ブログ報知

 スポーツ報知 |  ブログ一覧

« サロマ湖 URCバスツアー | メイン| 雨中の函館マラソン »

2018年6月28日 (木)

サロマ湖 祝5人完走

2018

 本日も24日に開催された第33回サロマ湖100kmウルトラマラソンをリポートします。
 横浜市が拠点の横浜緑走友会からは5人のランナーが100キロの部に出場し、全員そろって完走を果たしました。
 ウルトラ初挑戦の舟橋潤さん(53)は9時間8分41秒でゴールし、「ワッカの向かい風で3回ぐらいつらくなった。それでもウルトラは我慢してると持ち直すんですね」。春以降、1キロ6分ほどのペースで50~70キロ走を10回こなしたことが好結果につながったようです。
 9時間54分25秒で3年連続4回目の完走の西澤泉さん(57)は「ワッカで両足がつりそうになった。だましだまし走ってギリギリのサブ10でした」。12時間40分13秒で2年連続完走の新見賢治さん(57)は「今年も後半が寒くて去年と同じぐらいのタイム。ゴールできてよかったです」。
 そんな3人と対照的に今回がリベンジ戦だった人もいます。福井尚登さん(66)は12時間27分38秒で3年ぶり11回目の完走に「2年続けてリタイアしてたから頑張った。でも、今年もきつかったなあ」、石川清人さん(65)は12時間38分10秒で2年ぶりの完走に「去年は74キロで終わった。今年はしっかり防寒対策をしてきたよ」とホッとした様子でした。

 写真=北見市の焼き肉店で打ち上げる緑走友会の皆さん。いい顔してますね

コメント

コメントを投稿

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.