ブログ報知

 スポーツ報知 |  ブログ一覧

« 富士登山競走 試走&階段上り | メイン| 明日から北海道縦断トランス・エゾ »

2018年7月30日 (月)

富士登山競走 五郎谷悔しいV2

Dsc70157

 第71回富士登山競走(27日)からのリポートです。
 メインの山頂コースは、男子が2時間39分28秒で五郎谷俊(25)=コモディイイダ=、女子が3時間11分34秒で吉住友里(32)=MEDIFOAM=がそろって2連覇。ともに2位の選手を10分以上引き離し、次元の違う走りを披露しました。
 東洋大時代、2年続けて箱根駅伝の「山上り」5区を走った実績をもつ五郎谷。コモディイイダ陸上競技部の会沢陽之介監督(42)も「とにかく上りに特性をもった男」と才能を認め、2年前に富士登山競走デビュー。まず、五合目コースで大会記録を34年ぶりに更新する1時間17分5秒で、昨年は山頂コースを歴代2位の2時間31分34秒で制しました。
 今年は2011年に宮原徹さんがマークした山頂コースの大会記録2時間27分41秒の更新を目標に、試走を4回実施。富士吉田市役所から山頂までを1回、同市役所と五合目を2往復する強化トレを1回、五合目から山頂までを2回消化してきた五郎谷は「毎回、どこでタイムを削れるか研究してきました」と振り返ってます。
 それでも、大会記録どころか昨年の記録も下回る「惨敗」。山のスペシャリストは「富士山は1年1年、コースの形状が変化し、自然の厳しさを感じた。それに対応していくのがテーマであり魅力だと思います。今年の結果を踏まえて来年も挑戦したい」と、次回でのリベンジを誓ってました。
 五合目コース男子は同じコモディイイダ所属の山田雄喜(20)が1時間18分38秒の好タイムで優勝。表彰式では「五郎谷さんにポイントを教えていただいたおかげ。来年は山頂コースで憧れの先輩を倒させていただきます」と宣言。伝統のレースが、さらにヒートアップしそうです。

 写真=七合目を過ぎ、独走する五郎谷(後方は一般登山客、飯田貴紀さん提供)

コメント

コメントを投稿

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.