ブログ報知

 スポーツ報知 |  ブログ一覧

« 本気で仮装エンジョイ | メイン| 84歳 名古屋に挑む »

2018年12月24日 (月)

ドラえもん 仮装大賞GET

Img_6303

 本日も23日に開催された「第11回年の瀬マラソンin所沢」をリポートします。
 全国から仮装ランナーが集う大会とあって、ハイレベルの仮装を鑑賞できます。今回は大坂なおみやチコちゃんなどの「時の人」、キキやミニオンといった「アニメ・漫画系キャラクター」たちが、1周3.246キロの周回コースを「巡業」しました。
 その中から「仮装大賞」をゲットしたのは「レゴブロックのドラえもん」=写真=。市販のかぶり物ではなく、厚紙を使っておもちゃのレゴのような作品にした手作り感が評価されたようです。
 「ドラえもん」を演じたのは寺嶋由香里さん(50代)=東京都=。方眼紙で作った直方体を積み上げて「レゴのような」形に仕上げました。製作期間は約1年で、紙や塗料などにかかった費用は約8000円だったそうです。
 「ナノブロックのドラえもんを参考にしましたが、直方体の積み上げが難しくて何度もやり直し。肩パット部分が痛くて昨日まで微調整してました」と寺嶋さん。2年前の大会でも「なめ猫」で大賞に輝いたベテランは「6~7年前に仮装を始めたら周りの人たちが喜んでくれた。回数を重ねてクオリティーが上がってきましたが、皆さんが喜んでくれるのが何よりです」とうれしそうでした。
  
  

コメント

コメントを投稿

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.