激突します: 報知競馬ブログ「現場発!POGブログ」

ブログ報知

スポーツ報知 | スポーツ報知競馬 |  ブログ一覧

« ようやくです | メイン| 年末年始 »

2015年12月 8日 (火)

激突します 

ども、こんにちは。山本です。火曜日なのに栗東です。まぁ、こんな週もありますわな。ではでは、行ってみましょうか。

さて、書き出しでは「栗東です」と書きましたが、現在は梅田の会社におります。今日は色々と用事がありまして、栗東→梅田→栗東ってな感じで移動が続きます。我が自宅の西宮ってところから栗東までは高速1本で約1時間ちょっとで着くんですが、大阪の梅田ってトコロは渋滞が非常に多く、約1時間半ぐらい。直線距離にすると西宮より短いはずなのに、非常に時間がかかります。

先月だったかな。JRAの広報事務所で記者会見がありまして、栗東から急きょ、駆けつけることに。名神高速道路から阪神高速道路に乗り換え、その事務所に向かうように、カーナビに指示されたんですが、阪神高速に入った瞬間、全く動かぬ大渋滞。ワタクシも短気じゃありませんし、これだけなら納得がいくんです。ところが同じ視線の高さにあり、コンクリートの壁、一枚だけを隔てた二車線の一般道路がスイスイと流れておる。三車線の高速が事故もないのに、大渋滞と言うのに。なぜに930円を払って、渋滞を買わなアカンねんと考えた上、カーナビに目をやると、次の出口まで7㌔ほどと結構な距離。ガックリと肩を落としたことは言うまでもありません。

まっ、車移動の時は渋滞の時間もちゃんと考えておきましょうね、ということで、そろそろ本題へ。

今日は色々とありましたので速報版の要素も織り交ぜつつ、ナマ情報で押していきましょう。調教スタンドをブラついておりますと、目の前にいたのが松田国調教師。今年の2歳戦線、カギを握る存在でもあります。そこで、追いかけていくと、「共同通信杯、武豊Jで決まりました」という発表がありまして、その馬は東スポ杯2歳Sを制したスマートオーディン(牡、父ダノンシャンティ)だったのです。現在は調教で目立った時計は出していませんが、プール調教を交えながら、調整を続けていくとのこと。「今は496㌔ですが、今週あたりは500㌔ほどになると思います。精神的にも肉体的にもアップしていますし、現状では脚元の心配もありません。バリエーションをつけたメニューで調整していってますし、今後もメリハリを利かせていく予定です」とトレーナー。当然、期待の1頭だけに力が入っています。

同じくらいの期待度となるのがホープフルSを目指すバティスティーニ(牡、父キングカメハメハ)ですか。こちらも現時点ではプールと坂路を併用しての調整で、「順調にきていますよ」と松田国調教師は満足そうな表情を浮かべます。そして、京都2歳Sで6着だったロライマ(牡、父キングカメハメハ)なんですが、こちらは阪神最終週の芝2000㍍の平場へ向かうことになりました。ここでもサトノダイヤモンドのライバル候補が出てきました。鞍上はMデムーロJとなります。前回はゲートでの遅れが響きましたが、あらためて出直しといったところでしょうか。

さて、松永幹調教師とはアルテミスSで6着だったエスティタート(牝、父ステイゴールド)の話に。すでに栗東へ戻っており、予定通り、来週の中京で行われるつわぶき賞へ向かいます。鞍上は石橋脩J。あと、注目のラルク(牝、父ディープインパクト)なんですが、使うレースは決まってないんですが、来週か再来週には栗東へ戻ってくるようですよ。

続きましては藤原英調教師への取材から。紫菊賞を勝ったものの、東スポ杯2歳Sを両前脚の球節の腫れで回避したシルバーステート(牡、父ディープインパクト)ですが、トレーナーに次走について聞くと「共同通信杯」という言葉が帰ってきました。どうやら、患部の方も後へ引きずるような感じでもなさそうで、この復帰目標となったようです。となると、スマートオーディンとの激突になるのか。これは、チョイと熱いかも。あと、白菊賞で3着だったサプルマインド(牝、父ディープインパクト)はクイーンCでの復帰を目標にしていくとのこと。あと、ラベンダーヴァレイ(牝、父ディープインパクト)については次走が未定としながらも、「前回は疲れていたかな。素質は高い馬だから」とトレーナーは評価していましたよ。

さて、角居厩舎も取材に行ったのですが、あの超良血馬、ショパン(牡、父キングカメハメハ、母エアグルーヴ)のデビュー戦が決まりました。12月20日、阪神の芝2000㍍で、甥のドゥラメンテの主戦だったMデムーロJが手綱を執ります。「兄(ルーラーシップ)に比べると、コンパクトにまとまっていますね。まだコントロールしづらい面はあるけど、いい馬ですよ」と角居調教師は話していました。日本を代表する名牝の最後の子ですからね、注目は集まります。また、カイザーバル(牝、父エンパイアメーカー)エルビッシュ(牝、父キングカメハメハ)は放牧へ出たようです。

最後に池江厩舎のデビュー情報のみ。詳しくは明日か週末に触れますが、サウンズオブアースの下にあたるグローサーザール(牡、父ヴィクトワールピサ、母ファーストバイオリン)がその3週目、芝2000㍍をムーアJで、ジークカイザー(牡、父ディープインパクト、母ヒルダズパッション)は阪神最終週の芝1800㍍を松山Jで予定しているようです。

ということで、今日はここまで。また、明日です。ではでは

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

報知Facebookページ

おすすめブログ

関西ボートレース記者・藤原邦充のブログ舟券

地方競馬 南関東ブログ「プラス1」

記者プロフィール

ユーザーのつぶやき

サイト内検索

2019年1月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.