ブログ報知

 スポーツ報知 |  ブログ一覧

2018年6月18日 (月)

日光ウルトラ 満点「走り旅」 

Img_0306

 本日も17日に開催された第2回日光100Kmウルトラマラソンをリポートします。
 世界遺産の日光東照宮、日光山輪王寺、日光二荒山神社、いろは坂、中禅寺湖、日光江戸村、鬼怒川温泉、東武ワールドスクウェア、日光杉並木街道。コース上には次々と名所が現れ、見て聞いて感じる「走り旅」の要素が強い大会です。
 ランナーたちは、そんな大会にどんな印象をもったのでしょうか。初めて参加した4人の感想を紹介します。
 
 ◆100キロの部
 塩川茂樹(47=9時間15分43秒、神奈川県)「いろは坂を終えてからも鬼怒川方面、杉並木が上りでつらかった。一方、エイドが多く、ボランティアの皆さんに励まされてありがたかった」
 満永章月(48=9時間31分7秒、群馬県)「いろは坂を自分の足で走って上れて感激。でも下りの衝撃はすごかった。中禅寺湖や江戸村、杉並木などの観光名所を1日で回れて得した気分です」
 ◆62.195キロの部
 桑原玲子(58=7時間36分46秒、栃木県)「地元の大会なのでラン友3人で参加。鬼怒川や杉並木を眺められ、故郷の素晴らしさを改めて感じられた。半日かけた地元旅はよい体験でした」
 川辺貴宏(44=8時間35分55秒、茨城県)「初ウルトラです。つらい時間が長くて右太ももの裏側が痛くなったけど、スタッフやボランティアの方々が盛り上げてくれて安心して走れました」
 (敬称略、記録はネットタイム)

 写真=いろは坂を下る100キロの部のランナー

2018年6月17日 (日)

日光100Kmウルトラ

Img_0100

 第2回日光100Kmウルトラマラソンが17日に開催され、100キロと62.195キロの部にエントリーした約2000人が日光市内を駆け抜けました。
 午前4時30分に号砲が鳴った100キロのランナーは、日光市霧降スケートセンターから日光東照宮、日光山輪王寺、日光二荒山神社の参道へ。その後、いろは坂から中禅寺湖畔までの標高差約700メートルを一気に上り、いろは坂を下った後は鬼怒川へ。途中、江戸ワンダーランド日光江戸村と東武ワールドスクウェアに立ち寄り、終盤は日光杉並木街道がコースとなります。
 世界遺産の二社一寺に加え、名所や温泉地を巡るコースは見所満載。その一方、スタート直後は下って上って下り、いろは坂の上りと下り、ゴール手前数キロは上って下って上りと、過酷なアップダウンが待ってます。
 昨年は日差しがきつくなって給水所が大忙し。起伏に苦しむランナーが多かったこともあり、難所のいろは坂は中盤から序盤に変更されました。今年は小雨で気温も20度以下と、走りやすい天候となりました。
 第1回大会をリニューアルした日光ウルトラを明日もリポートします。

 写真=中禅寺湖畔を走るランナー

2018年6月15日 (金)

アディダス「W杯」限定シューズ

Sub21

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会が14日、モスクワで開幕しました。
 スポーツ用品メーカーのアディダスジャパンでは、日本代表ホームユニホームコンセプトの「勝色(かちいろ)」を採用した限定モデルのランニングシューズ「adizero Japan limited editionーSPIRIT OF VICTORYー」=写真=の先行予約を18日(月)10時から東京都内のアディダス直営店およびアディダス オンラインショップなどで行います。
 日本人ランナーのために開発された「adizero Japan」の限定モデルでアッパー部分には日本代表のものと同じ「刺し子柄」を採用。インソールにプリントされた「SPIRIT OF VICTORY」というメッセージのほか、日本の象徴である富士山と「WIN」の文字を掛け合わせたオリジナルロゴをシュータンに、ヒールには日本国旗をあしらったデザインとなってます。
 サイズは22.5~30センチで価格は1万8500円(税別)。23日(土)10時から都内のアディダス直営店、アディダス オンラインショップ、SteP SPORTS新宿本店、KAMO原宿店、BEAMS Japan新宿で限定Tシャツ(4990円、税別)とともに発売されます。※シューズ、Tシャツともにユニセックス仕様。店舗によって発売日が異なり、シューズのみ発売の店もあります

2018年6月13日 (水)

日体大記録会

Img_9564

 第264回日本体育大学長距離競技会が9日と10日、横浜市青葉区の同大健志台陸上競技場で開催されました。
 この競技会は1966年ごろ、同大の世田谷深沢校舎時代に始まった伝統のある長距離部門の記録会。年10回ほど行われ、全国各地の高校や大学、社会人の有力選手が集まり、自己ベストを狙うには最適の大会とされています。
 9日の男子1万メートル・最終10組には、4月にコニカミノルタを退社しプロランナーに転向した神野大地(24)が出場し、29分9秒48で日本人トップの6位に入りました。競技会は一般の方も無料で見学できます。しかもトラック内まで入ってエリートランナーの息づかいも聞き取れるとあって「ライブ感」は満点です。
 10日は雨中のレースとなりましたが、男子5000メートル29組を午前9時から午後7時前まで消化=写真=。半世紀以上、記録会を支えてきた大学関係者の熱意に敬意を表します。

2018年6月 3日 (日)

東京走友連合30周年

Img_9403

 東京都内のランニングクラブを統括する東京走友連合(小杉隆会長=元文部大臣)の創立30周年記念祝賀会が2日、都内で開催されました=写真=。
 平成元年に設立後、大会やイベントなどを通じて各クラブやランナーの親睦を図ってきた東京走友連合。メンバーのほとんどが70代前後となりましたが、祝賀会では津軽三味線やサックス演奏、83歳のカラオケ熱唱、シャンソン歌手のステージなどが披露されて大盛況でした。
 先日、当ページでお伝えしましたが、2017年度のフルマラソン完走者数(国内外居住の日本人)は36万9810人=月刊ランナーズ社調べ=。第1回東京マラソンが行われた06年度から3.5倍も増え、フルマラソンに出場することは珍しいことではなく、ごく身近なものになってます。
 ランニングが社会に根付いたのは、30~40年前から活動してきた各クラブの尽力があったから。東京走友連合は長年、そんなクラブ活動を応援してきました。現在、花開いたランニングブームは同連合の地道な「種まき」があったからだと思います。
 ビールで一杯やりながら昔話をする大先輩の表情は誇らしげで輝いてました。

2018年6月 1日 (金)

フル完走 36万9810人

Img_9212

 先月発売の月刊ランナーズ「全日本マラソンランキング」は、全国のランナーが心待ちにしている同誌のヒット企画です。前年度のフルマラソン年齢別順位が掲載され、「ベスト10に入った」「100位から落ちた」といったコメントがFBやブログにあふれてました。
 この企画では毎回、同誌がまとめた各年度のフル完走者数(国内外居住の日本人)も掲載。最新の2017年度(17年4月~18年3月)と第1回東京マラソンが始まった2006年度のデータを比較すると、この10年ほどの国内ランニングシーンの動向が浮かび上がってきます。
 両年度のデータは下記の通り。
 ★完走者数 2017年度=36万9810人(男性29万1733人、女性7万8077人)
       2006年度=10万3590人(男性8万5981人、女性1万7609人)
 ★年代別の割合(カッコ内は06年度)
  男性60歳以上=8.3%(7.5%)
    50代=22.0%(19.9%)
    40代=33.1%(26.6%)
    30代=23.4%(27.0%)
    20代=12.9%(18.6%)
  女性60歳以上=5.3%(4.0%)
    50代=21.2%(15.6%)
    40代=32.8%(24.0%)
    30代=21.9%(31.0%)
    20代=18.5%(25.1%)
 ★ポイント
 ①東京マラソン誕生後、完走者数は3.5倍以上も増加
 ②男女とも40代、50代、60歳以上の割合がアップ
 ③20代、30代は人数は増えているが比率は低下

 当ページの管理人・桃井光一は第1回東京マラソンを完走。「42.195キロもよく走れたね」と弊社内で驚かれましたが、現在は社員20人ほどが各地のフルを完走しており、フルマラソンはより身近なスポーツになってます。
 
 写真=今年2月の東京マラソン

2018年5月29日 (火)

黒部エンジョイ 年代別入賞

Dsc_8463

 明日30日のスポーツ報知「ランナーズ報知」(東京本社版)は、27日に開催された「第35回カーター記念 黒部名水マラソン」を特集します。
 残雪の立山連峰や黒部川、富山湾の大パノラマを望む「観光ラン」の要素が強い大会ですが、楽しみながらガチに走って年代別で入賞した富山県外のランナーにスポットを当ててます。
 今月16日に還暦を迎えた辻村眞二さん=愛知県=は、3時間6分2秒の好タイムで男子60歳代の部1位に。「オレの人生は今日が成人式、これから青年時代が始まるんだ、という意気込みで黒部に来た。年代別トップは狙ってました」
 ラン友4人で参加した柏原美枝さん(53)=奈良県=は前日、富山市で寿司、黒部市でウナギを堪能し、当日は3時間32分27秒で女子50歳代の部4位入賞。「北アルプスの立山の素晴らしい景色、黒部川の水の美しさに感動した」
 高橋欣三さん(75)=神奈川県=は3時間39分41秒で男子70歳以上の部で3位をゲット。この日が125回目のフル完走で「中間点が1時間50分23秒だから後半の方が良かった。1年に1回あるかないかの会心のレースだった」
 3人とも黒部名水は初出場。大会をエンジョイしたようでステキな笑顔でした。

 写真=38キロ過ぎ、富山湾を右手に走るランナー

2018年5月28日 (月)

立山、黒部川、富山湾の絶景

Img_9097

 本日も27日に開催された「第35回カーター記念 黒部名水マラソン」(報知新聞社など共催)をリポートします。
 スタートした直後は山間部に雲がかかってましたが、しばらくすると雲が消えて残雪の立山連峰が見えてきました。上の写真は、その山々をバックに黒部川沿いを下るランナーたちのショット。日差しも強くなってきた28キロ過ぎ、苦しくなってくる場所です。
 下記は富山県外から初めて参加した人たちのコメント。皆さん、豊かな自然やおもてなしが心に残ったようです。

 紅林幸一(46=3時間2分19秒)「給水所が多いこと、水がおいしくて感心した。冷たい風がすごく気持ちよかった」
 関口幸広(53=3時間23分43秒)「思ったほど勾配がなかった。黒部川の水音、ボランティアの働きが印象に残った」
 新蔵由美(50=4時間11分3秒)「暑い時のフルを経験したくて参加。風が涼しく、立山が見えてうれしかったです」
 工藤初美(45=4時間31分44秒)「山と川、海、田んぼ。ぜいたくな景色を楽しめた。ベストも出せた。来てよかった」
 田口祐介(38=4時間53分22秒)「2キロごとにエイドがあって最高。おいしい水を飲むたびに生き返って完走できた」
 (敬称略、記録はネットタイム)

2018年5月27日 (日)

Qちゃんと柏原さんが応援

Img_8915

 「第35回カーター記念 黒部名水マラソン」(報知新聞社など共催)が27日、富山・黒部市で開催され、全国から集まった約1万人が残雪の立山連峰や黒部川、富山湾などを望む雄大なコースを駆け抜けました。
 フルのコース上には給水所が22か所、給食所が5か所設置。ゴール後には無料の名水鍋(名水ポークの豚鍋、ズワイガニのカニ鍋)が振る舞われ、「これが楽しみなんだ」というランナーがたくさんいます。
 大会特別ゲストは今年もシドニー五輪・女子マラソンの金メダリスト高橋尚子さん(46)。スタートからゴールまで声を張り上げ、ハイタッチと握手でランナーを激励し続けました。
 そのQちゃんは前日、東洋大時代に箱根駅伝5区で4年連続区間賞に輝いた柏原竜二さん(28)と黒部市総合体育センターでスペシャルトークショーを展開。前日受け付けに訪れた方などが2人の話に聞き入ってました。
 明日28日も黒部名水の様子をリポートします。

 写真=フルの部のランナーをスタート地点のステージで見送る(左から)柏原さんと高橋さん

2018年5月23日 (水)

野口&瀬古 セミナーで熱弁

594250dbtg41

 7月21日に都内で開催される「トレーニング&コンディショニングセミナー2018 ~高機能食品がスポーツパフォーマンスを支える~」(報知新聞社主催)が参加者を募集しています。
 セミナーではアテネ五輪の女子マラソン金メダリスト・野口みずきさん(39)と日本陸連強化委員会マラソン強化戦略プロジェクトリーダーの瀬古利彦・横浜Denaランニングクラブ総監督(61)、日本陸連科学委員会委員長の杉田正明・日体大教授(52)、野口さんをコーチとして指導した廣瀬永和(ひろせ・ひさかず)・岩谷産業陸上競技部監督(52)の4人が、トレーニング方法やコンディショニングのパネルディスカッションを行います。
 野口さんや瀬古さんの現役時代のエピソードなどが紹介され、協賛社・カネカから参加者全員に豪華サプリメントセットが贈呈されるお得なセミナーです。
 要項は以下の通り。
・開催日 7月21日(土)12時30分~16時10分(予定)
・会場 日本消防会館(東京都港区虎ノ門2-9-16)
・アクセス 東京メトロ銀座線・虎ノ門駅 徒歩5分
・参加費 3000円
・締め切り 7月20日(定員になり次第締め切り)
・申し込み http://l-tike.com/search/?lcd=32441 ローソンチケット=Lコード32441
・問い合わせ 03・5479・1383(報知新聞社事業部)

 写真=昨年のセミナーで発言する野口さん(左側のテーブル手前)

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.