ブログ報知

 スポーツ報知 |  ブログ一覧

« 2018年6月 | メイン

2018年7月

2018年7月16日 (月)

24時間リレー&盆踊り、花火大会

Img_9771

 本日も14、15日に山梨・富士吉田市で開催された「オートバックスPresents 第24回ランナーズ24時間リレーマラソンin富士北麓公園」をリポートします。
 長時間の大会をあきずに過ごしてもらおうと、14日の午後はお楽しみイベントがいっぱい。競技を続行しながら15時からは親子ランニングタイム、18時を過ぎると盆踊り大会と浴衣ラン、20時からは約5分の花火大会が行われました。
 今回、注目を集めたのは17時から始まったヒートアップリレー。メイン会場の富士北麓公園陸上競技場のトラックを使う「100メートル×4人リレー」が新設され、31チームが参加。優勝したのは「#森からの刺客」チームで、44秒90と驚異的なタイムでした。
 
 写真=地元の婦人会の輪にランナーたちが加わる盆踊り大会

2018年7月15日 (日)

24時間リレーの一体感

Img_0064

 「オートバックスPresents 第24回ランナーズ24時間リレーマラソンin富士北麓公園」が14、15日に山梨・富士吉田市で開催されました。今回から12時間、6時間の部が新設され、24時間の部と合わせて180チーム・約2000人が約1.6キロの特設コースの周回数を競いました。
 24時間リレーマラソンは準備に追われるイベントです。まず、出場者を募ってエントリーし、会場までの車やバスなどの移動手段を確保。貸し出されるテント内で長時間を過ごすため、各チームとも知恵を出し合い工夫して大会に臨むようです。
 東京・立川市のランニングクラブはビニールシートやテーブル、イス、ランタン、クーラーボックス、紙皿、洗濯ロープ、消臭剤、救急セット、ドリンク類、大量の氷、おやつなどを手分けして持ち寄ります。終了後の入浴、打ち上げも手配するため、幹事さんは春ごろからてんてこ舞いとか。
 そんな手間のかかったイベントだから「フィナーレ」は感動的。競技終了間際には面識すらないランナーたちが「ハイタッチ」で大盛り上がり。みんな、頑張ったという「一体感」が会場にありました。
 15日は早朝から富士山がクッキリ。明日も大会をリポートします。

 写真=富士山に向かって走るランナー(15日午前6時ごろ)

2018年7月13日 (金)

川崎国際EKIDEN 12・9号砲

2017png

 多摩川河川敷で35年間にわたって親しまれてきた「川崎フルマラソン駅伝」が、「川崎国際EKIDEN」となって12月9日に開催されます。
 今回から大会名が大きく変わって内容も大幅にリニューアル。高校生、熟年、国際の部が新たに設けられ、年末の全国男子高校駅伝と同じ7区間・同距離で行われます。都心からのアクセスが良く、平坦で走りやすい多摩川河川敷。高校生は「都大路」気分で、一般ランナーは若者たちの背中を追ってタスキをつなげそうです。
 詳細は下記の通り
 ・開催日 12月9日(日)午前10時スタート
 ・会 場 神奈川県川崎市中原区上丸子天神町(東急東横線・多摩川陸橋下付近)
 ・アクセス  東急東横線・新丸子駅から徒歩約15分
 ・コース 多摩川河川敷マラソンコース=7区間、42.195キロ
 ・参加費 1チーム2万4500円(選手1人3500円、税込み)
 ・申し込み ランネット、ランネットグローバル
 ・締め切り 10月31日(水) 1000チーム限定
 ・問い合わせ 044・754・9133、080・5425・4356

 写真=昨年の「川崎フルマラソン駅伝」スタート風景 

2018年7月12日 (木)

笑顔の函館マラソン

1

 明日13日のスポーツ報知「ランナーズ報知」(東京本社版)は、1日に開催された函館マラソン特集。フルとハーフの部に出場した過去最多の計7139人は津軽海峡と函館山、赤レンガ倉庫を望むコースを巡り、冷やし塩ラーメンや海鮮丼など、地元グルメ満載のエイドステーションを楽しみました。
 メイン企画では地元・北海道の師弟コンビで好成績を残した太田尚子さん(48、ハーフ)と及川千文さん(20、フル)を取り上げました。愛媛県から参加した新婚さんはタキシード・ウェディングドレス姿でハッピー完走。雨が降り続くあいにくのコンディションでしたが、ランナーの笑顔が輝いた大会でした。
  
 写真=赤レンガ倉庫街を通過するランナーたち 

2018年7月 6日 (金)

東京「チャリティー」締め切り

Img_8441

 今月2日から始まった東京マラソン2019(来年3月3日開催)・チャリティーランナーの申し込みは5日に定員4700人に達し、史上最短の「4日間」で受け付けが終了しました。
 10万円以上の寄付をして出走権を得る「チャリティーランナー制度」は2011年からスタート。割高感もあって15年までは定員に達しませんでしたが、16年に初めて定員に到達。「高いお金を払っても日本最大の大会に出たい」「寄付を通じて社会貢献をしたい」という人が増え、昨年は「8日間」で締め切られました。
 一般エントリー期間は例年通り8月1日から31日まで。今回の抽選倍率も10倍を超えそうで、「狭き門」だからこそ当選者のモチベーションは一気に高まります。9月の当落結果発表後の「悲喜こもごも」は、今や東京マラソンを巡る風物詩となっています。
 
 写真=カラフルなウェアのランナーで埋め尽くされた清澄通り(2月の大会)

2018年7月 2日 (月)

函館 満点おもてなし

Img_9824

 本日も1日に開催された「函館マラソン2018」をリポートします。
 今大会はスタートの午前9時から競技終了の午後2時30分まで、ずっと雨。土砂降りの時間帯もあり、ランナーはずぶぬれでゴールを目指しました。それでも最高気温が23.9度だったため、雨を苦にしない人が多かったようです。
 フルの部完走者のコメントを紹介します。
   
 大成忍(35=3時間7分35秒)「土砂降りでしたが暑いよりはマシ。夏マラソンは少ないので函館は貴重な大会ですね」
 渡部優子(42=3時間27分57秒)「函館に母の実家があるので楽しみな大会。ともえ大橋から函館山が見えてよかった」
 井手裕里子(47=3時間43分29秒)「土砂降りの中、応援してもらい感激。エイドの冷やし塩ラーメンがおいしかった」
 高橋敏明(55=4時間23分17秒)「仙台から初参加。雨が降っているのに沿道の声援がすごく多く、励みになりました」
 松江美稔香(46=4時間35分13秒)「函館が故郷で初めて参加。函館どつくで霧が晴れ、街の景色に見とれてしまった」
 武田啓正(69=4時間42分19秒)「制限時間が5時間20分だから晴れたら厳しいかも。エイドの海鮮丼がおいしいね」
 秋山則子(73=5時間4分24秒)「起伏はあってもイーブンでいけた。エイドで飲んで食べ、歩かすゴールできました」
 (敬称略、記録はネットタイム)

 写真=ゴール後、夕張メロンをほおばるランナー

2018年7月 1日 (日)

雨中の函館マラソン

Img_9783

 「函館マラソン2018」の号砲が鳴りました。ハーフは1日午前9時、フルは同10分にスタート。降りしきる雨の中、両種目にエントリーした約8000人が函館市内を駆け抜けました。
 従来のハーフにフルが加わり今年で3回目を迎えた大会は、コースから津軽海峡や函館山、赤レンガ倉庫などを望めます。エイドには漁り火がごめ丼や冷やし塩ラーメン、チーズオムレットなど、地元グルメがズラリ。まさに、港街・函館を満喫できる仕様で、ランナーの人気も年々、高くなってます。
 函館市出身で「はこだて観光大使」を務めるタレントの福島和可菜(35)が今年もゲストランナーとして参加。6月30日の前夜祭では「街のシンボルの函館山には走って上って下さい。舗装した道のほか、けもの道のような所もあって、1時間で山頂に着きますよ」と、足を使ったワイルドな?観光をランナーに勧めてました。
 明日も函館マラソンをリポートします。

 写真=津軽海峡沿いの漁火通は霧の中

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.