ブログ報知

 スポーツ報知 |  ブログ一覧

« 函館 満点おもてなし | メイン| 笑顔の函館マラソン »

2018年7月 6日 (金)

東京「チャリティー」締め切り

Img_8441

 今月2日から始まった東京マラソン2019(来年3月3日開催)・チャリティーランナーの申し込みは5日に定員4700人に達し、史上最短の「4日間」で受け付けが終了しました。
 10万円以上の寄付をして出走権を得る「チャリティーランナー制度」は2011年からスタート。割高感もあって15年までは定員に達しませんでしたが、16年に初めて定員に到達。「高いお金を払っても日本最大の大会に出たい」「寄付を通じて社会貢献をしたい」という人が増え、昨年は「8日間」で締め切られました。
 一般エントリー期間は例年通り8月1日から31日まで。今回の抽選倍率も10倍を超えそうで、「狭き門」だからこそ当選者のモチベーションは一気に高まります。9月の当落結果発表後の「悲喜こもごも」は、今や東京マラソンを巡る風物詩となっています。
 
 写真=カラフルなウェアのランナーで埋め尽くされた清澄通り(2月の大会)

コメント

コメントを投稿

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.