャー)が3着。「なかなか前が空かなかったけど、馬群を割って伸びてきた。以前乗ったときよりも良くなっている」と柴山Jは好感触の様子でした。ブログでも触れていたアポロリベリオン(牡、父Medaglia d'Oro)は7着どまり。堀井調教師によると、「ヨーイドンの瞬発力勝負では厳しいかも。もう少し流れてほしかった」とのことです。

新設重賞のサウジアラビアRCは、4番人気のブレイブスマッシュ(牡、父トーセンファントム)が勝利。自家生産に力を注ぎ始めた島川隆哉オーナーにとっては、大手牧場の素質馬を押しのけて勝ったうれしい重賞Vだったことでしょう。今年のセレクトセール時に取材したときは、「俺もマエコーさんを見習って、自家生産中心でやることにした」と島川氏は熱く語っていましたが、トーセン配合であっさり重賞を勝ってしまいましたね。

このレースのコメントは、スポーツ報知のHP上にまとめて載せましたので、そちらをご覧下さい。

デビュー前の2歳馬も少しだけ触れておきましょう。

大物感たっぷりのキングオブアームズ(牡、父ディープインパクト、母アーマイン)が来週のデビューに向けて順調にメニューを消化しているようです。今週はWコースで古馬のシャドウチェイサーに先着。藤沢和調教師は「久しぶりに(大物を)見たな。いい馬はたくさんいるけど、ちょっと違う。買った時はもっとコンパクトだったけど成長しているよ。(併せた)相手は仮にも連勝中の馬だからな。一緒に動けるんだからたいしたもの。順調に来ているし、利口でおとなしい」と相変わらず絶賛しているようでした。余談ですが、後輩記者が今後の海外行きの可能性を聞くと、「可能性はある」と言って立ち去っていったそうです。

最後に、ユーザーから要望のあったブロードストリートの13(牝、父キングカメハメハ、母ブロードストリート)についても触れておきましょう。東京競馬場で生産者の下河辺牧場の隆行専務とバッタリ遭遇。「余計なことは書かないでよ~」とクギを刺されましたが(笑)、同馬については「まだ時間をかけてゆっくりやっているところ」とのこと。専務の口ぶりから、年明けデビューになりそうな感じもします。

今日はここまでで失礼します。

コメント

Vistaさん、いつもありがとうございます。なかなかブレイブスマッシュの情報を出せなくて申し訳ございませんでした。トレンティーノですね。チャンスがあったら取材しておきますので、しばらくお待ち下さい。

ミホノブルボンさん、ランペルティーザですね?出来る範囲内でちょっと聞いてみますけど、そんなに顔は広くないですよ(笑)とにかく取材しておきます。

牧野さん、こんばんは。
いつも、楽しく読ませていただいてます。
ブレイブスマッシュは以前、情報をお願いしたことがあり、重賞制覇は本当に嬉しいです。
今度はトレンティーノの情報があればお願いします。
7月に放牧出てから何も情報がなくて…
いつも、お願いばかりで恐縮ですが、何卒、宜しくお願いしますm(__)m

先週デビュー勝ちしたマツリダバッハを千葉セールで子供扱いしたランペルティーザの13について近況を知りませんか?
ダイワの大城オーナーが落札した馬ですが、どの厩舎なのかなど顔の広い牧野さん、ぜひ教えてください。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

報知Facebookページ

おすすめブログ

関西ボートレース記者・藤原邦充のブログ舟券

地方競馬 南関東ブログ「プラス1」

記者プロフィール

ユーザーのつぶやき

サイト内検索

2022年7月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.