ブログ報知

 スポーツ報知 |  ブログ一覧

« 姉妹そろってサブスリー | メイン| 「箱根軍団」のオーラ »

2019年3月 8日 (金)

80歳 連日20キロ走

Img_7930

 「元気な80代」最終回は17日の板橋Cityマラソンで今季ベストを狙う市田進さん(80)=東京都=。「もういいやと思ったらおしまい」と戒め、連日、20キロのジョギングを行っています。

 市田さんの1日は午前中が仕事で午後はランニングが中心。仕事は月に20日ほど近所の駐輪場で働き、レースの遠征費などを稼ぎます。その後、日没前に1キロ6分30秒前後のペースで20キロの走り込み。「瞬発力が落ちてきたから、ゆっくりジョギングを休まず継続する」ことを心がけ、月間走行距離は600キロ前後になるそうです。
 今季のフルマラソンの成績は11月の神戸が3時間58分59秒、12月の青島太平洋が同58分2秒、1月の勝田全国が同55分30秒。最終戦が今月17日の板橋Cityで、「少しずつタイムを上げてきたので板橋は52分台が目標。1キロ5分30秒ペースでどこまでいけるか。風がないとうれしいね」と、さらなる記録向上を狙ってます。
 還暦記念で初フルを経験。予想外に走れたことで練習を続け、64歳でベスト記録の3時間1分44秒(荒川、現板橋City)をマークした市田さん。日々のジョギングに加え、週1回の30~40キロ走とレースより速いペース走を課し、全日本マラソンランキングの上位が「定位置」に。しかし、加齢とともに練習メニューは変化。76歳の時、練習時に転倒して右肩を強打したことで体調不良となり、負荷の高いポイント練習はやめ、ゆっくりジョグ中心の内容に変えました。
 「年をとったという事実は受け入れるしかない。ただ『80歳になったからもういいやと』と思ったらおしまいだから、毎日の20キロ走に挑戦しています。レースではスピードがない分、突っ込めなくなったけど、20キロ走のおかげで前半と後半のタイムがほぼ同じになった。最近は整理運動もするようになって、次の日にダメージや疲れが残らないようにしています」
 156センチ、50キロの小柄な大ベテランの楽しみはビールと焼酎水割りの晩酌。今月末に81歳を迎え、来月は大好きなボストンマラソンに11回目の出場となります。昨年は大雨で強風という悪条件の中、4時間22分10秒で80歳以上の部で1位となり、今年のエントリー費が無料になりました。
 「ボストンはラン仲間3人と一緒に頑張ってきます。タイムの落ち込み幅を抑え、あと2年はサブフォーをキープすることが今後の目標。欲を言えば85歳まで4時間を切りたいなあ。ほかにやることもないから走り続けますよ」 =おわり=

 写真=近所の公園内を走る市田さん

コメント

コメントを投稿

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.