ブログ報知

 スポーツ報知 |  ブログ一覧

« 2018年10月 | メイン

2018年11月

2018年11月15日 (木)

銭湯の魅力

Img_3649

 明日16日のスポーツ報知「ランナーズ報知」(東京本社版)は、ランナーに好評な東京都内の銭湯を紹介します。
 湯船にゆっくりつかることで疲労が回復し、都内の銭湯なら入浴料460円でランニングステーションと同じ荷物預かりサービなどが受けられます。ランステの使用料は1000円前後ですから、銭湯はけっこうお得なんです。
 現在、都内の銭湯数は540。最盛期の1800(昭和43年)から大幅に減り、家庭の98%にお風呂がある状況ですが、近藤和幸・全国公衆浴場業生活衛生同業組合連合会理事長(東京・大田区で『はすぬま温泉』経営)によると「各店とも経営は成り立ってます。家にお風呂のある1人暮らしのお年寄りがおしゃべり目的で来店したり、親と一緒に来た子どもたちは昔ながらの銭湯文化に触れられる。最近はランナーさんが増えており、銭湯のニーズが多様化してますよ」とか。
    
 写真=青い薬湯を入れ開店準備が進む薬師湯(墨田区)

2018年11月12日 (月)

国道246号がコース

Img_3848

 第13回世田谷246ハーフマラソンが11日に開催され、ハーフ、5キロ、2キロの部を合わせて約3500人が出場しました。
 メインのハーフは駒沢オリンピック公園陸上競技場発着で、国道246号から多摩川土手、目黒通りなどを巡ります。都心の幹線道路から緑豊かな多摩川沿いに至るコースは人気を呼び、ハーフでは珍しい抽選大会となってます。また、箱根駅伝常連校の青学や駒澤、東洋、明治など、多くの大学生が出場して大会を盛り上げてました。
、 
 写真=246号を通過するランナー

2018年11月 1日 (木)

幸せ横浜 ウェディングラン

Img_3410

 明日2日のスポーツ報知「ランナーズ報知」(東京本社版)は、先月28日に開催された横浜マラソン特集です。
 フルマラソンと7分の1フルマラソン(6.0278キロ)、車いすの7分の1フルマラソンと2キロの部を合わせて過去最多の2万7824人が出場。昨年は台風の影響で開催中止となり、多くのランナーが「2年分」の思いをもって走ったようです。
 大会1週間前に結婚式を挙げたS夫妻は、タキシードとウェディングドレスの仮装で完走。沿道で応援する人、周りのランナーから何度も「おめでとう」と祝福されたそうです。「一緒に走れてよかった」という新婚さんの写真が、明日の紙面を飾ってます。
 
 写真=ランナーで埋まった山下公園沿いの道路

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.