ブログ報知

 スポーツ報知 |  ブログ一覧

« 女の迫力2万2000人 | メイン| 女の直感 ティファニー仮装  »

2018年3月12日 (月)

女の意地 涙の自己ベスト

Img_0492 

 本日も11日に開催された名古屋ウィメンズマラソンをリポートします。7回目の今回は過去最多の2万1915人が出場。女性をもてなす運営面がクローズアップされがちですが、力を振り絞ったランナーもたくさんいました。ベストタイムをマークした人を紹介します。
 川村綾(27=3時間7分25秒、北海道)「右足のすねの故障で、この1か月で追い込み練習。(室内トラックの)ツドームやスポーツジムのトレッドミルで走り込みました」
 佐藤康子(42=3時間18分2秒、千葉県)「大田原と別府大分は不調。大好きな名古屋で結果を出したかった。10キロ、5キロのペース走など、きっちり練習ができました」
 東千春(39=3時間37分11秒、愛知県)「去年は歩いてゴール。今年は食事制限で5キロ減量し、腹筋を鍛えて体幹で走る練習に取り組んだ。歩かず走り切れてよかった」
 塚本三直恵(39=4時間49分50秒、千葉県)「昨年の東北・みやぎ復興マラソンで出会った人に名古屋のことを聞いて申し込み。今日は震災発生日、縁をかみしめて走った」
 梅津美津子(50=4時間51分4秒、埼玉県)「12回目のフルで初めて5時間を切れた。50歳を過ぎたけど、あきらめないでよかった。1週間前からずっと緊張してました」
 皆さん、感激して涙でウルウル。お疲れ様、ナイスランでした。(敬称略、記録はネットタイム)
 
 写真=17キロ地点を通過するランナー

コメント

コメントを投稿

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.