ブログ報知

 スポーツ報知 |  ブログ一覧

« 雨中の函館マラソン | メイン| 東京「チャリティー」締め切り »

2018年7月 2日 (月)

函館 満点おもてなし

Img_9824

 本日も1日に開催された「函館マラソン2018」をリポートします。
 今大会はスタートの午前9時から競技終了の午後2時30分まで、ずっと雨。土砂降りの時間帯もあり、ランナーはずぶぬれでゴールを目指しました。それでも最高気温が23.9度だったため、雨を苦にしない人が多かったようです。
 フルの部完走者のコメントを紹介します。
   
 大成忍(35=3時間7分35秒)「土砂降りでしたが暑いよりはマシ。夏マラソンは少ないので函館は貴重な大会ですね」
 渡部優子(42=3時間27分57秒)「函館に母の実家があるので楽しみな大会。ともえ大橋から函館山が見えてよかった」
 井手裕里子(47=3時間43分29秒)「土砂降りの中、応援してもらい感激。エイドの冷やし塩ラーメンがおいしかった」
 高橋敏明(55=4時間23分17秒)「仙台から初参加。雨が降っているのに沿道の声援がすごく多く、励みになりました」
 松江美稔香(46=4時間35分13秒)「函館が故郷で初めて参加。函館どつくで霧が晴れ、街の景色に見とれてしまった」
 武田啓正(69=4時間42分19秒)「制限時間が5時間20分だから晴れたら厳しいかも。エイドの海鮮丼がおいしいね」
 秋山則子(73=5時間4分24秒)「起伏はあってもイーブンでいけた。エイドで飲んで食べ、歩かすゴールできました」
 (敬称略、記録はネットタイム)

 写真=ゴール後、夕張メロンをほおばるランナー

コメント

コメントを投稿

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.