ブログ報知

 スポーツ報知 |  ブログ一覧

大会レポート

2019年3月19日 (火)

フル100回完走の軌跡

Img_0195_2

 本日も17日に開催された板橋Cityマラソンをリポートします。高橋正忠さん(74)=神奈川県=は6時間11分1秒でゴールし、フルマラソン100回目の完走。1983年10月の新潟マラソン(現新潟シティマラソン)から刻み始めた「足跡」は、36年の時を経て大台に達しました。

 ちょっと肌寒くなってきた午後3時23分、高橋さんがフィニッシュ。バンザイやガッツポーズはなし。腕時計のラップボタンを推し、ゴール後方で待機していたラン仲間に手を振った。
 「予定通りの時間でしたね」と声をかけられると、「そうだね。調子がよかった」と高橋さん。2週間前の東京マラソンを6時間10分16秒で完走したが、気温5度の冷たい雨に打たれ続けて体調が心配されていた。それでも「足は何ともない。走れる」と、この日の出場を決めた。
 5キロごとのラップは中盤、30分から40分台に低下。25~30キロ地点では51分16秒まで落ちたが、そこから息を吹き返した。35~40キロでは45分36秒まで戻し、ラスト2.195キロは16分34秒。「最後はモチベーションが上がった。風も追い風になってラッキーだった」
 37歳の時、ダイエット目的で走り始め、禁煙もスタート。数か月後、初レースとなった三浦国際市民マラソン(ハーフ)を1時間35分16秒で走り「面白くなってきた」。翌年、初フルとなる新潟マラソンに臨む際は、近所の鶴見川サイクリングロードで42キロ走を決行。3時間45分ほどで走り、本番は3時間27分34秒でまとめた。
 以後、年2~3本のフルを消化。47歳でマークした3時間6分27秒がベスト記録だ。海底トンネルの設計者としてバンコク(タイ)やイスタンブール(トルコ)、プサン(韓国)に赴任し、このアジア3国の16大会も走破。「どこでもランニングクラブに入って友人ができた。韓国のランナーはお酒好きで歌って踊る人が多くて楽しかったなあ」という。
 そんな明るくにぎやかな走歴が、2007年1月のフロストバイトロードレース(ハーフ)で暗転。残り1キロをスパートし、ゴール直後に倒れて意識を失った。AED処置後、救急病院に搬送されて一命は取りとめたものの心室細動と診断され、同年4月にペースメーカーの植え込み手術を受けた。
 元々、血圧が高めだったという高橋さん。無理はできない体になったが、引退するつもりはなかった。白血病を克服した同年代の男性が散歩を続けていることを知り、一緒に歩くようになって元気をもらった。走る距離を少しずつ伸ばし、同年夏には都内の大会でレース復帰を果たした。
 加齢も加わり、フルマラソンのタイムは4時間から5時間台に落ち、17年4月のかすみがうらでは初めて関門不通過に。昨年10月の新潟シティで左側のでん部と大腿(だいたい)筋を痛め、同月の金沢では6時間40分29秒のワースト記録を体験した。
 もっとも、万全な状態でなくても大ベテランは楽観的だ。「僕にはペースメーカーが入っているから倒れても大丈夫」。タイムへのこだわりは消え、気がついたら完走回数が90回を超えて「100回まで頑張ってみるか」。今回、その目標は達成したが、はしゃぐことなく、通過点ととらえることが高橋さんのダンディズムでもある。
 「年3回、フルに出てればだれでも100回はできる。僕は飛び抜けて速いランナーではなかったけど、年を重ねて遅くなってきても大きな故障がなかったから達成できた。自慢するかって? しないよ。自己満足の世界だから。制限時間が7時間の大会じゃないと厳しいけど、楽しいからしぶとく走り続けますよ」
 
 写真=レース後、記念撮影する高橋さん      

2019年3月18日 (月)

板橋City 救いの追い風

Img_9883

 板橋Cityマラソンが17日に開催され、フルの部にエントリーした約1万5000人が東京の荒川河川敷を駆け抜けました。いつもは下流から上流に向かう後半の向かい風に苦しめられる大会ですが、今年はその後半が追い風。しかも快晴で暖かく、コンディションは上々だったようです。
 完走した10人のコメントを紹介します。

 石野 真史(57=2時間57分46秒)「初参加。起伏が少ない反面、景色はやや退屈。前半は向かい風で我慢して走った」
 山下 正(55=2時間59分34秒)「大阪から初出場。記録を狙う人が多く、みんなで励まし合うなど走りやすかった」
 藤井 幹子(47=3時間14分19秒)「半年前に東京に転勤。ずっと練習不足ですが、後半が追い風で15分を切れた」
 松井 一葉(61=3時間16分42秒)「先週の名古屋は14分台。1週間後もちゃんと走れたから、まだいけそうかな」
 加藤 志保(44=3時間33分9秒)「1キロ5分ペースで淡々と走れた。ほぼイーブンの予定通りのレースでした」
 中村 研二(50=3時間43分44秒)「初参加で今季のベストタイム。後半が追い風になって歩かず楽しめました」
 石川 清人(66=4時間8分39秒)「30キロ手前で脱水状態になって両足がけいれん。少し歩いて何とか回復した」
 小林 有希子(49=4時間29分35秒)「10本目のフルでベスト記録を1分更新。板橋出身なのでうれしいです」
 山口 雅子(48=4時間59分15秒)「初フル。両ももと大でん筋ががっつり痛い。登山が中心ですが、きつかったあ」
 押切 貞夫(77=5時間23分12秒)「風もなく暑くもなくて最高。ずっとフルに出場することが今の目標だよ」(敬称略)

 写真=10キロ地点を通過するランナー
       
 

2019年3月11日 (月)

「箱根軍団」のオーラ

Img_9950

 立川シティハーフマラソンが10日に開催され、ハーフと3キロ、親子ペア(約1.4キロ)に計8737人が出場しました。コースは箱根駅伝予選会とほぼ同じ。ふだんは立ち入ることのできない陸上自衛隊立川駐屯地の滑走路から、併催の日本学生ハーフマラソン選手権に集まったトップ選手と同時スタートの大会は、その特異性のため、かなりの人気を集めています。
 号砲が鳴り、箱根駅伝常連校の大学生たちが横幅40メートルの滑走路を突き進んでいく光景は圧巻です。上の写真は滑走路内の2キロ過ぎの地点を通過したトップ集団。東洋、青学、駒沢大などの選手が1キロ2分50秒前後のハイスピードで飛ばしてました。1周約2.5キロの滑走路を2周回し、すれ違う所も多いコースなので「箱根軍団」のフォームや息づかいを間近で観察できる大会なのです。
 一般ランナーの感想は「大学生は体幹がしっかりしていて軽やか」「すごい気合を感じた」「細くてカモシカみたい」「ストライドが広い」。皆さん、驚き感心した様子でした。 

2019年3月 6日 (水)

姉妹そろってサブスリー

2019

 本日も東京マラソン(3日)をリポートします。ランナーにはおなじみの福島姉妹がそろってサブスリーを達成。タレントの和可菜(36)=写真右=は2時間59分47秒、妹の舞さん(33)=同左=は2時間54分51秒と、冷たい雨を吹き飛ばすナイスランでした。
 ベスト記録が2時間57分51秒で芸能界最速女王と呼ばれる和可菜は「寒くて辛くて苦しかったけど、最高に楽しい42.195キロでした! 記録更新は逃しましたが人生3度目のサブスリー!! 今回はゼッケンも名前ということでランナーや沿道の皆様にたくさん声を掛けていただき、ありがとうございました!」
 見事に自己ベストを更新した舞さんは「雨で寒かったですが、応援が本当に力になりPBを更新できました! 目標タイム通りだったのもうれしいです。練習、調整もうまくいき、今回のマラソンが今まで走った中で1番楽しく余裕をもって走り切ることができました」
 和可菜は全国各地の大会ゲストに引っ張りだこ。舞さんはトレイルレースでも実力を発揮。函館市出身で、ともに元陸上自衛官のアスリート姉妹が輝いてました。

2019年3月 5日 (火)

仲間とバンザイ 感動ゴール

20192

 本日も東京マラソン(3日)からのリポートです。知的障がい者の奥泉健太郎さん(39)は伴走の舟橋潤さん(54)と4時間24分40秒でゴール。2人でしっかり準備し、当日は家族やラン仲間の声援に後押しされ、夢のフィニッシャーになりました。

 9回目の応募で、やっと出場権を得た奥泉さん。当初は父親の久雄さん(71)が伴走する予定でしたが、同じ横浜緑走友会のサブスリーランナー・舟橋さんが「大役」を引き受けました。舟橋さんも伴走は初めてだったため、1月から2人で走り込み。毎週、鶴見川のサイクリングロードで20~25走を繰り返し、本番での「共同作業」を確認してきたそうです。
 大会当日は舟橋さんが奥泉さんの斜め後方に待機。「健ちゃんがいつも視界に入るような所をキープし、臨機応変に動くつもりだった」と舟橋さん。ペースの上げ下げを指示し、給水や給食ポイントでは先回りして相棒に紙コップやバナナなどを手渡し。25キロ過ぎまで設定した1キロ5分30秒ペースで走り通しました。
 しかし、この日は氷雨で最高気温は6度台。奥泉さんも体力を消耗したようで、30キロ付近で左太もも裏側がけいれん。立ち止まってストレッチをする回数が増える中、34キロのJR田町駅前にいた横浜緑走友会のメンバーたちが「健ちゃん頑張れ~」と大声援。舟橋さんも前方に出て「みんなが応援してるよ。さあ、行こう」と励まし続けました=写真(舟橋さんは伴走者のビブス着用、奥泉さんは右側の緑のTシャツ姿)=。
 後半は1キロ7~8分台まで失速しましたが、奥泉さんは東京駅前の残り200メートルは足を引きずってラストスパート。舟橋さんとバンザイしてゴールゲートをくぐり抜けました。
 舟橋さんは「足が何度もつったのに、健ちゃん頑張った。僕も緊張したレースだった」。コースで見守った久雄さんは「健太郎は(15キロ地点の)浅草では楽しそうだった。田町ではもう、いっぱいいっぱい。よくやったよ」とホッとした表情でした。
 帰宅した健ちゃんは「疲れたけど楽しかった。舟橋さんに感謝したい」。目標タイムの3時間50分は遠かったものの、幸せな1日になったようです。

2019年3月 4日 (月)

雨の東京 それぞれの物語

Img_9605

 本日も3日に開催された第13回東京マラソンをリポートします。1日中、冷たい雨が降り続くあいにくの天候でしたが、完走した皆さんのコメントには喜びがあふれてました。

 【初出場の幸せ】
 黒瀬 秀樹(45=3時間9分34秒)「大会がキラキラしていて沿道の応援に力をもらった。ベストも出せて泣きました」
 五十嶋 初夫(55=3時間30分37秒)「函館から参加。スカイツリーはすごく高く、東京タワーに都会を感じたなあ」
 水口 忍(56=4時間31分57秒)「大阪から参加。スカイツリーと東京タワーが大きく、遠近感が狂いそうになった」

 【何度出ても感動】
 廣瀬 誠(51=2時間56分3秒)「50代の初フル。すぐ自分のペースになってサブスリーで走れて楽しかった」
 水落 豊(48=3時間0分45秒)「ボランティアさんの働き、エイドの充実、途切れない応援はいつも素晴らしい」
 與口 亜紀子(38=3時間3分5秒)「3時間を切れずレースとしては70点。でも、銀座ではテンションが上がった」
 衣笠 祐子(43=3時間5分32秒)「雨と寒さが試練になったけど、スカイツリーを見て銀座を走れて光栄でした」
 木本 義之(45=3時間33分54秒、阪神ユニで参加)「沿道からたくさん声援された。がむしゃらに走りました」
 景山 ひさよ(45=3時間35分49秒)「福岡から参加。浅草の雷門、スカイツリー、東京タワーの景色が好きです」
 小林 玲子(57=3時間53分6秒)「沖縄マラソンでの抽選に当たって参加。寒くて50分を切れずちょっと残念」
 藤原 祥子(45=4時間8分36秒)「雨と寒さのせいか空気がきれいに感じた。銀座の風景がクリアに見えました」
 牟田口 元(45=4時間19分48秒、巨人ユニで参加)「新コースを初めて走った。ほぼ坂がなくなってよかった」
 渡辺 秀二(70=4時間29分22秒)「歩かず走れた。東京は特別な大会で、出場した年は年賀状で報告してます」
 北岡 知子(46=4時間43分34秒)「雷門や東京タワー、増上寺など、東京ならではの景色をいつも楽しんでます」
(記録はネットタイム、敬称略)

 写真=浅草・雷門前を通過するランナー

2019年3月 3日 (日)

平成最後の東京マラソン

Img_9501

 第13回東京マラソンが3日に開催され、フルと10キロの部にエントリーした約3万8000人のランナーが雨中の都内を駆け抜けました。
 一般ランナーの抽選倍率は3年続けて12倍を突破。10万円を寄付して出場できる今回のチャリティー枠は申し込み開始から3日間で定員の4700人に達しました。難関をクリアしてやっと走れる「晴れ舞台」だけに、皆さん、誇らしげで真剣です。
 上の写真は7キロ付近の神保町を通過するランナー。靖国通りの片側4車線が使われてますが、見渡す限りランナーで埋めつくされていました。
 平成最後の「東京」を明日4日、5日もリポートします。

2019年2月18日 (月)

青梅30キロ フル向けガチ走り

Img_7879

 本日も17日に開催された第53回青梅マラソン(報知新聞社など主催)をリポートします。
 上の写真は1万3178人が出場した30キロの部のスタート直後の様子。フルマラソンに向けた「練習」とするなら、30キロはより実践的です。完走された方のコメントを紹介します。

 清水和典(57=1時間59分51秒)「初参加。下ってからの平坦が長かった。マスターズの埼玉県記録を更新できました」
 佐々木寿子(49=2時間2分52秒、40歳代1位)「前半の上りを頑張れば後半が楽。来月の名古屋ウィメンズで3時間を切りたい」
 野口直樹(49=2時間13分51秒)「最近は56歳の会社のライバルと同じ大会で勝負。今日は僕が勝って2勝3敗になった」
 岩瀬友香(43=2時間18分56秒)「4年連続の参加。今回は調子が良くてベストを15分更新でき、びっくりしました」
 松崎ゆき子(62=2時間35分8秒)「ここのアップダウンで頑張るとフルが楽になる。来月の東京は3時間40分を切りたい」
 柴田実奈子(57=2時間38分47秒)「去年と同じぐらいのタイム。上りがあって下りもあるのが青梅の好きな所です」
 西尾文宏(60=3時間14分42秒)「沿道の途切れない応援がうれしい。最後の5キロを気持ちよく楽しく走れるのが最高」
 木村亜紀子(48=3時間18分25秒)「初参加。景色に応援、エイドが素敵。私設エイドで食べたみかんがおいしかった」
 井上敦史(33=3時間41分32秒)「目標は3時間半だったけど…。練習不足で足が動かず、上りは歩いてしまった」(敬称略)

2019年2月17日 (日)

青梅 53回の伝統

Img_7831

 第53回青梅マラソン(報知新聞社など主催)が17日に開催され、30キロと10キロの部にエントリーした約1万9000人のランナーが青梅路を駆け抜けました、
 1967年に始まり半世紀を超えた大会には「伝統」が詰まってます。スタート直後、ランナーが耳にするのはJ R青梅駅近くのCDショップから大音量で流れる松村和子の「帰ってこいよ」、奥多摩の山と川が織りなす美しい景観、次第にきつくなるアップダウン、疲労がたまる後半に一息つける私設エイドの多さ。大都会・東京とは思えない豊かな自然とちょっと懐かしい雰囲気が、リピーターが増える要因でしょうか。
 さて、今年はどんなドラマが待っているのか。18日、19日も青梅からリポートします。

 写真=東青梅駅付近を通過する10キロの部のランナー

2019年1月29日 (火)

勝田V甲斐 マラソンに活路

Img_6946

 本日も第67回勝田全国マラソン(27日、茨城・ひたちなか市)からのリポートです。
 マラソン男子の部は甲斐大貴(24)=ラフィネ=が2時18分29秒で2年ぶり2度目の優勝を果たしました。彼は順大陸上部出身。箱根駅伝には出場できなかったものの、「大学卒業記念の初フル」としてエントリーした2年前の大会を2時間22分9秒で制し、「僕は距離の長いマラソンが向いている。頑張ろう」と新たな目標に向かってきました。
 この日は初優勝した2年前と同じ展開。前回同様、先行する井上直紀(東京陸協)を残り3キロ地点でかわし、「最後は絶対、抜けると信じてた。自分の名前や社名、前とのタイム差を沿道の方が言ってくれて元気をもらいました」。身長158デンチ、体重45キロ。同じ常磐線沿線の千葉・柏市生まれの小柄な男の認知度が、勝田では少しずつ高くなっています。
 次戦は3月の東京マラソン。「最低でも2時間15分を切ってのベスト記録(2時間18分17秒)更新が目標。東京五輪の次のパリ五輪にピークをもっていきたい」と目を輝かせていました。

 写真=ひたちなか市名産の乾燥(完走)いも42.195キロ分の副賞パネルを掲げる甲斐

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.