ブログ報知

 スポーツ報知 |  ブログ一覧

« 船橋競馬場を激走 | メイン

2018年10月14日 (日)

ダートV4 自衛隊の底力

Img_3118

 本日も13日に開催された第7回船橋競馬場ダートランニングフェスタ(千葉・船橋市)をリポートします。
 リレー形式で1周1250メートルのダートコースを15周回(第1走者のみ1400メートル)するタイムが競われ、男子の部を1時間22分25秒で制したのはタケヤマテイオウ。2位に8分近い大差をつけ、大会4連覇を達成しました。
 タケヤマテイオウは陸上自衛隊武山駐屯地(神奈川・横須賀市)のランニングクラブ所属の5人で結成。この日は2人が仕事のため欠場し、3人が1人5周をノルマにタスキをつなぎました。3人とも同駐屯地内の高等工科学校の教官で、ふだんは個人で走り込み、合同練習は週1回だけだそうです。
 「私たちは仕事優先で、大会当日にメンバーが参加できないこともよくあります。今日のレースは相手が読めず、みんな、自分の力を信じて走ってましたね」と熊谷章監督。万全の状態ではなかったものの結果を残せ、誇らしげでうれしそうでした。

 写真=重いダートに苦戦するランナーたち

コメント

コメントを投稿

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.