ブログ報知

 スポーツ報知 |  ブログ一覧

« 雨の東京 それぞれの物語 | メイン| 姉妹そろってサブスリー »

2019年3月 5日 (火)

仲間とバンザイ 感動ゴール

20192

 本日も東京マラソン(3日)からのリポートです。知的障がい者の奥泉健太郎さん(39)は伴走の舟橋潤さん(54)と4時間24分40秒でゴール。2人でしっかり準備し、当日は家族やラン仲間の声援に後押しされ、夢のフィニッシャーになりました。

 9回目の応募で、やっと出場権を得た奥泉さん。当初は父親の久雄さん(71)が伴走する予定でしたが、同じ横浜緑走友会のサブスリーランナー・舟橋さんが「大役」を引き受けました。舟橋さんも伴走は初めてだったため、1月から2人で走り込み。毎週、鶴見川のサイクリングロードで20~25走を繰り返し、本番での「共同作業」を確認してきたそうです。
 大会当日は舟橋さんが奥泉さんの斜め後方に待機。「健ちゃんがいつも視界に入るような所をキープし、臨機応変に動くつもりだった」と舟橋さん。ペースの上げ下げを指示し、給水や給食ポイントでは先回りして相棒に紙コップやバナナなどを手渡し。25キロ過ぎまで設定した1キロ5分30秒ペースで走り通しました。
 しかし、この日は氷雨で最高気温は6度台。奥泉さんも体力を消耗したようで、30キロ付近で左太もも裏側がけいれん。立ち止まってストレッチをする回数が増える中、34キロのJR田町駅前にいた横浜緑走友会のメンバーたちが「健ちゃん頑張れ~」と大声援。舟橋さんも前方に出て「みんなが応援してるよ。さあ、行こう」と励まし続けました=写真(舟橋さんは伴走者のビブス着用、奥泉さんは右側の緑のTシャツ姿)=。
 後半は1キロ7~8分台まで失速しましたが、奥泉さんは東京駅前の残り200メートルは足を引きずってラストスパート。舟橋さんとバンザイしてゴールゲートをくぐり抜けました。
 舟橋さんは「足が何度もつったのに、健ちゃん頑張った。僕も緊張したレースだった」。コースで見守った久雄さんは「健太郎は(15キロ地点の)浅草では楽しそうだった。田町ではもう、いっぱいいっぱい。よくやったよ」とホッとした表情でした。
 帰宅した健ちゃんは「疲れたけど楽しかった。舟橋さんに感謝したい」。目標タイムの3時間50分は遠かったものの、幸せな1日になったようです。

コメント

健ちゃん本当によく頑張りましたね☺

しかも最高温度が6度の中走るなんて‼

僕も、健ちゃんみたいにフルマラソンを走ってみたいです❗
また、高知にきてね
いとこのこどもの勇気より

健太郎さん、初の東京マラソンお疲れ様でした☺
沿道からの応援を受けながら走る気分は、どんなものだったのでしょうか。 
小さいですが、いいお写真ですね。
臨場感が伝わってきます。
よく疲れをとって体をケアしてくださいね。

健太郎君 完走おめでとうございます!

足が痛いのに 最後まで頑張って本当に偉いね

また一緒に走りましょう

舟橋さん、本当に有難うございました。足がつるなんて健太郎にはきっと初めての事です。励まし、なだめながらの後半10キロ、お陰様で完走出来ました。更衣室前で脚を引きずっての健太郎と二人分の荷物を持っての舟橋さんを見て本当に感謝で胸がいっぱいでした。翌日には、「又走りたいな、伴走してくれるなら」と言ってましたよ。

健ちゃん、完走おめでとうございます。
舟橋さん、伴走お疲れ様でした。
寒さと雨、お二人ともにとても厳しかったでしょうね。
健ちゃん、すごかったね。故障もなく終わって健ちゃんのたくましさが再認識されました。

奥泉さん、完走おめでとうございます‼︎
とても冷たい雨が降る日でした。
面白い仮装をしたランナーの方もいましたが、
走者も応援してる方の表情にも
笑顔はあまり見られない厳しい天候でした。

無事完走とのこと、本当に素晴らしいと思います!
これからも応援して参ります(^-^)v
頑張ってください☆

 健太郎君完走おめでとうございます。
久雄さんから何回も申し込みいる話は伺っていました。やっと走れしかも完走!凄いです。緑走友会の人もさぞかし喜んでくれたでしょう。
私もお父さんの伴奏練習を湘南地区で担当してます。71歳としては凄い股の筋肉で不死身の身体です。私も陰ながら応援している一人として
喜んでます。今後も身体の健康を気を付け、末永く走って下さい。
きっと良い人生になります。

影の応援者より~

健ちゃん完走おめでとう㊗️

写真と記事を見て、泣き虫のヤーさんはウルウルでした。

伴走して下さった、舟橋さんに改めて、感謝致します。

これからも、健ちゃん色々な事にチャレンジして下さいね。

応援しています📣

健太郎君 完走おめでとう㊗️
2月28日にラポールのプールでお父さんに会い、東京マラソンに挑戦することを知り、結果を気にしていましたが、詳細を知ることが出来、感動しています。これからも頑張ってください。

コメントを投稿

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.