ブログ報知

 スポーツ報知 |  ブログ一覧

« 増田&中山 間近で並走 | メイン| 本気で仮装エンジョイ »

2018年12月19日 (水)

ハンデに負けない物語

Img_5920

 明日20日のスポーツ報知「ランナーズ報知」(東京本社版)は、16日に開催された「神宮外苑チャレンジフェスティバル 第36回JBMAユニファイドラン」をドーンと掲載します。
 メイン企画では10キロ視覚障がいの部に出場した2人をクローズアップ。林かよみさん(61)=大阪府=は女子視覚障がい者で最速の51分1秒で、岩井正孝さん(60代)=東京都=はゆっくり1時間22分43秒で完走しました。
 林さんは23日の加古川マラソンが勝負レース。昨年、同大会でマークした3時間41分41秒を更新しての自己ベスト達成が目標です。岩井さんは体調がすぐれない中、月4~5回は伴走者と走り、週1回はスポーツジムのランニングマシンを使っての早歩きなどで体力をキープしてきました。
 生まれつき全盲の林さん、途中失明の岩井さんの「ドラマ」にご期待下さい。

 写真=伴走者と息の合った走りを見せた林さん(中央、ゼッケン907)

コメント

コメントを投稿

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.