ブログ報知

 スポーツ報知 |  ブログ一覧

« 東京 歯がゆい思い | メイン| 立川シティ 「箱根」体感 »

2018年2月28日 (水)

東京 初出場ガチ走り

2018

 25日から続けてきた東京マラソンのリポートは本日28日が最終日。12回目のエントリーで初めて当選し、3時間8分10秒のシーズンベスト記録で駆け抜けた西澤泉さん(57)=横浜市=の完走記を掲載します。
 
 2007年の第1回大会の抽選倍率は3.1倍。外れたけど「そのうち出られるだろう」と軽く考えていました。ところが毎年応募しても全く当たらない。何度も出場している走友もいるのに自分だけ何で? 抽選11連敗で半ばあきらめかけていたところ、12回目にしてようやく当選通知が届き、うれしい初出場となりました。
 さて、どのように走ろうか? ふだんは見られない都心の景色を眺めながらのファンランとも思いましたが、結局ガチで走ることにしました。それが自分のレーススタイル。ベストを尽くすことが、初出場させてくれた東京マラソンに対する礼儀でしょう。今季は、つくば、湘南とも3時間10分を切れなかったので、目標タイムは3時間一ケタに設定。モットーとする「感謝と笑顔」も忘れずレースに臨むことにしました。
 最初の5キロはオーバーペースに注意するつもりでしたが、下り坂に加えて途切れることのない沿道の応援が熱い。分かっていてもペースは上がってしまいます。後半につけがくることが心配だけど、お祭り気分で行ってしまおう!
 神楽坂下、神保町、神田から日本橋、浅草、門仲へと、車道側から見る景色は新鮮。都心を走れるワクワク感もあって、どんどん距離が進んでいきます。快調快調。隅田川にかかる蔵前橋の上ではトップ集団とすれ違い。速い! 設楽悠太選手も頑張って食らいついています。世界レベルのスピードを肌で感じられるのも東京マラソンの魅力ですね。
 高揚感に包まれて走りながら「このペースで最後までいけちゃうかな」とも思いましたが、やはりマラソンは甘くない。2度目の日本橋を過ぎ、銀座、日比谷、芝と進むにつれて、疲労とダメージが脚に。でも、そこで頑張れるのが東京マラソン。初当選のうれしさと沿道の応援が疲れた体を後押し。所属する横浜緑走友会の仲間や家族、知り合い、ボランティアの人たちも大きな声援を送ってくれます。そしてコース両側をぎっしり埋め尽くした大観衆。これじゃあ、気を抜いて走るわけにはいきません。
 高輪で折り返した36キロ以降は本当にきつかった。それでも、抽選に外れ続けた12年間を思いながら「感謝と笑顔」で一歩一歩前へ。ラスト1キロの丸の内仲通りはゴールへの花道で、苦しいながらも「あと少しで終わりだなあ」と、まるでシドニー五輪の時のQちゃんのような気持ちになって3時間8分10秒でフィニッシュしました。
 初めて走った東京マラソンは長年待っただけの価値ある素晴らしいものでした。シーズンベストの目標も達成でき、とっても楽しい充実のレースだったけど、さて次に出られるのはいつだろう?
  
 写真=約39キロの御成門付近を通過する西澤さん(右側の車線、緑色のTシャツ姿)


 

コメント

コメントを投稿

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.