色々とあります: 報知競馬ブログ「現場発!POGブログ」

ブログ報知

スポーツ報知 | スポーツ報知競馬 |  ブログ一覧

« たまには気分を変えて | メイン| 土曜の府中より »

2015年10月24日 (土)

色々とあります 

こんにちは、山本です。今日も栗東からパッチパチといきますか。

さて、昨日の取材帰り。トレセンを出まして、宿泊施設に戻りますと、この辺りに住みついて、一部の方々に可愛がられている白い猫を発見。それがモチイ記者の愛車のタイヤに寄りかかるように、ウトウトと昼寝をしております。チョイと近づいてみるワタクシ。あまり面識のない人間が来て、ビクッと反応するんですが、ワタクシを一瞥するかのように見ると、何と目の前で二度寝がスタート。なかなか、肝の据わったネコであります。

同じく昨日の取材中。某厩舎での取材が終わり、外へ出ると、S社のSクンのモノと思われる自転車が止まっていたのですが、そのハンドル部分に何とカラスが止まっているのです。まぁ、珍しい光景です。で、このカラス、真横を馬運車が通り、結構な音が出ているというのに全く動じない。まぁ、大した度胸です。しかし、自転車のハンドルに1匹のカラスなんて、何となく不吉な感じ、この上ない。ちなみに、そのSクン、結局は何事もなく、そのまま自宅へ帰ったようです。

ということで、ホントにどうでもいい話を重ねたトコロで、そろそろ本題へ。明日の競馬を中心に見ていきましょう。

京都3Rの未勝利は色々と話を聞いているのです。例えば先週の雑談から須貝調教師が「次は面白いぞ」と切り出してくれたのがサラザン(牡、父ハーツクライ)。今週は自転車で併走していた宮本調教師が「距離が延びていいと思う」とタイセイアモーレ(牝、父ゼンノロブロイ)をプッシュ。他にもウオッカの子としての初勝利を狙うタニノアーバンシー(牝、父Sea The Stars)などもいますが、取材の感触としては「やっぱり動くね。これはいいよ」と友道調教師が口にするココファンタジア(牝、父ステイゴールド)が一番だったかな。

本日の京都5Rで矢作厩舎のピッツバーグ(牡、父ダノンシャンティ)は3着。最後はしっかりと伸びていたし、次に向けては上々の内容だったのではと思います。タイセイヴィクター(牡、父ヴィクトワールピサ)も少し離されたとはいえ、最後は伸びていましたし、次に期待ですね。で、その矢作厩舎は明日の京都5Rにドレッドノータス(牡、父ハービンジャー)を送り出します。今週は調教で遅れたのですが、安藤助手はそれほど悲観していない様子。「グリップの利かない時間帯だったので、仕方ないですよ。先週の動きは良かったですから。もうひと追い欲しいですけど、どこまでやれますかね」と素質は感じ取っているようです。

そうそう、ここはコメント欄でリクエストがあったんだ。庄野厩舎のファスナハト(牡、父マンハッタンカフェ、母フェスタデルドンナ)ですか。重賞勝ちのクォークスターを兄に持ち、調教でもなかなかな動きを見せています。「大型馬だけど、時間をかけて、じっくりと乗り込んだ。仕上がりはよさそう。エンジンのかかりが遅いので、距離はこれぐらいでも大丈夫」と庄野調教師は力が入っていましたね。

あと、東京の4Rには安田厩舎からフェイス(牡、父アドマイヤムーン、母チリエージェ)が出走します。ハクサンムーンの全弟になりますね。結構な大型馬で絞るのにじっくりと時間をかけてきました。「まずは、この距離で適性を見てみたい。もっと動けるとは思うんですけどね。乗り味なんかはいいみたいです」と安田調教師は話していましたね。そうそう、話はコロッと変わりますが、今日の栗東に須貝厩舎のエールデュレーヴ(牝、父ディープインパクト、母レーヴディマン)が入ってきたようです。

さて、今日の競馬を簡単に振り返りましょうか。先述した京都5Rの新馬は母にGⅠ馬のブルーメンブラットを持つ石坂厩舎のクラシックリディア(牝、父ハービンジャー)が逃げ切りました。この馬、明日の芝1400を除外されて、こちらに回ったんですよね。結果的に石坂厩舎の好判断といった感じ。2着のヴィブロス(牝、父ディープインパクト)も伸びてはいるんだけどなぁ。このレース、1~3着まで母、姉、兄がGⅠ馬という血統馬同士の決着。結果的には順当なレースなんですけどね。

東京のアイビーSは人気の関西馬、高野厩舎のレプランシュ(牡、父ディープインパクト)と松田博厩舎のアラバスター(牡、父ハービンジャー)が出遅れ。5着のアドマイヤビスタ(牡、父ネオユニヴァース)はあのペースで好位追走から伸びあぐねるとは意外でした。少しだけ誤算といえば、体が絞れているはずが、また増えていたこと。しかも、東京への輸送があってのモノですからね。

ということで、まずは本日の「厳選馬」をどうぞ。

東京7R→5パドルウィール(中尾調教師が「最近は力を出し切っていない」と。前回も荒れた馬場に泣いた感じ。良馬場見込み、直線の長い東京で見直し必要)

京都9R→13レッドラウダ(小倉2歳Sで3着後にダート投入。高い適性を感じているからこそで、松若Jも「合うと思うし、楽しみです」と期待している)

続いては馬券王への道 延長戦をどうぞ。

京都2R→10レッドボルテクス(砂替わりより距離短縮への期待が大きい。押しきり濃厚)

東京11R→8アンコイルド(前走に復調気配。以前にダートを使った時の内容も悪くない)

新潟11R→8キンシザイル(先行激化は必至か。差しの利く流れで浮上する)

今日はここまで。また、明日です。ではでは

コメント

原さん、こんにちは。
シャケトラですか。角居厩舎は基本的に栗東へ入ってからの取材になりますからね。何か聞いたら、お伝えしますが…。ではでは

パルカルさん、こんにちは。
母メイキアシーのスワーヴアーサー、この前書きましたが、ゲート試験には合格したようですね。また、取材はしておきますよ。ではでは

久しぶりにコメントさせていただきます。

いつも楽しく拝見させていただいています。ありがとうございます。

シャケトラのその後の状況が気になっています。

よろしくお願いします!!!!!!

いつも楽しみに拝見してます。
庄野厩舎の話題がでたので、リクエストお願いします。
最近入厩したと思われる、ヴィクトワールピサの牡馬で母メイキアシーの陣営の手応えや近況が知りたいです。
ついでがありましたらよろしくお願いします。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

報知Facebookページ

おすすめブログ

関西ボートレース記者・藤原邦充のブログ舟券

地方競馬 南関東ブログ「プラス1」

記者プロフィール

ユーザーのつぶやき

サイト内検索

2022年8月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.