ブログ報知

 スポーツ報知 |  ブログ一覧

« 人生変えた「60キロ減量」 | メイン| 81歳 ゴールはおまけ »

2019年1月21日 (月)

82歳 仲間と過ごす幸せ

Img_6602

 今月7日にアップした猪又佐枝子さん(84)=北海道札幌市=に続く「元気な80代」第2弾です。今回は73歳で初フルを迎え、「走ることが楽しくてしょうがない」という中村克郎さん(82)=千葉・浦安市=を紹介します。

 65歳で退職後、健康のため近所のスポーツジム通いを始めた中村さん。トレッドミル上でのウォーキングにあき、屋外でのジョギングを取り入れたことが転機となりました。東京ディズニーランド周辺を走っていた時、地元の浦安ランナーズクラブ(RC)の会員と知り合い、72歳で同クラブに入会。そこから「人生が変わった」そうです。
 年齢や性別、職業などは関係なし。楽しく走って親睦を深めることが目的のクラブ活動が新鮮で、「毎日、がむしゃらに走るようになった」。73歳の時、つくばマラソンで初フルを迎え、4時間21分16秒で完走。その後、北は別海町パイロットから南は青島太平洋まで全国の大会へ。76歳で出場した、しまだ大井川マラソンinリバティでは4時間18分4秒のベストタイムを記録するなど、年を重ねての「青春」をエンジョイしてきました。
 浦安RCに入会して間もなく10年。多くの仲間ができ、「若い人に教えてもらった」というスマートフォンを自在に操り、FBの「お友だち」は150人を突破。「中村さんはFBへの書き込み、いいね!を押す回数が多い」(浦安RC関係者)と、そのマメさと気配りが人気とか。
 3年前、80歳の誕生日記念に出場した小布施見にマラソンでは、思わぬサプライズも。遠い長野県、早朝6時スタートだったものの、沿道には浦安RCのメンバー8人がスタンバイ。応援団の声援に背中を押されてハーフを2時間11分49秒で駆け抜け、80歳以上の部で1位に輝きました。「これが一番うれしかった。仲間に囲まれ、モチベーションを維持できる環境にいられる幸せを感じてます」。しみじみと話す口調に実感が込もってました。
 一方、昨年11月の大阪マラソンは33キロ過ぎに左足首を痛め、不本意な5時間20分42秒でゴール。その故障が長引き、今は走ることはセーブし、左右合わせて4キロのダンベルを使ったスクワットなど、筋トレ中心の毎日です。
 日本酒1合半の晩酌、週1回のステーキ、囲碁のインターネット対局を楽しむ中村さん。「囲碁は米国や中国、ドイツなどに対戦相手がいて、7~8時間、パソコンに向かっていることもあります。足は秋の大会までにきっちり治したい」。焦らず自然体で「復活」に備えています。

 写真=東京湾の堤防沿いを走る中村さん

コメント

コメントを投稿

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.