ブログ報知

 スポーツ報知 |  ブログ一覧

« 余力残しケアきっちり | メイン| 宗谷岬―襟裳岬546キロ終了 »

2018年8月10日 (金)

必要な荷物を持ち運ぶ

20180809_sbsh01381

 「TRANS・YEZO」(トランス・エゾ)は9日、第5ステージ(栗山ー富川、72.1キロ)を終えました。前日の第4ステージ(北竜ー栗山)は宗谷岬から襟裳岬までの「toえりも」(約546.0キロ)の中で最長区間の87.7キロ。この間、29.2キロも続く日本一の直線道路があり、皆さん、苦戦していたそうです。
 北海道を縦断する「走り旅」は、行程中に必要な荷物を持っていくのがルール。少しでも軽くなるように、各自で工夫して本番を迎えます。
 最低限の荷物は①キャップ②Tシャツ2~3枚③短パン2枚、下着類④ソックス2枚⑤タオル、ティッシュ⑥ライト⑦携帯電話&充電器⑧薬(痛み止め、胃薬、抗生剤など)⑨テーピング用品⑩カード類(コンビニや郵便局で必要な金額をおろす)、現金など
 これらをリュックなどに入れ、道中で購入するペットボトル数本を含めて重さは3キロ前後とか。その日に着たものは宿舎で洗い、翌日用の衣類を着用して布団に入るそうです。
 
 写真=日高本線(鵡川ー様似間は廃線に)の枕木で一休み

コメント

コメントを投稿

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.