ブログ報知

 スポーツ報知 |  ブログ一覧

« 絶品メロン&ミニトマト | メイン| 待望の青空 明日フィナーレ »

2018年8月16日 (木)

残り3日 最長98.3キロ

20180816_sbsh03441

 5日から始まった「TRANS・YEZO」(トランス・エゾ)は残り3日と、いよいよ最終盤を迎えました。16日の第12ステージ(旭川大学ー美深)は大会最長距離の98.3キロ。参加者の皆さんは雨の中、疲労と足の痛みとも闘っているようです。
 宗谷岬と襟裳岬を往復する「アルティメイト・ジャーニー」の部に出場する人の走行距離は2週間で約1101.9キロ。どんな練習をし、どんな大会に出て準備をしてきたのでしょうか。
 12年連続出場の田畠実さん(60)は小江戸大江戸(3月、200キロ)、チャレンジ富士五湖(4月、117キロ)、萩往還(5月、250キロ)、野辺山(5月、100キロ)、飛騨高山(6月、100キロ)、サロマ湖(6月、100キロ)、みちのく津軽(7月、263キロ)に、初出場の谷水強さん(48)はさくら道(4月、266キロ)、萩往還(5月、250キロ)、土佐乃国(5月、242キロ)に出場。2人とも「レースに出ることが一番のトレーニング」と話してます。
 8年連続出場の桂木正弘さん(61)は萩往還(5月、250キロ)に出た後は、猛暑対策として自宅周辺を午後8時ごろから朝まで走る練習を数回実施。「長丁場のトランス・エゾを乗り切るには長時間、動き続けられる体を作ることが大切」と強調してました。

 写真=雨と風の中、蕎麦の花を見ながら進む

コメント

「8月15日TBSテレビからの電話」

【官邸とe-GOVに出しました】
https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html
https://www.e-gov.go.jp/policy/servlet/Propose


今日8月15日午前中2歳の子どもが咳がひどいと来院して診察中に、
東京のTBSテレビから電話があって診察中だから30分後にかけ直してくれと言って切って、
男の子と両親と祖父の4人が帰った後に再度電話がかかってきた。
熱中症の治療と予防について実名であちこちに書いて8月3日の長周新聞に記事を掲載したからそのことかなと思って話を聞くと、
若い女性の声で「今朝周防大島で行方不明になってた2歳男児が3日ぶりに元気で見つかったけど、(うん知ってるよ無事で良かったね―私)、
番組で子育てコーナー(みたいな?)やってるので、2歳がなんで3日もひとりで元気だったのは何故か、子どもの専門科の小児科医に聞きたい」という話で、
(私)「なんで大島から30kmも離れた私に聞くんだね?見つけてくれた70歳ボランティアの大分県の男性にインタビューしなさい」というと、
「いや、現場の状況を小児科医に診てもらってうんたらかんたら(うちは岩国市で豊岳小児科やってるんです)」というので、
「何で私が行く必要がある?小児科じゃなくても誰でも分かるだろ、この3日間暑い日が昨日まで続いて2歳の子どもが草木の葉が茂る涼しい山のなかで陽射しをしのぎ、
夜も暖かく昨夜から台風の遠い影響で小雨が降ったけど木々の枝葉が重なり合って木陰が殆ど濡れてなかったから無事に見つかったことくらい誰でも分かるだろ。
(アナウンサー:その現場を子どもの専門科の小児科医に確認してきて欲しい)
だから現場に系列のレポーターに行ってもらって映像と見つけてくれた70歳男性に詳しい状況を話してもらえばよっぽどわかりやすいだろ。
わたしが小児科医だからと言って30kmも離れた山の中を知ってるわけがなかろう(ちと怒りました笑)
なんで君等の系列だけで済む仕事に私が現場へ行ってわざわざコメントせにゃならんの?
だいたい君等のテレビ局にいつも出演する医者が居るんだろ?
医者という者は国家試験で全科目合格しなければ免許を貰えないから、医師免許を持ってれば小児科から内科から外科から眼科耳鼻科皮膚科もろもろとにかく医師免許だけで全科の診療が出来るんだぜ。
君等の系列局の現場リポートを君等の専属の医者と一緒に見て医者の目で番組にコメントして貰って放送せいよ。
もし小児科じゃないから分からないって専属医者が云うならば、そんなやつは医者じゃないからな」
って言うとぷんすかして「わかりました」つって切ろうとしたから、
「ちょっと待て。この子は元気に見つかったから良かったけど、フランス女性がまだ行方不明だろ。
こどもは迷子というものがあるから行方不明でも無事なことが殆どだけど、大人の女性が行方不明の場合は十中八九犯罪に巻き込まれているから、
フランスからご家族が来日して必死に探しておられるからそっちをもっと放送しなさい」というと、
「分かりました!」と捨て台詞(笑)してガチャ切りされました(笑)
とにかく女は気が短い(笑)ので、「熱中症の予防はかき氷」だと教える暇がなかったけど、ちょっと面白い出来事だったので書いてみました(笑)終わり

https://community.m3.com/v2/app/messages/2986407?pageNo=-1
「豊岳正彦」さんの「周防岩国で父母に生んでもらい育ててもらい安芸広島で元服した私」に対する返信
_________________

熱中症については次のブログへ投稿しています。 書きかけだけど。

http://burogu321.cocolog-nifty.com/blog/2015/07/post-ae75.html#comment-117200780

コメントを投稿

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.