ブログ報知

 スポーツ報知 |  ブログ一覧

« さいたま国際 ベスト続出 | メイン| さいたま&湘南 同時掲載 »

2018年12月11日 (火)

さいたま国際 コース改善

Img_5729

 本日も第4回さいたま国際マラソン(9日)からのリポートです。
 大会メイン会場のさいたまスーパーアリーナは最寄りのさいたま新都心駅、北与野駅から徒歩で数分とアクセス満点。徒歩で20分以上かかったり、シャトルバスを利用する大会に比べれば、ストレスはほとんど感じません。
 細かなアップダウンが多くランナー泣かせだったコースも、今回からリニューアル。後半が上りから下り基調に変わり、ランナーにやさしい運営に進化しました。頑張った方のコメントを紹介します。

 根岸辰弥(54=3時間53分57秒、広島の丸ユニを着用)「沿道の人から『お前は巨人だぞ』と怒られた。この格好も年内で終わりにします」
 松尾芳樹(52=3時間58分9秒)「起伏が激しく前半は調子が出ず、後半はきつかった。沿道の応援が最高。グロスでも4時間を切りたい」
 菅原宏智(50=4時間26分55秒)「初参加。5キロ過ぎから右ふくらはぎが痛み始め、どんなフォームなら痛くならないか模索して走った」
 小野寺亜美(39=4時間27分10秒)「2か月、練習しての初フル。目標の4時間45分を切れた。でも、最後の1キロが長くてつらかった」
 関英子(66=5時間2分14秒)「初参加。運営が分かりやすく給水所もたくさんあって、サポートの良さを感じた。いつか5時間を切りたい」
 (敬称略、記録はネットタイム)

 写真=喜びがはじけるゴール地点

コメント

コメントを投稿

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.