ブログ報知

 スポーツ報知 |  ブログ一覧

« 東京 初出場ガチ走り | メイン| 立川シティ 「山の神」登場 »

2018年3月 5日 (月)

立川シティ 「箱根」体感

Img_9862

 立川シティハーフマラソン2018が4日、立川市で開催され、ハーフと3キロ、親子ペア(約1.4キロ)に計8224人が出場しました。
 スタート地点は陸上自衛隊立川駐屯地の滑走路で、立川市街、国営昭和記念公園内を走るコースは箱根駅伝予選会とほぼ同じ。しかも、併催で同時スタートの日本学生ハーフマラソン選手権には、全国の大学生1018人が出場。箱根駅伝の常連校も集結し、「箱根」を間近で体感できる大会なのです。
 トップクラスの大学生を見た一般ランナーからは「走りが速くて軽い」「足が細いのに蹴り上げる力がバネみたいに強かった」「今年の学生はダンゴ状態で走ってた。実力差がなく全体的に層が厚い感じ」「足の回転が速い。ストライドの長さは僕の1.5倍はありそう」といった感想を聞きました。
 ちなみに日本学生ハーフの上位は、1位・梶谷瑠哉(青学大、1時間3分20秒)、2位・伊勢翔吾(駒大、1時間3分31秒)、3位・西田壮志(東海大、1時間3分36秒)。来年の箱根の主力候補が、しっかり実力を披露してくれました。
  
 写真=立川駐屯地の滑走路を飛ばす学生のトップ集団

コメント

コメントを投稿

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.