ブログ報知

 スポーツ報知 |  ブログ一覧

« 7・7函館 イカとビールで乾杯 | メイン| 平成最後の東京マラソン »

2019年2月27日 (水)

80歳 気力のサブフォー

20191

 「元気な80代」第7弾は、24日の世界遺産姫路城マラソンを3時間58分49秒で完走した中橋富雄さん(80)=奈良市=。今季3本目のフルでシーズンベストのサブフォーを達成しました。

 昨年2月の愛媛マラソンを3時間49分14秒で完走後、11月の大阪は4時間3分54秒で「初めて4時間を切れなかった」とショックを受けた中橋さん。12月の奈良も4時間33分16秒と低迷し、その突破口として昨年末からハーフの大会に3回出場。11月のあいの土山を1時間52分50秒、今年1月の十津川温泉郷を1時間52分34秒、2月のいかるがの里・法隆寺を1時間45分44秒と次第に調子を上げ、24日の姫路城マラソンに臨みました。
 姫路城の目的は「サブフォー」。さらに、全日本マラソンランキング1位(17年度79歳=3時間47分4秒、大阪)を死守するため、「3時間45分」がターゲットに。そんな熱い「おじいちゃん」の背中を、ずっと追ってきたのが同じ奈良市民走ろう会の吉川泰子さん(60)。彼女も今季、故障が長引き姫路城が4時間切りのラストチャンスとなり、「おじいちゃんにも勝ちたい」と闘志を燃やしてました。
 姫路城での師弟対決は、中盤まで中橋さんが先行。29キロ過ぎで吉川さんが追いつき「じいちゃん来たよ。行くよ」と声をかけると中橋さんが再びリード。34キロ付近で歩き出した師をとらえた弟子は「これ飲んで追いかけてきて」とジェルを手渡し。「敵に塩を送って先に行きよった」と嘆く師を一気に引き離し、弟子は3時間54分20秒でゴールしました。
 右アキレス腱、ふくらはぎを痛めていた中橋さんは、40キロ地点でペーサーが引っ張るサブフォー集団に抜かれて「これはいかん」。残り2.195キロを12分18秒で盛り返し、3時間58分49秒でフィニッシュできました。
 54歳の時、単身赴任先の愛媛・松山市でダイエット目的でランニング開始。57歳でトライアスロンも始めて心肺機能を高め、64歳でマークした3時間4秒がベスト記録に。73歳で腎臓がんが見つかり腎臓一つを、75歳で胃がんを発症して胃の3分の2を摘出。それでも「腎臓は二つ、胃は3分の1が残ってる。体重が減ってよかった」と前向きにとらえ、いつでも最善を尽くすのが中橋流です。
 毎朝、6時からの7~8キロのジョギングが日課。春からは夕方も走り込んでマスターズ陸上に挑み、秋以降のフルマラソンに備えます。「今回は吉川に抜かれたけど、また背中を見せたる。今年以上の成績が来季の目標ですわ」。奈良のおじいちゃんはバリバリの現役です。

 写真=姫路城マラソンに出場した中橋さん(右から2人目。左端が吉川さん)

コメント

すごい方が居られるのですね。このような方を目標に頑張りたいです。

コメントを投稿

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.