ブログ報知

 スポーツ報知 |  ブログ一覧

« 東京 人、人、人 | メイン| 東京 歯がゆい思い »

2018年2月26日 (月)

東京 幸せの時間

Img_8428

 本日も25日に開催された東京マラソンをリポートします。
 今回の抽選倍率は約12倍。ゴール地点では「狭き門」を初めて突破し、完走を果たしたランナーたちの喜びの声があふれてました。
 松尾秀文(56=3時間7分32秒、茨城県)「10回ぐらい応募してやっと当たった。沿道の人の多さ、応援がすごくて感動した」
 米山里佳(50=3時間31分14秒、愛知県)「夫も初当選で私はベスト記録を出せた。道路が広くて走りやすく、楽しかったあ」
 河村成美(43=4時間4分47秒、東京都)「浅草の雷門とか名所がたくさんあってあきなかった。40代ベストも出せて大満足」
 竹泉志津子(56=4時間22分51秒、東京都)「深川周辺の下町情緒のある風景を楽しめた。コースが平坦で走りやすかった」
 松本由紀美(47=4時間23分3秒、愛媛県)「浅草やスカイツリーなどの観光名所、大きなビルの中を巡れて気持ちよかった」

 運良く「リピーター」になった人たちの声も紹介します。
 キム・ホンマン(41=2時間50分21秒、韓国)「3度目の参加。親切な人が多くて街も清潔、温くて走りやすい東京が好きです」
 井上武(56=2時間59分15秒、兵庫県)「一流選手と走れてうれしかった。前半が下りであとは平坦なので記録も狙いやすいね」
 石橋学(51=3時間24分47秒、神奈川県)「2年連続の出場。途中で設楽悠太の日本記録更新を知ってテンションが上がったよ」
 北川奈美(45=3時間56分40秒、広島県)「10年ぶりに当選。以前はなかったスカイツリーをしっかり眺められて楽しかった」
 (敬称略、記録はネットタイム)

 写真=中盤の清澄通りを通過するランナー

コメント

コメントを投稿

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.