真打ちか: 報知競馬ブログ「現場発!POGブログ」

ブログ報知

スポーツ報知 | スポーツ報知競馬 |  ブログ一覧

« 気になる馬たち | メイン| 新馬も重賞も注目 »

2015年10月29日 (木)

真打ちか 

こんにちは、山本です。今日も栗東からパッチパチといってみましょう。

さて、今年は色々と話題の多かったプロ野球のストーブリーグですが、ようやく落ち着こうとしております。高橋由監督に、金本監督。さらには、ラミレス監督ですか…。ガッツリと現役時代、プレーを見ていた選手たちが監督になる、ていうか、個人的な感覚で言うと、野球担当として、この世界に入ってから取材したことのある人が監督になるっていうのは、なかなか変な感じがするモノです。

高橋由監督と金本監督に共通しているのが現役時代の背番号をそのままつけるということでしょうか。昔は監督といいますと、80番台から90番台っていうイメージが強かったんですけど、24番に6番ですか。特に巨人の24番っていえば、中畑清さんっていうイメージがずっと強かったのは子供の頃の記憶が染みついているってことですかね。ちなみに金本さんがつける前の阪神の背番号6って印象なかったけど、和田前監督なんです。

そういえば、巨人の長島監督が背番号3に変わった2000年、いつ背番号3をお披露目するのかってことで注目を浴びたこともあったなぁ。確か他球団のキャンプで、色々な人に長島さんの背番号3について取材した記憶がありますね。王さんの背番号1、長島さんの背番号3は日本に数ある永久欠番の中でも別格のような気がします。ということで、そろそろ競馬のお話へ。

今日は色々と情報が多いです。まずは池江厩舎から。注目の良血馬、フォイヤーヴェルク(牡、父ディープインパクト、母ナイトマジック)のデビュー戦が決まりました。11月22日の京都芝2000㍍、鞍上はムーアJを予定しています。今週の3頭併せでは遅れてしまったようですが、「まだ、あと3本できるし、変わってくると思います」と池江調教師。今週、負荷をかけた調教を消化したことで、どれだけ変わってくるかでしょうね。

となると、初陣は友道厩舎のアドマイヤダイオウと同じレースになるんですが、その友道厩舎から。先週の未勝利で5着だったココファンタジア(牝、父ステイゴールド)は来週の牝馬限定、芝マイルを予定しているようです。鞍上は引き続きルメールJ。「体重が増えていたけど、あれぐらいでいいと思う。次は変わってほしいね」と友道調教師は話していました。また、ヴィルシーナの全妹、ヴィブロス(牝、父ディープインパクト)も続戦。11月21日の芝1800㍍をMデムーロJで予定しています。また、栗東に入っているアドマイヤキズナ(牡、父ハービンジャー、母アドマイヤオウカ)は京都最終週、芝1800㍍を目標にしていくようです。

さて、ひとつ残念なお知らせが。矢作厩舎でデビューへ向けて、調整を進めていたリライアブルエース(牡、父ディープインパクト、母ゴールデンドックエー)が放牧へ出されました。サンデーRのHPによりますと、左前脚の腱の部分が少し太くなっているとのことでひと息入れることに。場所が場所だけに慎重になるのは当然ですし、まずはじっくりと治療に専念してほしいモノです。

さて、ここからは音無厩舎のお話です。まずは昨日の更新分でも触れたようにカンパニーの弟になるプロジェクト(牡、父ハービンジャー、母ブリリアントベリー)は今週のデビューを延期しました。どうやら咳が出ているようで、風邪に近い症状みたいですね。あと、クリソライトやリアファルの下になるアルマンディン(牝、父ステイゴールド、母クリソライト)は成長を促すために放牧へ出されるとのことです。さらに、なでしこ賞で3着だったレッドラウダ(牡、父ダイワメジャー)は来週の京王杯2歳Sへ向かうことになりました。

続いては来週以降のデビュー予定。今週の天皇賞に出走するアンビシャスの下、ルミナーラ(牝、父ヴィクトワールピサ、母カーニバルソング)は11月15日の芝1800㍍でのデビューを本線に調整されることになりそうです。「来週の予定もあったけど、もっと動いてほしいし、体も絞れてほしい」と音無調教師。ただ、生野助手は「馬場ならいい走りができると思います」と口にしていました。同じ週で前日の14日の芝マイルにはデイジーフローラ(牝、父キングカメハメハ、母ブラボーデイジー)が松山Jでスタンバイ。「今週の動きが今ひとつだったね。あと2本追えるし、期待している馬だから」と音無調教師は話していました。

そして、注目の血統馬、レッドアヴァンセ(牝、父ディープインパクト、母エリモピクシー)は21日の京都芝マイルでの初陣が決定(騎手は未定)。この馬、2歳のジャッジには慎重な音無調教師の感触がとにかくいい。「今日は馬なりだったが、走りがいい。ここを勝てば、GⅠ(阪神JF)に行きたい。そう思わせるモノがある。しっかりと成長してからの入厩だったし、ここまでは本当に順調だね」とのこと。兄にクラレント、リディルを持つ一族ですが、まだ牝馬では大物が出ていない。とはいえ、トレーナーのこのトーンを聞いていると、少なくとも、今年の音無厩舎の2歳勢を取材した中で、リアクションは最上位と言っていいでしょう。実は今日の取材後、厩舎で担当の橋本助手を訪ねたんですが、すでに仕事が終わって、帰った後。改めてカレのジャッジも聞きたいと思ってます。

ということで、今日はここまで。また、明日です。ではでは

コメント

高橋宜伸さん、こんにちは。
まぁ、チームによって、色々と考えるところがあるんでしょうね。ワタクシは専任にもなりましたし、新味に期待していますが。ではでは

怪獣王子さん、こんにちは。体のことも気にかけていただき、ありがとうございます。
ヨシノブ巨人、どんなチームになるのか、まだ想像がつきませんね。そのぶん、楽しみではありますが。
エレーデ、放牧に出す時、時間をかけて立て直すと言ってましたからね。また、取材すれば聞いておきます。ではでは

高橋って、今年確か打撃コーチ兼任で、あの金満打線が貧打で終わったのに、監督に昇格って(笑)担い手無いんですかね。

ヤマタケさん。いつも楽しい情報ありがとうございます。
長嶋巨人の大ファンなのですが、由伸巨人もかなり好きになれそうです。巨人ファンとしては巨人VSソフトバンクの日本シリーズ見たかったな。ところでエレーデの近況何かわかりましたらお願いします。スイートメデゥーサの妹がどんな走りをするのか、楽しみにしてます。大分寒くなってきたので、酒飲んだ後、気を付けて下さいね。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

報知Facebookページ

おすすめブログ

関西ボートレース記者・藤原邦充のブログ舟券

地方競馬 南関東ブログ「プラス1」

記者プロフィール

ユーザーのつぶやき

サイト内検索

2022年8月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.