ブログ報知

 スポーツ報知 |  ブログ一覧

« 日光100Kmウルトラ | メイン| トランス・エゾ リレーの部新設 »

2018年6月18日 (月)

日光ウルトラ 満点「走り旅」 

Img_0306

 本日も17日に開催された第2回日光100Kmウルトラマラソンをリポートします。
 世界遺産の日光東照宮、日光山輪王寺、日光二荒山神社、いろは坂、中禅寺湖、日光江戸村、鬼怒川温泉、東武ワールドスクウェア、日光杉並木街道。コース上には次々と名所が現れ、見て聞いて感じる「走り旅」の要素が強い大会です。
 ランナーたちは、そんな大会にどんな印象をもったのでしょうか。初めて参加した4人の感想を紹介します。
 
 ◆100キロの部
 塩川茂樹(47=9時間15分43秒、神奈川県)「いろは坂を終えてからも鬼怒川方面、杉並木が上りでつらかった。一方、エイドが多く、ボランティアの皆さんに励まされてありがたかった」
 満永章月(48=9時間31分7秒、群馬県)「いろは坂を自分の足で走って上れて感激。でも下りの衝撃はすごかった。中禅寺湖や江戸村、杉並木などの観光名所を1日で回れて得した気分です」
 ◆62.195キロの部
 桑原玲子(58=7時間36分46秒、栃木県)「地元の大会なのでラン友3人で参加。鬼怒川や杉並木を眺められ、故郷の素晴らしさを改めて感じられた。半日かけた地元旅はよい体験でした」
 川辺貴宏(44=8時間35分55秒、茨城県)「初ウルトラです。つらい時間が長くて右太ももの裏側が痛くなったけど、スタッフやボランティアの方々が盛り上げてくれて安心して走れました」
 (敬称略、記録はネットタイム)

 写真=いろは坂を下る100キロの部のランナー

コメント

コメントを投稿

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.