ブログ報知

 スポーツ報知 |  ブログ一覧

« 2019年3月 | メイン

2019年4月

2019年4月18日 (木)

七夕「7」並びの大会

Photo_2

 ラッキーナンバーとしておなじみの「7」並びの大会が7月7日、千葉・印西市で誕生します。種目は短距離77.7m、中距離777m、長距離7770mの3つで記録と順位を競います。
 3種目とも日本陸連の公認種目でないため、公認記録とはなりません。ただ、大会事務局によると同種目での開催例は確認できず、今大会の最高記録を「世界記録」「日本記録」として、大会実行委員会が公認記録として認定するそうです。
 また、「県記録」や「大学記録」「高校記録」「中学校記録」「小学校記録」なども公認記録として認定発表。七夕の日、遊び心満載の大会で楽しく真剣に走ってみませんか。
 詳細は下記の通り。

 ★大会名 ラッキーセブンディスタンス陸上競技大会
 ★開催日 7月7日(日)
 ★会場  千葉・印西市松山下公園陸上競技場  
 ★アクセス JR成田線木下駅よりバス9分、 北総線千葉NT中央駅北口よりバス12分
 ★種目・開始時間・参加費
  ①男子・女子77.7m=予選、決勝(11時~ 1.500円)  
  ②男子・女子777m= 予選、決勝 (9時45分~ 2.500円)  
  ③男子・女子7770m=決勝(15時20分、男女同時スタート 3.500円) 
  ④点数対抗ラッキーディタンス総合トライアル(3種目の記録に点数を設定して合計点数を競う)
  ※ラッキーディタンス総合トライアルの参加費はなし。3種目すべてに申し込むと自動的に登録
 ★参加資格 小学生以上の男女(小学生は父母の付き添い必要)
 ★直接表彰 4種目男女各3位までメダルと表彰状。77.7mで7秒77を出した方に賞品。77歳参加者全員に記念品
 ★申し込み ランネットから(締め切り 6月7日) 
 
 大会を企画・運営するのは神奈川県を拠点に活動する多摩川クラブの皆さん。大会プロデューサーを務める芳川博行さん(59) は、2008年の東京マラソンから今年3月の古河はなももマラソンまで40レース連続サブスリーを達成しました。大会ホームページに、彼の興味深い経歴が掲載されています。
 
 写真=第1回大会のチラシ

2019年4月 8日 (月)

「令和」ゆかりの地の清掃活動

201947

 5月1日から施行される新元号「令和」は万葉集第5巻の中で使用されていることで、日本最古の歌集が注目を集めています。
 ランニングクラブ名に、その歌集名があるのは富山・高岡市の「万葉健友会」。1975年、同市伏木矢田の町内会有志数名が集まってクラブを発足させましたが、伏木は奈良時代に万葉集の代表的歌人・大伴家持が越中国(現在の富山県)国守として赴任していました。「伏木は万葉のふるさと」ということで、クラブ名に「万葉」を取り入れたそうです。
 「高岡イコール『万葉』は、ここに住んでいる者にとっては当たり前のことですが、新しい元号がそこへリンクするとは意外でした。『令和』と命名したとされる中西進先生は富山県ではお馴染みの方ですよ」と事務局の江嵜末廣(えざき・すえひろ)さん。現在の会員は70人(男性50人、女性20人)。毎週日曜日の朝6時、高岡古城公園市民会館前に集合して定例会を行ってます。
 上の写真は7日に万葉健友会が開催した「二上山クリーン作戦」に集まった人たち。高岡市と氷見市にまたがる二上山万葉ライン(往復約15キロ)は車の往来が少なく、ハイカーが散策し、ランナーやサイクリストにとっては格好の鍛練の場。その一方、道端などに空き缶やペットボトル、タイヤ、大型家電などの不法投棄が後を絶たず、同会は清掃活動を毎年この時期に催して今回が29回目。当初は10人ほどで始まった活動ですが、ここ数年は他の走るグループも加わり、今年は50人以上が集まりました。
 新元号とゆかりのある土地の地道なイベントが脚光を浴び、効果の出ることを期待します。

2019年4月 3日 (水)

みろく庵 惜別の夜

20193

 将棋の藤井聡太七段(16)に「勝負めし」を出前したことで有名になった東京・渋谷区のそば店「みろく庵」が閉店日を迎えた先月31日、ランナー55人が駆けつけ別れを惜しみました=写真=。
 この日、午後5時半から集まったのは、2015年秋からホノルルマラソンに向けた練習会を毎週水曜日夜に明治神宮周辺で行い、同店での打ち上げを楽しんできたラン仲間たち。ホノルルに行く際はお店から餞別(せんべつ)を頂き、ランナーたちもハワイのお土産を贈る交流を続けてきました。31日の宴会も、おかみの檜垣ゑり子さん(68)から「最後は元気な皆さんと迎えたい」という申し出があったそうです。
 お店は45人で満席なので急きょ、ビール箱や木箱を出して対応。「残った食材を食べ切る」ことを目標にしたものの、うどんが余ってしまい参加者に一玉ずつ配られたとか。「練習よりも店での打ち上げが楽しみになって、飲むだけ食べるだけというメンバーが多かった。大将(善啓=よしひろ=さん、74)とおかみさんの人柄にひかれて通ってましたね」と幹事を務めた安岡昌彦さん(59)は振り返ってました。
 藤井七段が四段当時の17年6月、将棋界初のデビューから29連勝に王手をかけた時、みろく庵の「豚キムチうどん」(950円)を頼んだことで店名は全国区に。その一方、入居するビルの建て替え、善啓さんの体調問題などもあって3月末で営業終了。閉店は残念ですが、おもてなしと心意気はランナーの胸にしっかりと刻まれたようです。

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.