ブログ報知

 スポーツ報知 |  ブログ一覧

« 東京走友連合30周年 | メイン| アディダス「W杯」限定シューズ »

2018年6月13日 (水)

日体大記録会

Img_9564

 第264回日本体育大学長距離競技会が9日と10日、横浜市青葉区の同大健志台陸上競技場で開催されました。
 この競技会は1966年ごろ、同大の世田谷深沢校舎時代に始まった伝統のある長距離部門の記録会。年10回ほど行われ、全国各地の高校や大学、社会人の有力選手が集まり、自己ベストを狙うには最適の大会とされています。
 9日の男子1万メートル・最終10組には、4月にコニカミノルタを退社しプロランナーに転向した神野大地(24)が出場し、29分9秒48で日本人トップの6位に入りました。競技会は一般の方も無料で見学できます。しかもトラック内まで入ってエリートランナーの息づかいも聞き取れるとあって「ライブ感」は満点です。
 10日は雨中のレースとなりましたが、男子5000メートル29組を午前9時から午後7時前まで消化=写真=。半世紀以上、記録会を支えてきた大学関係者の熱意に敬意を表します。

コメント

コメントを投稿

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.