ブログ報知

 スポーツ報知 |  ブログ一覧

« みろく庵 惜別の夜 | メイン| 七夕「7」並びの大会 »

2019年4月 8日 (月)

「令和」ゆかりの地の清掃活動

201947

 5月1日から施行される新元号「令和」は万葉集第5巻の中で使用されていることで、日本最古の歌集が注目を集めています。
 ランニングクラブ名に、その歌集名があるのは富山・高岡市の「万葉健友会」。1975年、同市伏木矢田の町内会有志数名が集まってクラブを発足させましたが、伏木は奈良時代に万葉集の代表的歌人・大伴家持が越中国(現在の富山県)国守として赴任していました。「伏木は万葉のふるさと」ということで、クラブ名に「万葉」を取り入れたそうです。
 「高岡イコール『万葉』は、ここに住んでいる者にとっては当たり前のことですが、新しい元号がそこへリンクするとは意外でした。『令和』と命名したとされる中西進先生は富山県ではお馴染みの方ですよ」と事務局の江嵜末廣(えざき・すえひろ)さん。現在の会員は70人(男性50人、女性20人)。毎週日曜日の朝6時、高岡古城公園市民会館前に集合して定例会を行ってます。
 上の写真は7日に万葉健友会が開催した「二上山クリーン作戦」に集まった人たち。高岡市と氷見市にまたがる二上山万葉ライン(往復約15キロ)は車の往来が少なく、ハイカーが散策し、ランナーやサイクリストにとっては格好の鍛練の場。その一方、道端などに空き缶やペットボトル、タイヤ、大型家電などの不法投棄が後を絶たず、同会は清掃活動を毎年この時期に催して今回が29回目。当初は10人ほどで始まった活動ですが、ここ数年は他の走るグループも加わり、今年は50人以上が集まりました。
 新元号とゆかりのある土地の地道なイベントが脚光を浴び、効果の出ることを期待します。

コメント

コメントを投稿

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.