ブログ報知

 スポーツ報知 |  ブログ一覧

« 視覚・知的障がい者が力走 | メイン| ハンデに負けない物語 »

2018年12月18日 (火)

増田&中山 間近で並走

Img_5984

 本日も16日に開催された「神宮外苑チャレンジフェスティバル 第36回JBMAユニファイドラン」(報知新聞社など共催)をリポートします。
 今回のゲストは、ロサンゼルス五輪・女子マラソン日本代表の増田明美さん(54)、ソウルとバルセロナ五輪マラソンでともに4位入賞の中山竹通さん(58)、アトランタパラリンピックの金メダリスト栁川春己(61)さん、ロンドン五輪・競歩代表の鈴木雄介さん(30)の4人。全員、10キロの部に出場し、増田さんは笑顔のハイタッチでランナーを激励し、中山さんは栁川さんを伴走。鈴木さんは1キロ5分前後の超速ウォークを披露しました。
 コースは神宮球場発着で1周約2.5キロの神宮外苑周回道路。1周内に折り返しが3か所あって、メインの10キロなら4周回しますから、ゲストたちの走りをたっぷり観察できます。年配の方なら増田さん、中山さんは往年のスター選手。コースに混雑する部分はあっても、ちょっとお得感のある大会なのです。

 写真=ゴール後、ポーズを取るゲストの皆さん

コメント

コメントを投稿

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.