ブログ報知

 スポーツ報知 |  ブログ一覧

« 75歳 北海道LOVE | メイン| 32回連続完走 »

2018年8月28日 (火)

道産子たちのお祭り

Img_1938

 26日に札幌市で開催された北海道マラソンは、地元ランナーにとっては最も大切なレース。この大会にかけた道産子フィニッシャーの「泣き笑い」を紹介します。
   
 小野寺佑二(40=3時間8分5秒)「新川通の前半が向かい風。後半が追い風になって粘れて、大会ベストが出せました」
 山内健(46=3時間10分22秒)「地元の大会に10回目の出場。練習不足で右足がしびれゴール直前に転倒しました」
 馬場幸樹(57=3時間11分5秒)「今年は気温が低くて走りやすかった。10分切りはできなかったけど頑張れたかな」
 梶谷奈美(44=3時間18分45秒)「8年連続出場。地元なので家族や友人が応援してくれる。15分を切りたかった」
 森本恒(46=3時間29分49秒)「新川通は長くて厳しい。折り返しで友人とエール交換できても、その後がつらいよ」
 森内千鶴(37=3時間31分24秒)「去年の記録を25分更新。山道の20キロ走を何度も行い脚力を鍛えてきました」
 松井葉子(47=3時間37分36秒)「ここは地元のお祭り。1年の集大成として毎月5~600キロ走り込んできます」
 中静一棋(41=3時間46分7秒)「4回目の北海道で初サブ4。38キロ過ぎに歩いたけどコンディションは最高だった」
 太田千恵(54=3時間56分8秒)「体が重くてベスト狙いから完走目標に切り替えました。去年より9分も遅くて残念…」
 久保田俊英(40=4時間28分28秒)「釧路から初参加。家族や友人の10人に応援してもらい、街中の大会を楽しんだ」
 佐藤敏文(66=4時間45分41秒)「風邪で38度の熱が出て後半は歩きも入った。30分を切りたかったから悔しいね」
(記録はネットタイム、敬称略)

 写真=さっぽろテレビ塔をバックに記念撮影するランナー

コメント

コメントを投稿

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.