ブログ報知

 スポーツ報知 |  ブログ一覧

« 大田原の緊張感 | メイン| アフター楽しむ小江戸川越 »

2018年11月24日 (土)

稲田 屈辱バネに「パリ」へ

Img_4207

 本日も23日に開催された第31回大田原マラソン(栃木・大田原市)をリポートします。
 これまで当ページに何度か登場した大手ホビーメーカー・壽屋(コトブキヤ)の稲田翔威(24)は2時間28分40秒で男子の部2位に。2時間33分32秒で12位に終わった昨年の成績を上回りましたが、ゴール目前約150メートル地点で優勝した今井隆生(28、坂戸市陸協)に抜かされ悔しい結果に終わりました。
 この日の稲田は前半15キロまでトップ集団。1キロ3分10秒を切るペースとなり「これだと失速する。今は我慢しよう」と判断し、集団から遅れました。一時は30秒以上も離されたものの、33キロ地点で落ちてきた2人をかわしてトップを奪取。「一人旅」となってからは風速5.5メートルの強風に体力を奪われ、後続を気にする余裕はなくなってしまったようです。
 ゴールの美原公園陸上競技場に稲田が入った時、今井との差は約50メートル。第3コーナーを過ぎて今井に抜かれた稲田は「真後ろに誰かがいることは分かっていても、もう足に力が残ってなかった。足が前に出なかった」と振り返ってました。
 順大時代に箱根駅伝に3回出場し、2016年4月に壽屋に入社した稲田。「コーチのいない陸上部員」として皇居などで走り込む異色のトップランナーです。今回は念願の2時間20分切りは果たせなかったものの、「ごほうび」はゲットしました。
 大田原マラソンを代表し、今井と稲田が来年4月のパリマラソンへの派遣が決定。稲田は「かなり悔しいことを経験したので、これをバネにしてパリで頑張りたい。次の目標ができたことを感謝しています」と前を向いてました。

 写真=表彰台に上った(左から)今井、稲田、3位の松本伸之

コメント

コメントを投稿

おすすめグッズ

 

グッズ紹介

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.