ブログ報知

 スポーツ報知 |  ブログ一覧

« 残り3日 最長98.3キロ | メイン| 仲間と一路、宗谷岬へ  »

2018年8月17日 (金)

待望の青空 明日フィナーレ

20180817_sbsh04121

 北海道を縦断する「TRANS・YEZO」(トランス・エゾ)は17日、第13ステージ(美深ー浜頓別 80.8キロ)を終えました。
 この日、美深をスタートした午前4時30分の気温は12度。大雪山系黒岳では15年ぶりに8月の初雪を記録するなど、北海道は肌寒い1日でした。それでも天塩川沿いの道、音威子府(おといねっぷ)、天北峠、中頓別と北上を続けるうちに4日ぶりの青空が見え、参加者たちもうれしそうです。
 5日に宗谷岬を出発し、襟裳岬まで南下して再び宗谷岬を目指す約1101.9キロの「走り旅」は明日18日の第14ステージ(浜頓別ー宗谷岬 60.7キロ)がフィナーレ。稚内市の天気予報は早朝から晴れ。一行はオホーツク海を望みながら、気持ちよくラストランを迎えます。
 
 写真=久々に晴れ間がのぞき足取りも軽い

コメント

コメントを投稿

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.